ブライダルネットでメッセージが続かない・返ってこない対策

ブライダルネットでは、女性にあいさつをし、女性からあいさつが返ってくると「あいさつが成立」した状態となり、メッセージ交換ができるようになります。あいさつが成立することはとても嬉しいことです。ただ、そこからメッセージ交換、連絡先交換とデートまでにやるべきことは多いです。

 

特に、あいさつ成立後のメッセージ交換は重要です。メッセージ交換をきちんとできれば、連絡先交換やデートにこぎつけるのはそれほど難しくないからです。ただ、女性とメッセージ交換が続かない、切れてしまうと嘆く人は多いです。

 

このページでは、ブライダルネットで女性とメッセージを続けるための対策として、「メッセージの構成」を説明します。

 

ブライダルネットで注意すべきメッセージの構成

 

女性に送るメッセージを作る際に気をつけて欲しいのは、メッセージのなかに以下のことが入っているかどうかです。

 

・ 女性の話を受け入れる

 

・ 自分の思い、考えを伝える

 

・ 話を展開する

 

この3点の順番は問いません。女性とメッセージが続かない人は、この3点が全てメッセージのなかに組み込まれているかどうかを確認しましょう。全てが必要な理由は、1つでも欠けてしまうと、女性が会話しにくくなり、メッセージが返って来ない可能性が高くなるからです。

 

女性の話を受け入れる

 

3つのうち、1番大きなウェートを占めるのが「女性の話を受け入れる」です。なぜかと言うと、女性は自分の話を聞いてくれる人が好きだからです。男性もお話好きの人はいますが、それ以上に女性はお話好きの人の割合が高いです。

 

メッセージ交換で特に気をつけなくてはいけないのが、相手の話をきちんと受け止めていることを、文章で記すことです。会っていれば、うなずきや、真剣なまなざしで、女性はきちんと話を聞いてくれていると感じることができます。ただ、ネット上の会話ではそれができません。

 

そのため、きちんと相手の話を聞いています、ということを文章で伝える必要があります。「面倒くさい」「省略したい」と思う男性は多いですが、ネット婚活で聞き上手と呼ばれる人は、皆やっていることです。大事なポイントなので重視しましょう。

 

例えば、以下の「恥ずかしい」という繰り返しは、相手が話を聞いていると感じやすい1つの手段です。1つのメッセージ内で、複数の話が同時並行で進むことも多く、そうだねという言葉よりも、直接同じ言葉を返した方が相手は聞いてくれていると感じやすくなります。

 

 

 

自分の思い、考えを伝える

 

次に行うべきことが、相手の話についてどのように感じたか、何を思ったかを相手に伝えることです。ここで大事なポイントが共感することです。

 

もちろん、嘘をついてまで共感する必要はありません。自分の気持ちに嘘をついてやり取りをするのは、相手のためにも自分のためにもなりません。

 

ただ、100%同じ考えの男女はいません。そのため、全部について共感する必要はありません。相手の話のなかで、「ここは共感できる!」というポイントについて共感を示していきましょう。あなたの本当の気持ちから出た言葉なので、会話が続きやすくなります。

 

共感した上で、さらに自分の感情を付け加えてあげると良いです。ただ、女性は話し好きだからといっても、快く話を受け入れようとしない男性には話をしたくはありません。共感するだけでなく、さらにポジティブな反応をしてあげましょう。

 

なお、自分の思い・考えを伝える箇所と、女性の話を受け入れる箇所は、重なることも多いです。被ってしまっても問題ないので、両方とも行えているかどうか注意してください。例では、買い物が好きという気持ちに反応して、「気分転換」という考えを伝えています。

 

 

 

話を展開する

 

女性の方から色々と話を聞いてくれて、次々に会話が進んでいくこともあります。ただ、基本的には男性が会話を展開するようにしましょう。すると、女性はあなたをきちんとリードしてくれる人と思い、男らしく思ってくれます。

 

逆にこの話の展開がないと、受け身であることをアピールしているような感じとなってしまいます。

 

もちろん、実際に会って付き合ったら、ある程度黙っていてもOKという女性は多いです。ただ、会う前、付き合う前の段階では、相手との信頼関係が成り立っていません。そのためにも、会話がポンポンと続いていけるように、あなたから話を展開しましょう。

 

話の展開で簡単な方法は、質問をすることです。ただ、質問はすれば良いというわけではありません。会話の流れから、自然と疑問に感じたことを1つだけ質問しましょう。突拍子のない質問、1度のメッセージに複数の質問があると女性は疲れてしまいます。

 

結果として女性の心の負担が大きくなり、切られてしまうことになるので、注意しましょう。例としては、旅行でどこが良かったかを聞かれたのに対し、自分の行ったところを示しています。その上で相手に同じことに関する質問をしているので、自然な会話の流れです。

 

 

 

以上、「女性の話を受け入れる」「自分の思い、考えを伝える」「話を展開する」というメッセージの構成についてお話してきました。女性とメッセージ交換が続かないのであれば、あなたの作成するメッセージが、この構成となっているか見直してみましょう。

 

→ブライダルネット以外で素敵なお嫁さん候補が見つかるサイト

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ