ブライダルネットのあいさつ成立時に重要な最初のメッセージ

ブライダルネットで活動する際、自分が素敵だなと思っている人にあいさつをして、あいさつが返ってきたときはとても喜んでしまいます。同じく、あいさつをしてくれた女性がとても魅力的だったときも嬉しいことです。喜んであいさつを返して、メッセージのやり取りを始めます。

 

ただし、あいさつが成立したとしても、気を抜かないでください。なぜならば、あいさつが成立したところで、付き合えるわけではないからです。喜ぶのは構いませんが、気を引き締めて最初のメッセージを打ちましょう。

 

最初のメッセージで重要な6つのポイント

 

自分が素敵だなと思う女性と、あいさつが成立し、メッセージ交換できることは嬉しいことです。ただ、あくまでもスタートであるため、気を引き締めて最初のメッセージに集中することが大事です。

 

最初のメッセージの際に、注意すべきポイントは6つあります。

 

・ 自分からメッセージを打つ

 

・ 当日もしくは次の日にメッセージを打つ

 

・ 時間帯は深夜、早朝を外してメッセージを打つ

 

・ あいさつと自己紹介をする

 

・ 敬語を使う

 

・ 短文も長文も避ける

 

以下、詳細に説明します。

 

自分からメッセージを打つ

 

女性慣れしていない男性のなかには、あいさつが成立した後、女性の方からメッセージが来るのを待つ人もいます。「マッチングしたからには、相手にも自分とメッセージをする意思があるはず、だから待とう」といった具合にです。しかし、このようなことを考えてはいけません。

 

大事なことは、あなたが女性の行動をきちんとリードすることです。あなたから女性にあいさつをしたときにはもちろんのこと、女性からあいさつされた時にも、あなたの方からメッセージを送るとポイントが高いです。

 

当日もしくは次の日にメッセージを打つ

 

あいさつが成立したら、その日のうち、もしくは次の日くらいにはメッセージを打つようにしましょう。理由は、間を空けすぎると女性の気持ちが冷めることに加え、あなたが真剣に婚活している印象が薄れてしまうからです。

 

逆に、あまりに連絡を返すスピードが早い人は、女性の方が疲れてしまって、女性に好かれる可能性は下がります。ただし、度を越して間をあけすぎると、真面目に婚活する意思を疑われます。真面目に婚活していれば、高い頻度でログインするはずだからです。

 

そのため、最初のメッセージは早めに打ちましょう。遅くとも次の日までに返し、その後少しペースを落とすようにしましょう。あまりガツガツ返すのは印象が悪いですが、最初は早めに連絡をすることが大事です。

 

時間帯は深夜、早朝を外してメッセージを打つ

 

何とかあいさつが成立しても、あまり遅い時間帯に連絡することは避けましょう。生活リズムが不規則であると、女性に良い印象を与えないからです。

 

また、女性がブライダルネットに携帯のアドレスを登録していて、あなたが女性にメッセージを打つことで、ブライダルネットから女性に通知メールが届くこともあります。初回のメッセージから、女性の眠りを妨げてしまったら相当印象が悪いです。できるだけ12-24時くらいの時間帯に打ちましょう。

 

あいさつと自己紹介をする

 

ビジネスマナーとして名刺交換があるように、女性との会話が始まるときも、きちんとあいさつをすることは重要です。「はじめまして! ○○です。よろしくお願いします」というメッセージは良い社会人として当たり前の内容です。

 

仕事ではないから適当で良いだろう、などと思うと気が抜けて失敗します。婚活はマナーが大事であることを理解し、きちんと「あいさつ」と「自己紹介」をすることを強く意識しましょう。

 

敬語を使う

 

「敬語なんて堅苦しい」「タメ語の方が仲良くなれる」という男性もいます。確かにサイトによっては敬語よりも、タメ語の方が仲良くなりやすい可能性はあります。ただ、ブライダルネットは婚活サイトです。婚活ではマナーある行動が求められます。

 

そのため、最初からタメ語で話しかけるような軽い行動は、真面目に婚活していないと思われてしまいます。結果として嫌われます。敬語で話しても、きちんと女性と仲良くなることはできます。タメ語で慣れなれしく接するのは、嫌われる可能性が高くなることに注意しましょう。

 

短文も長文も避ける

 

メールが苦手だとしても、「あいさつを返してくれてありがとう! 」「よろしくお願いします!」といった短文で、女性とのやり取りを終わらせることは止めましょう。きちんと自己紹介がないと、女性としても短文で返すことしかできません。

 

また、最初から盛り込みすぎて長すぎる文章もやめましょう。同じく、返しにくいからです。女性と同じくらいの長さのメッセージが良いのですが、最初の段階ではわかりません。そのため、上記したあいさつと自己紹介に加え、相手のプロフィールに関して1つの質問に留めておくと、女性も返しやすいです。

 

→ブライダルネット以外で素敵なお嫁さん候補が見つかるサイト

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ