看護師の彼女が欲しい!白衣の天使と付き合う6つのメリット

 

看護師の彼女が欲しい! と考える人に看護師と付き合うメリット・デメリット・特徴と出会い方を記します

 

男性が結婚したい・彼女にしたい職業ランキングで、必ず上位に位置するのが看護師です。「恋愛するなら看護師がいいな」「看護師の彼女がほしい」と思う人は多いです。

 

看護師は「白衣の天使」というかわいいイメージがあるため、看護師の彼女というのは一般的に好印象です。管理人が看護師女性と付き合っているとき、うらやましいと述べてくる人もいました。

 

ただし、「看護師女性は気が強い、忙しい」といった悪いうわさもあります。「看護師の彼女はやめとけ」という声もあるため、「一般的に言われている、良いイメージだけではないのかな……」と気になるのも当然のことです。

 

そこで本ページでは、管理人が看護師女性と数年にわたり付き合った経験をもとに、看護師と付き合うメリット・デメリット、その他看護師の特徴、看護師女性と上手く付き合える男性・上手く付き合うコツ、看護師女性との出会い方について記していきます。

 

● 看護師と付き合うことでわかった6つのメリット

 

● 看護師と付き合うことでわかった3つのデメリット

 

● その他看護師の特徴5つ

 

● 看護師女性と上手く付き合える男性・上手く付き合うコツ

 

● 看護師女性との出会い方

 

先に結論を言うと、管理人は看護師女性と付き合うことをおすすめします。ただ、実態を知らずに付き合うことはおすすめしません。あこがれだけを抱いた後で現実を知り、裏切られたかのような気分になるのは、男女ともに悲しいことだからです。

 

本ページを読むことで、看護師女性と付き合うことの現実に触れることができます。その上で付き合ってみたい場合は、看護師女性との出会いの場に行ってみましょう。看護師女性と付き合う覚悟ができたあなたであれば、良い交際をして結婚することができます。

 

看護師と付き合うことでわかった6つのメリット

 

看護師女性はとても良いイメージを持つため、白衣の天使と呼ばれます。管理人が看護師女性と数年付き合った経験から、実際に付き合うとどういったメリットがあるのかを記していきます。

 

収入が高いため、デート代もきちんと出してくれる

 

看護師は給料が高く、初任給で年収400万円を超えます。男性を含めた平均給与よりも多くもらっていて、同年代のOLよりお金に余裕があります。実際、自分の給料だけで暮らせるくらい自立しているため、生涯独身を考えている看護師女性もいます。

 

男性に頼らずに生活できる収入があるため、年収が低めの男性でも看護師女性と付き合うことが可能です。実際、管理人は学生の頃に看護師女性と付き合っていましたし、管理人の弟はニートの状態で看護師女性と付き合っていました。

 

自分の時間を自由に過ごせる

 

デメリットと表裏一体ですが、看護師女性はシフト制のため、週末必ず休みになるわけではありません。管理人は土日休みであったため、彼女のシフトが出たら、どこの週末でデートするかを毎月話し合っていました。

 

彼女と会えなくて寂しいという人もいますが、「週末必ず会わなくても良いため、自分の趣味に没頭したり、友だちと心おきなく遊べる」と考えることができる人には、看護師女性と付き合うことのメリットといえます。

 

気づかいしてもらえる

 

看護師の女性は、患者の容体をいつも確認するためか、管理人の体調も確認するクセがありました。風邪を引いたときには食べ物を買ってきてくれて、アドバイスや看病をしてくれたのが印象に残っています。このときは確かに、白衣は着ていなくても天使だと感じました。

 

ただ、プライベートではドライな看護師女性もいるため、気づかいは個人差が大きい様です。また、応急処置はできるそうですが、「看護師だからといって、特別な処置は無理だから期待しないでほしい」とよく言われていました。

 

処方薬をチェックしてもらえる

 

薬剤師ほどではありませんが、看護師の女性は薬の知識を一定以上持っています。管理人が病院でもらった処方薬を見て、どういったものを使用しているかチェックしてアドバイスしてくれました。

 

例えば、ステロイド剤を皮膚に塗っているときには「この薬は副作用が強いから、塗りすぎない方が良いよ」、頭痛薬を飲もうとしているときには「バファリンよりもロキソニンの方が効くよ」というアドバイスなどです。とても参考になったので、管理人はよく聞いていました。

 

自分の親の印象が良い

 

あなたが一般の会社員の家庭で育ったのであれば、あなたの両親も息子が看護師の女性と結婚したら嬉しいと感じるはずです。最終的な印象は人柄で決まるのは当然のことですが、仕事としては看護師はとても親受けが良い職業です。

 

理由は、「手に職があるため、いざというときに働きに出てもらえる」「介護のときに助けてもらえる」などの打算的なことがあるようです。打算的で嫌だと感じるもしれませんが、結婚は家同士で行うものであるため、現実的なことも頭の片隅で考えておく必要があります。

 

転職・復職してもらいやすい

 

看護師は、日本全国どこに行っても引く手あまたの職業です。もちろん、働く病院によって待遇やシフトは異なりますが、基本的にどこにいっても職がないことはありません。

 

そのため、看護師の彼女と遠距離恋愛だったとしても、お互いが結婚に関してきちんと話し合いをできれば、別の地で職場を変えて働いてもらうことができます。また、結婚して子どもが生まれた後に復職してもらい、共働きをするという選択肢を取ることも可能です。

 

以上のように、看護師の女性と付き合うとメリットがたくさんあります。以下には看護師女性と付き合うときのデメリットも示しますが、管理人は看護師女性と付き合うことをとてもおすすめします。

 

看護師と付き合うことでわかった3つのデメリット

 

メリットが多い看護師女性ですが、看護師の彼女ができたときのデメリットもあります。以下、デメリットについて丁寧に解説します。

 

非常に多忙なため、会いにくい

 

看護師の女性は、二交代・三交代のシフト制で働いていて、日勤以外に夜勤もあります。カレンダー通りの土日休みでなく、平日休みのことも多いです。そのため、平日に彼女と会う時間が取れない男性は2週間、3週間に1回程度しか会えない月もあります。

 

そして、看護師の彼女とはイベント日当日は会えないと思った方が良いです。次の月の休み希望は出せるものの、「年配の看護師」や「家族持ちの看護師」に遠慮して、独身の看護師女性はクリスマスやバレンタイン当日は休めません。

 

同じ理由で、夏休みは7月から9月くらいの間で数日休暇を取るものの、お盆や休めないそうです。さらに年末や正月も、独身の看護師が優先的に出勤しなくてはいけない空気があるため、彼女と初詣に行けるのは三が日の後になります。

 

さらにデートのときに電話がかかってきて、彼女の仕事時の顔を見ることもあります。また、他の看護師が急病で倒れて要請があったため、ドタキャンも1回だけありました。

 

管理人が付き合っていた女性は循環器系の看護師でしたが、大学病院の看護師、救命救急の看護師はさらに忙しいとのことであるため、さらに会えないことを覚悟する必要があります。

 

このように記すと全く会えそうにありませんが、管理人は週1で看護師の彼女と会っていました。彼女が一人暮らしであったため、家に泊まりに行ってわずかな時間でも会えたためです。また、彼女の夏休みの時期を利用して毎年旅行もできていました。

 

連絡がつかないことがある

 

彼女が看護師の場合、メッセージの返信が遅く、連絡がつかないことがあります。彼女の仕事終わりにデートするはずだったのですが、連絡がなく電話しても出てもらえず、音信不通でどうしたら良いかわからないことがありました。ただ、事情を知ればすぐに慣れます。

 

看護師は、勤務中は携帯・スマートフォンに全く触れません。そのため、患者の急変や急患で突発的に残業となると、連絡をしたくてもできずに無断で遅刻してしまうことが生じます。

 

また、日々の激務で疲れているため、仕事終わりから休みの日にかけて爆睡していることが多いことも、連絡がつかない一因です。そのため、連絡がつかなくても、いつものことと思うようになりました。

 

それでも不安になることが多ければ、彼女のシフト表をもらえば「今は夜勤明けで寝ているのかな」と思えるため、少しは安心します。管理人は、毎月シフト表をもらっていました。

 

ただ、相手があまりに連絡がつかないことに加えて、シフト表を渡さずに言い訳する場合は浮気されている可能性があります。あまりに不安に感じたら、話し合ってみましょう。

 

実際は、勤める病棟にもよりますが、看護師は一部の肉食系女子をのぞき出会いが少ないです。まわりの男性は、医療従事職の男性か年配の入院患者が多く、新たな出会いは研修医くらいのことです。ただ研修医の男性に関して、看護師女性から良い評判を聞いたことはありません。

 

そのため、浮気のことはそれほど考えなくても良いですが、「友だちとは遊びに行くのに自分とは会わない」「休みの日でも連絡がつかない」ことが頻発する場合は、きちんと話し合うことをおすすめします。

 

看護師はきつい人が多い

 

看護師女性と付き合った経験がある男性には、看護師は「気が強い」「怖い」「冷たい」と話す人がいます。看護師は、命を預かる仕事を責任を持ってこなさなくてはいけないため、他の仕事以上にプレッシャーが大きいことが原因と考えられます。

 

実際、管理人の彼女は「まわりの看護師は気が強い人が多い」ということを述べていました。

 

しかし、プライベートでは個人差が大きいです。管理人が長く付き合った元彼女や、管理人の女友だちの看護師はプライベートでは非常におっとりしています。しかし、元彼女は職場では「冷たくて怖い」と後輩に思われていたように、プライベートと職場では人が変わるようです。

 

そのため、看護師女性がプライベートでもきついというのは、一概に信じなくても良いといえます。

 

以上が、看護師女性と付き合うデメリット3つです。ただ、会えないことはメリットで示したように、自分の時間が取れることでもあります。また、連絡がつかずに心配ならシフトをもらうことをおすすめします。そして、看護師がきつい性格だとは一概にいえないことを覚えておきましょう。

 

その他看護師の特徴5つ

 

人によってとらえ方が異なるためにメリット・デメリットとはいえませんが、看護師の女性と付き合う上で気になる特徴を5つ記します。

 

ナース服のコスプレは可能か

 

OKと言われるかは個人差が大きいですが、仕事着をコスプレとして着るのは絶対に嫌と言われる可能性は高いです。仕事で使っているナース服は汚れている可能性があるためと、プライベートと仕事は切り離したいために、彼氏の前では着たくないとのことでした。

 

そのため、「ナース服を買ってくれたら着ても良い」とは言われました。管理人は強い気持ちがないため断念しましたが、「買ってくれたら彼氏のためにナース服を着ても良い」という看護師はいるようです。

 

下ネタにおおらかである

 

看護師の女性は仕事上、男性の下腹部を見る機会が多いです。業務上必要なため、下腹部に触らざるを得ないことも聞きました。さらに看護師女性の飲み会では下ネタを言う人もいるらしく、看護師女性は下ネタにおおらかです。

 

しかし強引に下ネタを言わせようすると、あなたが女性と付き合っている・付き合っていないに関わらず、セクハラになるため止めましょう。

 

血管チェックが好き

 

看護師でない女性は、男性の浮き上がる血管を見て「男らしい!」とキュンとするため、男性の腕をチラ見します。しかし看護師の女性はチラ見でなく、まじまじと腕の血管を確認してきます。そして「本当に良い血管だね。1回だけ刺しても良い?」と口にします。

 

管理人は実際にはされた経験はありませんが、看護師は採血の練習のため、後輩に腕を貸すことが多いそうです。また、別の肉食系の看護師女性と出会ったときには、血管チェックとして腕にボディタッチをしてくる人もいました。

 

体力・精神力があってタフ

 

看護師の仕事は重労働です。入院患者を移動させるために持ち上げることもあり、体力・筋力ともについていきます。そのため疲れていても、夜勤明けにデートするくらいの元気がある人も多いです。

 

そして、看護師は休んだら他の看護師に迷惑がかかるため、体調が悪くても基本的に休みません。多少の熱があっても、「病院まで行けばなんとかなるから大丈夫!」といって職場に向かっていくくらい、精神的にもたくましい女性が多いといえます。

 

看護学生も忙しい

 

看護師の女性との出会い方は後述しますが、看護師の卵である看護学生にも会うことができます。管理人は30代を超えてから、20歳の看護学生と出会い付き合ったこともあります。

 

看護学生はプロの看護師ではありませんが、卒業が近くなると看護師同様に非常に忙しいことを覚えておきましょう。看護実習中は「実習記録」を書くために遅くまで作業し、冬には国家試験の勉強のためにデートの時間があまり取れません。

 

さらに、看護学生から看護師になった1年目の女性は、仕事に慣れていなくて帰りが遅くなります。加えて1年目の看護師は研修が非常に多いため、休日でもなかなか会えないことを覚えておきましょう。知っておくだけで、彼女にあまり会えなくても少しだけ安心します。

 

以上のように、看護師彼女のメリット・デメリット以外の特徴としては、「別途ナース服を買えば、コスプレしてもらえる可能性あり」「下ネタにおおらか」「血管チェックが好き」「体力的にも精神的にもタフ」「看護学生も忙しい」といったものがあります。

 

看護師女性と上手く付き合える男性・上手く付き合うコツ

 

ここまでに看護師女性と付き合うメリット・デメリット、そしてその他の特徴を記してきました。

 

それではどういった男性であれば、看護師の彼女と上手く付き合っていけるかというと、メリット・デメリットを含む看護師の特徴を理解し、気持ちをわかってあげられる人です。

 

看護師の仕事は激務であるため、看護師女性はとても大きなストレスをかかえ、疲れていることが多いです。ただ、ほとんどの看護師女性は自分の仕事にやりがいがあり、誇りを持って一生懸命に仕事をしています。

 

ただ、仕事の面だけでなく恋愛面も充実させていきたいと考えていて、彼氏と上手く付き合っていきたいために悩みます。その悩む気持ちをわかってくれて、自分を支えることができる男性を看護師女性は好きになるのです。

 

そのため、「看護師の女性は、白衣の天使だから優しいはず」という理想だけを持って付き合うと、高確率ですれ違いを起こして喧嘩します。結果として、別れることになりがちです。彼女が忙しくても、「オレと仕事、どっちが大事?」などとは絶対に聞いてはいけません。

 

このように看護師のつらい立場を理解した上で、きちんと話や愚痴を聞いてあげることが、看護師女性と上手く付き合っていくコツといえます。

 

看護師女性との出会い方

 

看護師女性は人数としては非常に多いため、「モデル」や「客室乗務員(CA)」の女性などよりは比較的出会うことができます。看護師女性と出会える方法はいくつかありますが、そのなかでも代表的な出会う方法について記していきます。

 

友だちの紹介・合コンで出会う

 

看護師女性は人数が多く、友だち・知人の紹介や合コンとして話が回ってくることも多いため、チャンスをものにしましょう。自分からお願いするときは、看護師の女友だちや、看護師の彼女や奥さんがいる男性にお願いすると、独身の看護師女性を紹介してくれます。

 

なお、管理人自身も友だちの紹介で出会った女性は、今でも仲の良い友だちとなっています。また、合コンで出会った看護師女性とは長い間お付き合いをすることができました。

 

恋活・婚活パーティーで出会う

 

恋活・婚活パーティーは、様々な企画が用意されています。年上男性・年下女性といった年齢制限があるものもあれば、職種限定で参加できるものもあります。職種限定の企画として、看護師女性限定のパーティーに行けば、確実に看護師女性と出会うことが可能です。

 

触手の限定のない恋活・婚活パーティーであれば、平日に行った方が看護師女性と会える可能性があります。管理人の友人の看護師女性は、「自分が土日にお休みのときは土日休みの友だちと予定を入れるため、平日休みのときに恋活・婚活する」と述べていました。

 

インターネットの出会い

 

恋活アプリ・婚活サイトでは、職種で限定して女性を検索可能です。「職業:看護師」で検索して表示された女性にアプローチすることで、看護師女性に会うことができます。

 

検索結果には年齢も明示されているため、「年上の看護師女性が良い」「年下の看護師の子が好きだな」といったことも踏まえてアプローチ可能です。また、自己紹介文に「看護学生です」と明示されている女性にアプローチすることで、看護学生にも会うことができます。

 

以上の3つの出会いを使用することによって、あなたも看護師女性と出会うことができます。そして、1度出会ってしまえば、デートを繰り返して付き合うことは他の職業の女性と変わりません。その際、女性からの返信が遅くても気にしないようにしましょう。

 

まとめ

 

看護師は、男性が付き合いたい・結婚したい職業ランキングで上位に入る人気の職種です。白衣の天使と呼ばれてはいますが、「付き合うときつい女性」という声もあるため、本ページでは看護師女性と付き合ったときの現実を記しました。

 

看護師女性と付き合うメリットとしては、「デート代を多少出してもらえる」「自分の時間が持てる」「気づかいしてもらえる」「薬をチェックしてもらえる」「親の評判が良い」「転職・復職しやすい」ことです。

 

逆に付き合ったときのデメリットは、「忙しくて会えない」「連絡がつかない」「人によっては性格がきつい」ことです。その他の特徴としては、「体力・精神力があってタフ」「看護学生も忙しい」などがあります。

 

看護師女性と上手く付き合える男性は、看護師の特性をきちんと理解して、気持ちをわかってあげられる人です。我こそはと思う人は、「友だちの紹介・合コン」「恋活・婚活パーティー」「恋活アプリ・婚活サイト」で看護師女性との出会いを見つけてみましょう。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

保育士の彼女が欲しい!可愛い保育士と付き合う6つのメリット
巨乳の彼女が欲しい!胸が大きいグラマーな恋人を作る7つの行動
介護士の彼女がなぜ嫌なの?実はモテる介護女子を恋人にする方法
理系の大学生・大学院生でも彼女が欲しい!出会いの作り方5つ
公務員の彼女が欲しい!婚活で人気職種の女性と付き合う方法
彼女欲しいけど、女性と話すきっかけがない男性の3つの打開策
転勤族だけど彼女欲しい人が赴任先で恋人を作る4つのポイント
一人ぼっちでも彼女が欲しい!1人の状態から恋人を作る方法
オタクでも彼女が欲しい…キモオタと呼ばれた男が恋人を作る方法
チビ・ハゲ・デブ・ブサイクでも彼女が欲しい人に必要な1つの特徴
初の一人暮らし!彼女欲しい男性が恋人作りに重要なポイント8つ
彼女が欲しいから合コンに行く!恋人作りに必要な9つの行動
20歳過ぎの童貞でも彼女が欲しい…モテない原因と恋人作りの手順
コミュ障でも恋人を作りたい!彼女欲しい人に最低限必要なこと3つ
草食系男子でも彼女が欲しい!恋人作りに最も大事な1つのこと
モデルの彼女が欲しい!美人と付き合うための4つのポイント
無職引きこもりニートだけど彼女が欲しい人の6つのステップ
フリーターでも彼女欲しい男性が恋人作りで大事な2つの行動
40代50代でも彼女欲しい!モテる中年のたった1つの特徴
いじられキャラでも彼女が欲しい!恋人を作れる男の4つの秘訣
進学・就職・転職で上京したので彼女が欲しい人に重要な心得1つ
田舎住まいでも彼女が欲しい…地方で恋人と出会う5つの方法
彼女が欲しい人から車を買う!女子に好かれる車の3つのポイント
彼女欲しいけど、低学歴低収入でお金がない人に必要な4つの変化
エステティシャンの恋人を作りたい!美女と付き合うメリット6つ
優しい彼女と付き合いたい!女性の見抜き方と結婚まで付き合うコツ
美人の彼女が欲しい!不細工なアラサー男が美女と付き合う方法
アパレルの彼女が欲しい人がお洒落なショップ店員と付き合う方法
大学生の彼女が欲しい!30代社会人が女子大生の恋人を作る方法
浪人生でも彼女が欲しい…受験と両立できる人のたった1つの特徴
彼女欲しいから友達の紹介に頼る!恋愛・結婚できる恋人を作る方法
ぽっちゃりのむちむち女子が好き!彼女にするためのポイント3つ
彼女欲しいけど…彼女いない歴=年齢のイケメンが恋人を作る方法
学生なのに彼女ができない…恋人が欲しい大学生の彼女の作り方
スタイルの良い彼女が欲しい人がスレンダーで細身の恋人を作る方法
年下の若い彼女が欲しい!30代半ばの男性が20代の恋人を作る方法
年上の彼女が欲しい!20代男性が綺麗な大人の女性と付き合う方法
ヤンデレの彼女が欲しい?一途な恋人との付き合い方と出会い方
遠距離恋愛でも彼女が欲しい!うまく付き合うための6つのコツ

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ