彼女を作るために恋活アプリで課金!注意すべきたった1つのポイント

 

彼女を作るために恋活アプリで課金するとき、注意すべきポイント

 

あなたが恋活アプリ・婚活サイトに登録し、ネットの出会いを探し始める際、気になることの1つに「お金」のことがあります。ネットの出会いが一般的でなかった頃、一部の悪質なサイトにより、サクラ被害・ぼったくり被害が生じていたからです。

 

「出会い系サイト規制法」が施行され、ぼったくりな違法サイトは激減しました。ただ、真面目な恋活アプリ・婚活サイトで活動する場合でも、少なくとも月に数千円はお金を支払う必要があります。そのため、本ページではお金の支払いで、絶対に気をつけることについて説明します。

 

恋活アプリ・婚活サイトでのお金の支払いのタイミングは、「無料会員がない」サイト、「無料会員がある」サイトで異なります。

 

「無料会員がない」サイトにおいては、会員は全て有料会員になるため、登録時にお金がかかります。

 

逆に、「無料会員がある」サイトにおいては、登録時にはお金がかかりません。ただし、無料会員では活動に制限があります。そのため、活動していくなかで、あなたは有料会員に移行する必要があります。この有料会員に移行する際、サイトにお金を払うことになります。

 

インターネット恋愛・婚活でお金を払う際、絶対に気をつけること

 

あなたが恋活アプリ・婚活サイトにお金を払う際に、絶対に気をつけることは、最初の登録は「1ヶ月会員」にすることです。

 

「1ヶ月会員」というのは、ほとんどの恋活アプリ・婚活サイトにおいて、最もお金をかけずに活動できる有料会員です。もし、この1ヶ月の期間よりもさらに短く、安い費用で活動できる有料会員の制度が用意されているサイトであれば、その期間の有料会員になって下さい。

 

最も良いのは、期間限定ですが、有料会員の機能を無料で使えるサイトです。そういったサイトは多くはありません。しかし、なかには無料で1ヶ月だけ、有料会員と同じ機能をお試しで使えるサイトがあります。

 

1ヶ月会員を推奨する理由

 

最も安い1ヶ月会員となり活動すべき理由は、有料会員になることではじめて、そのサイトの内情がわかるからです。多くのサイトでは、有料会員のみ、「サイトの機能」「自分の地域にいる女性」「登録している女性の数・年齢層」などを知ることができます。

 

「無料会員がない」サイトでは、お金を払って有料会員に登録しないと、これらの機能を使うことができません。「無料会員がある」サイトでは、無料会員は活動に制限があり、お金を払って有料会員に移行しないと、全ての機能を使うことができません。

 

女性の人数や年齢層などは、「無料会員のない」サイト、「無料会員のある」サイトに関わらず、お金を払わないと調べることができないようになっているサイトが多いです。

 

そのため、お金を払った後に内情を知り、「このようなサイトに登録するのではなかった……」と後悔しないようにするために、最も安い1ヶ月会員となることを推奨します。最初の1ヶ月の期間で、恋活アプリ・婚活サイトの中身を把握してから、長期でお金を払うのでも遅くはありません。

 

ほとんどの恋活アプリ・婚活サイトは長期入会をお勧めする

 

そんなことを言われなくても、「最初は1ヶ月分しかお金は支払わないよ!」と、あなたは思うかもしれません。

 

ただ、あなたはお金を支払うタイミングになると、迷う可能性が高いです。その理由は、以下の2つがあります。

 

・第1に、長期入会の方が1ヶ月当たりの金額が安いから

 

・第2に「彼女ができた人は長期で登録しています!」といった内容が、サイト上に示されているから

 

「1ヶ月あたりの代金を低くできるから」「ちゃんと相手を探して出会いたいから」などと考えた上で、長期会員で登録する人は多いです。

 

恋活アプリ・婚活サイト側も嘘は書いていません。実際、長期で相手を探すことは、あなたの恋愛レベルを上げてくれます。そのため、長く活動することで彼女ができる可能性が高くなるのは、事実です。

 

ただ、長期で活動するメリットをそのまま受けられるのは、世の中に恋活アプリ・婚活サイトが、1つしかない場合です。

 

あなたが望む女性が多く登録されたサイトであるかは、お金を払わなければわかりません。1ヶ月だけお金を払うことは、割高に感じる人も多いです。ただ、1ヶ月会員であれば、自分に合わないサイトはすぐに辞めることができるため、結果として1ヶ月会員の方が得です。

 

有料会員の会費から恋活・婚活サイトの良し悪しは判断できるのか?

 

「実際に有料会員とならなくても、有料会費が高い恋活・婚活サイトであれば、サービスの質に間違いないのでは?」と考える人は多いです。安かろう・悪かろうの逆として、高いものであるから・良いものであるという考えです。

 

ただ、実際に私が今まで活動してきたサイトを比較すると、有料会費が高いからといって、「優れた機能を持つ」「女性が多いサイト」とはかぎりません。つまり有料会費の高さから恋活・婚活サイトの良し悪しは判断できません。

 

会費が安いのに優れたサイトがあれば、会費が高いのに女性が全くいない上に、機能が不十分なサイトもあります。実際私は、「有料会費が高いのに、女性が全くいない上に、機能が不十分なサイト」に登録した経験があります。

 

そのようなサービスの質の悪いサイトは、「最近ログインした女性を見つける機能がない」、かつ「自分の県で、1ヶ月に20代女性が数人しか入会しない」サイトでした。このサイトの有料会員費は、「ログイン順に女性を表示可能」で「20代女性が月に100人程度登録がする」、サービスの質がより高いサイトと同額でした。

 

このように、「機能がなくて使いにくいから」「女性会員が少ないから」といった理由で、金額を控えめに設定しているサイトはありません。

 

だからといって、長期会員として登録した後、返金に応じるサイトは多くありません。返金ができないことは、サイトの利用規約にも示されています。長期で入会した後で後悔しないために、まずは1ヶ月会員として内情を確認しましょう。

 

まとめ

 

恋活アプリ・婚活サイトにお金を払うタイミングは、「サイトに登録したとき」もしくは「無料会員から有料会員に移行するとき」です。

 

その際に絶対に気をつけることは、最も安い金額でサイトを使用可能な「1ヶ月会員」としてお金を払うことです。

 

機能が整っているサイト・女性が多いサイトかどうかは、実際にお金を払ってサイトを使用してみないとわかりません。返金はほぼ全てのサイトでできないため、まずは最安値でサイトの内情を把握できる1ヶ月会員から始めましょう。

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ