ブライダルネットであいさつを無視されず成立させる秘訣4つ

ブライダルネットで婚活を始めて、色々な人にあいさつ(アプローチ)したとしても、さっぱり返信がない、出会いがないという人は多いです。正しい努力をして出会えないのであれば、それは婚活サイトの問題です。

 

ただ、ブライダルネットは非常に出会える婚活サイトであるため、サイトを疑う前・退会する前に自分の行動を見直しましょう。退会するのは、自分の行動を変えてみてからでも良いはずです。ここでは、あいさつを無視されず、成立させるための4つの方法を説明します。

 

あいさつを無視されず、成立させる4つの秘訣

 

あいさつを無視されて嘆く人は多いです。そのような方はまず、マッチングの成功率を知る必要があります。あいさつが返ってきて、メール交換が可能になることをマッチングと言いますが、マッチングの成功率は一般的な婚活サイトで5〜20%程度です。

 

つまり、数人の人に話しかけてダメだというのは、圧倒的に行動が足りないのです。ブライダルネットでモテる男性であっても、20人程度にあいさつして、1人から5人程度あいさつが返ってくれば良いということをまずは知りましょう。

 

しかし、アプローチをそれ以上行い、頑張っているのに結果がでなくて悩んでいる人も多いです。そのような方は、あいさつする際に、以下の4つのことを意識してあいさつしてみてください。

 

@ あいさつする前に自分の顔写真・プロフィール・自己PR・日記を見直す

 

A あいさつするタイミングを考える

 

B 女性のプロフィールを見たらすぐにあいさつする

 

C あいさつ以外の手段を使っても、同時にあいさつもする

 

以下、詳細に説明します。

 

あいさつする前に自分の顔写真・プロフィール・自己PR・日記を見直す

 

あなたが女性にあいさつすると、女性のマイページに「●人があなたに「あいさつ」をしています」という表示がされます。女性はそこをクリックして、どのような人からあいさつが来ているのかを確認します。

 

 

「活動ノート あいさつ・メッセージ」のページに移動し、どんな人からあいさつが来たかを確認します。このとき、1番最初に目にするのが顔写真と名前・年齢・住まい・身長・年収・職業といったプロフィールです。

 

 

顔写真とプロフィールがきちんと入っていなければ、詳細プロフィールがクリックされることはないため、あいさつをした女性から足あとがつかずに無視されるのです。

 

顔写真は、笑顔となっているか、写りは良いかをチェックして撮り直しましょう。その上で、足りないプロフィールに関しては付け足しましょう。そうすることで、女性が詳細プロフィールをクリックして、以下のようにあなたのページに来てくれる可能性が高まります。

 

 

ここからがチェックされる本番です。プロフィールは、きちんと項目を埋めているか、項目がきちんと公開されているか、ポジティブな内容で書かれているか、ということをチェックされます。特に自己PRは、最も長い文章となり、最もアピールする点であるため、充実化させましょう。

 

 

自己PRでは、「日記も読んでください」と述べると良いです。女性は、あなたの中身をもっと知りたいと思っています。プロフィールを読んだだけでは「うーん、どうしよう」と思っても、日記を読むことで「いいかも!」と思ってくれることはあるのです。このように書くと、女性が日記をクリックします。

 

 

すると、以下のようにあなたの日記が表示されます。日記を定期的に書くことでやる気をアピールでき、そして内容が良ければさらにアピール力を強めることができるのです。

 

 

以上、女性の視点でお話をしてきました。顔写真・プロフィール・自己PR・日記を見直すことは、非常に重要であることを再認識し、内容を見直してみましょう。

 

あいさつするタイミングを考える

 

タイミングとして考えるべきは2つです。1つは、女性が前にログインした時間です。そしてもう1つは、あなたが女性にあいさつする時間帯です。

 

女性のプロフィールを見たら、あいさつする前に、女性が前にログインした時間をチェックしましょう。前回ログインしてからの時間が、1日以内・3日以内であれば、あいさつが返信される可能性が高いです。1週間以内でもOKですが、確率は減ります。

 

 

なぜならば、婚活に対してやる気があり、実際に行動に移している人は、こまめにログインするからです。特に1週間以上ログインしていない人にあいさつをしても、ほぼあいさつは返ってこないことを覚悟しましょう。

 

また、深夜などの遅い時間帯にあいさつするのも極力やめましょう。深夜の3時、4時に起きて活動していると、生活リズムを疑われます。事情があり、遅い時間帯しかログインできない人もいますが、相手からの印象を考えて、あいさつをする時間は12〜24時くらいが望ましいです。

 

女性のプロフィールを見たらすぐにあいさつする

 

女性のプロフィールを閲覧したら、できるだけすぐにあいさつすることを心がけましょう。一日熟慮するようなことは必要ありません。思い立った時に、直感であいさつをすることが大事です。

 

迷っても、相手への印象はほぼ変わることはありません。思い立ったときに行動しなくては、結局あいさつすることを忘れてしまい、出会いにつながらないことだってあるのです。

 

迷うと、何度も女性のプロフィールページを閲覧してしまいます。すると、何度も足あとをつけてしまいます。足あとを何度もつけるが、何もしてこない男性は、相手の女性からしたら怖いです。得体の知れない人に、無言でじろじろ見られるのは、男性でも恐怖です。

 

だからこそ、何度も足あとをつけないで、すぐにあいさつをすることが大事なのです。ただ、女性のプロフィールページを見たのが深夜であった場合には、次の日改めて訪問し、あいさつをした方が印象は良いです。

 

あいさつ以外の手段を使っても、同時にあいさつもする

 

ブライダルネットには、女性へのアプローチとして、あいさつ以外に「お気に入りに追加」「紹介を希望する」といったものがあります。ただし、この2つは基本的に単独では使用せずに、あいさつも合わせて使いましょう。

 

 

なぜならば、ストレートな感情表現があいさつだからです。「お気に入りに追加」は、遠まわしに相手に好意があることを伝えることです。また、「紹介を希望する」は、ブライダルネットの婚シェルを通じて女性に人柄を伝えることです。両方とも単独では弱い表現です。

 

例として、あなたが女性をお気に入りに追加すると、女性のマイページに以下のような表示がされます。女性は、そのメッセージをクリックします。

 

 

「あなたをお気に入り」というページに移動し、どのような男性が気に入ってくれているかわかります。ただ、女性からすると「お気に入りにするってどういう意味?私からあいさつしてってこと? と不思議に感じます。

 

そこで、あいさつも同時に行えば、「あいさつもしてくれて、お気に入りにも入れてくれているってことは、真剣な人だな」と思ってもらえる可能性があります。だからこそ、あいさつも同時にすべきなのです。

 

 

これは、紹介も同様です。婚シェルから人柄を伝えてもらうだけでなく、あなた自身もきちんとあいさつするのが望ましいです。このように、お気に入り・紹介を使用するのも良いですが、同時にきちんと「あいさつ」もするように心がけましょう。

 

以上をまとめると、あいさつを無視されず、成立させる秘訣は以下の4つです。

 

@ あいさつする前に自分の顔写真・プロフィール・自己PR・日記を見直す

 

A あいさつするタイミングを考える

 

B 女性のプロフィールを見たらすぐにあいさつする

 

C あいさつ以外の手段を使っても、同時にあいさつもする

 

女性からあいさつが返ってこないと嘆くのではなく、まずはこの4つの点に注意して行動するようにしましょう。きちんと行動すれば、確実に女性からの評価は高まります。

 

→ブライダルネット以外で素敵なお嫁さん候補が見つかるサイト

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ