年下の若い彼女が欲しい!30代半ばの男性が20代の恋人を作る方法

 

年下の若い彼女が欲しい30代半ばの男性が、20代の若い彼女を作る方法

 

テレビを見ていて、「芸能人はなんで、オッサンになっても若い女の子と付き合えるんだ?」と思った経験はありませんか。30代後半、40代の男性が20代の若い彼女を作っているのを見ると、「うらやましいな。オレは彼女すらいないのに」と悲しくなります。

 

しかし、30代半ば以上の会社員でも、20代女子と付き合っていることは現実的に多いです。管理人は30代半ばで、20歳の大学生の彼女がいました。また、管理人の41歳の知人は22歳の女子と付き合っていますし、50歳の元上司は26歳の彼女がいます。

 

このような事実を知ると、普通の30代半ばの男性でも、20代の女子と付き合うことは難しくないことがわかります。実際、20代女子と付き合うために大切なことは、正しい知識を身につけ、正しい行動を実行することだけです。

 

そこで本ページでは、30代半ばの男性が何歳年下の女子まで付き合えるのかを記した上で、若い女性と付き合ったときのメリット・デメリット・その他特徴、付き合うためのデートのコツや、付き合った後で大事なこと、出会い方について記していきます。

 

● 30代半ばの男性が付き合える女子の年齢

 

● 魅力的な年下の彼女と付き合う7つのメリット

 

● 相性が合わないなと感じる年下の彼女の6つのデメリット

 

● 若い彼女が持つ、その他特徴3つ

 

● 年下の彼女と付き合うまでのデートのコツ7つ

 

● 年下女子と付き合ってから大事な2つのこと

 

● 20代の若い女の子と出会う5つの方法

 

価値観が異なるため、年下の女の子と付き合うと、良いことだけではなく大変なこともあります。ただ、男性として自分が成長できるため、管理人は年下の女の子と出会って付き合うことをおすすめします。

 

本ページを読んで行動を起こすことで、30代半ばのあなたでも、年下の20代の若い彼女を作ることが可能です。本ページを読み、まずは行動してみましょう。

 

30代半ばの男性が付き合える女子の年齢

 

「35歳を超えたら、普通の会社員では20代女子には相手にされないだろう」と思う男性は多いです。しかし実際は、20代女子は30代半ば以降の男性とも付き合っているのが現実です。

 

しかし、何歳の女子に対してアプローチすべきなんだと疑問に思う人もいます。そのため、あなたが年下の女の子と付き合おうとした場合に、「恋愛対象に思われる歳の差の目安」と「年の差恋愛の限度」について記していきます。

 

恋愛対象に思われる歳の差の目安

 

普通の会社員であっても、30代半ばで若い彼女を作れることは事実です。

 

それでは実際、30代半ばのあなたが何歳くらいの女子と付き合えるのかというと、10個下〜12個下という一回り下くらいの年齢までが目安です。つまり、30代半ば男性でも、25歳前後の女子までは付き合える可能性が高いということです。

 

若い女性にアプローチするときに、参考となるグラフ

図1 年齢別 恋愛対象となる男性の上限年齢の平均

 

図1は、10代後半から30代後半の女性に対して、年齢ごとに女性100名が恋愛対象としている上限の年齢を調べたものです。このデータは、恋活アプリ「Omiai」で女子のプロフィールデータを1人1人確認し、それぞれの年齢で恋愛対象となる上限の平均年齢を示しています。

 

図1からわかることは、女性の年齢に比例して、恋愛対象となる男性の上限年齢が高くなっていることです。25歳女子の上限の平均値は33.7歳のため、「34歳までの男性ならOK」という人が多いことがわかります。25歳女子の詳細なデータの内訳を、下の図2に示します。

 

25歳女子の恋愛対象となる男性

図2 25歳女性の恋愛対象となる男性の上限年齢

 

25歳の女子100名のうち、44名の女子が30代半ばの男性まで年齢対象になるとしていることがわかります。さらにわかることは、40代後半まで恋愛対象としている女子も含めると、25歳女子の6割程度は30代半ばの男性が恋愛対象となるということです。

 

さらに下の年代はどうかというと、図1から20代前半の女子の大半は、29.9歳までの男性がOKであり、30代の男性はNGという人が多いことがわかります。

 

そのため、30代半ばの男性が恋愛対象となるのは25歳前後の女子、つまり約10歳から12歳年下までの女子ということです。

 

歳の差恋愛にも限度はある

 

30代半ばの男性が恋愛対象となりうるのは、25歳前後の女子ということを記しました。ただ、30代半ばの男性でも20代前半、もしくは10代後半の女の子とも付き合うことができる人も多少います。

 

下の図3は、18歳の女子が恋愛対象となる男性の上限年齢を示したものです。「34歳-36歳」「37歳以上」の男性も恋愛対象になるという18歳女子が、全体の10%程度います。このことから、30代半ばでも10代女子と付き合うことは、可能性はかなり低いが可能であることがわかります。

 

18歳女子の恋愛対象となる男性

図3 18歳女性の恋愛対象となる男性の上限年齢

 

30代半ばであっても、かなり年下の女子も恋愛対象になり得ることを示してきました。しかし、限度はあります。原則として、高校生などの18歳未満の女子にアプローチしないようにしましょう。

 

「結婚前提であれば、18歳未満の女子と付き合える」と一般的に言われています。ただし、あなたが結婚前提で18歳未満の女子と付き合ったとしても、相手の女子が「結婚前提の意思はない」と述べてきたら、あなたは犯罪者になってしまいます。

 

リスクを冒さないためにも、30代半ば以降の社会人男性であれば、高校を卒業した18歳以上の女子にアプローチすべきであることを覚えておきましょう。

 

魅力的な年下の彼女と付き合う7つのメリット

 

年下の彼女と付き合うと、メリットをたくさん感じることができます。管理人が、年下の20代女子と付き合ってきた経験から、年下の彼女と付き合うことで感じたメリットについて記します。

 

甘えん坊なところに胸がキュンとする

 

年上の30代男性を求める20代女子は、年上男性の持つ包容力に惹かれます。自分が子どもっぽいということをわかった上で、それを受け入れてくれる彼氏を望んでいるということです。

 

年下の彼女のLINE

 

そのため、年下の彼女は年上の彼氏に甘えてきます。「ずっと一緒にいたい」「大好き!」「会いたい!!」といったように甘えてきますし、会っているときも手をつないだり、ベタベタしてきたりするため、男性も彼女が大好きになります。

 

綺麗な肌に夢中になる

 

男女両方とも、肌は若ければ若いほどきれいです。20代の女子の肌はとてもきれいで、ハリがあります。顔にしわもほぼないため、とても若いことが見てわかります。

 

20代彼女の美脚

 

そのため、男性としては20代の彼女の肌に触りたくなってしまいます。触るとすべすべしていながらも弾力がある肌であるため、「若い女の子に夢中になる男性が多い」と言われる大きな要因の1つです。

 

素直・純粋で可愛い

 

30代半ばの男性からすると、20代の年下の女子は恋愛経験がそれほど多くありません。モテる女子のなかには20歳の段階で4、5人付き合った経験があるという肉食系女子もいます。ただ、20代半ばでも数名しか付き合った経験がない女性の方が多いです。

 

恋愛経験が少ないと、恋愛に対してとても純粋です。そして、年上好きの女子は年上男性のことをよく知りたいため、年上男性の話を真面目に聞いてくれます。そんな彼女の態度が、とても素直で可愛いなと思ってしまいます。

 

癒されてメロメロになる

 

年下の女子と一緒に過ごしていると、とても癒されます。彼女がちょっとくらいのミスをしても、「可愛いな」「愛おしいな」と思ってしまうのです。

 

管理人が経験したエピソードとしては、「彼女が作ってくれたチョコレートが固すぎる」ということがありました。彼女は残念そうにしていましたが、作り直す時間がなく、そのまま持ってきたとのことです。「もっとうまく作りたかった」という彼女の姿にキュンとして、癒しをもらいました。

 

元気をもらえて大好きになる

 

30代の男性からすると、20代半ばの女の子は元気です。20代後半の女子は多少落ち着いてきますが、20代前半・20代中盤の女子は男性よりも元気があるため、話していてとても元気をもらえます。一緒にいる自分も、なんとなく若い感じの気分になれるのです。

 

管理人は20代の保育士の彼女からは、よく手紙をもらっていました。彼女に励まされて頑張ろうという気分になるため、一緒にいて元気をもらえて良いお付き合いができたと思っています。

 

20代の彼女からもらった手紙

 

可愛くてうらやましいと言われる

 

20代の年下の彼女がいると、まわりの男性から「若くて、可愛い彼女っていいな」とうらやましがられます。男性は、何歳になっても若い女の子が好きなため、20代の女子と付き合っているだけでステータスのようになるのです。

 

だからといって、彼女をひけらかしたり自慢したりすると、彼女やまわりの人から嫌われてしまいます。自慢したくなる気持ちを抑えて、周囲に自分から話すのは避けるようにしましょう。

 

結婚したときに子どもができやすい

 

妊娠率は、年齢とともに低下していきます。男女ともに、若い人同士方が子どもができやすいことは、医学的に証明されていることです。

 

男性も30代半ば以降になってくると、男性の精子が原因で妊娠率が下がると言われています。そのため、より妊娠率が高い20代の若い女子と結婚した方が、子どもを授かる可能性は高くなります。

 

相性が合わないなと感じる年下の彼女の6つのデメリット

 

年下の彼女はとても可愛いですが、年が離れているために「面倒くさい」「難しい」と思ってしまうことも事実です。年下の彼女と付き合うことで、感じてしまうデメリットについても記していきます。

 

子供っぽい価値観が嫌なときがある

 

雑談をしているなかで、年齢のズレを感じることはときどきあります。例えば、「仕事で使うために休日勉強するから会えない」と伝えても、「私より勉強が大事なのね」というものです。

 

女性の方が精神年齢が高いとはいっても、30代半ばの男性と20代女子であれば、さすがに男性の方が精神的に大人です。いつもではありませんが、ときどき幼い発言をときどきされて戸惑ってしまうことが年下彼女のデメリットといえます。

 

束縛・嫉妬の度合いが大きい

 

年下の女子であればあるほど、彼氏のことを束縛する可能性が高くなります。若い女子ほど、「彼氏といつも一緒にいたい」「彼氏が何をしているかわからないと心配」という気持ちが強く、彼氏の行動をしっかり把握したいと考えるのです。

 

また、年下の彼女からは嫉妬されることが多いです。管理人は、年下の彼女に同僚の女子と話しているのを目撃されて、怒られたことがありました。多少の嫉妬は可愛いものですが、嫉妬深い女子だと怖く感じることもあります。

 

モテるために浮気されてしまう

 

若い年下の女子が好きなのは、あなただけではありません。若い20代の彼女は、あなたが知らないところで他の男性に声をかけられている可能性が高いです。

 

管理人も20代の女友だちから、「彼氏がいると話しても、口説いてくる男性は多い」と困っている話をよく聞かされます。

 

そのため、あなたが彼氏という立場で安心していると、他の男性に彼女を奪われてしまいます。浮気を問い詰めたとしても、「あなたが構ってくれなかったから」と言って逆に振られてしまうため、彼女を奪われないように自分を磨き続けるしかありません。

 

食事代はおごる・多めに出す必要がある

 

年下の彼女であれば、食事代は男性の方が多めに出す必要があります。特に、社会人の男性と学生の彼女が付き合った場合は、働いている社会人の彼氏の方がお金を出してくれると彼女が思うことは当然です。

 

もちろん、女子におごることは必須ではありません。経済的に苦しいときは、彼女にその状態をきちんと説明すれば問題ないです。ただ、「男女は当然割り勘だ! 同じ量食べてるんだから」といったケチなことを言っていると、女子に嫌われるため注意しましょう。

 

喜怒哀楽が激しい

 

上記したように、年下の彼女はとても純粋です。そのため、感情をストレートに表現しようとします。20代後半の女子のように、より大人になるほど感情を出さずに我慢しようとします。ただ、20代前半から半ばの女子は感情表現がとても豊かです。

 

感情をストレートにぶつけられると、男性側としても心を大きく揺さぶられます。「大好き!」というのは良いのですが、「大っ嫌い!! もう会いたくない」などと言われると、心がゆさぶられて疲れてしまうため、注意が必要です。

 

若すぎるとすぐには結婚できない

 

女子は男性よりも、「付き合った人 = 結婚する人」と考える傾向があるとされています。しかし、女子によっては「まだ働きたい!」「今は結婚したくない」と考えて、結婚を考えていない人もいます。

 

管理人が昔付き合った20歳の女子は、「結婚は28歳くらいになったら考える」といったように、結婚はまだ考えていないようでした。このように、彼女が若すぎるとすぐには結婚できないことを覚悟しておかなくてはいけません。

 

もし、「彼女が若すぎることで結婚できないことが怖い」という人は、20代女子のなかでも20代後半の人と付き合うことをおすすめします。そして、出会ってからの早い段階で、相手がいつまでに結婚したいかを聞いておくと良いです。

 

若い彼女が持つ、その他特徴3つ

 

メリットともデメリットともいえませんが、若い年下の彼女には他にも特徴が多いです。以下には、上記したメリット・デメリット以外の、20代の若い彼女が持つ特徴について記します。

 

わがまま・気が強い人ばかりではない

 

年下の彼女は、年上の彼氏に甘えたい傾向があることは上記しました。年下彼女は素直でもあるため、彼氏に対して自分の思い、つまりわがままを言いがちです。管理人も、わがままをよく言われていました。

 

しかし、若い女子のなかにも、わがままを言わずに尽くしてくれる人もいます。そのため、「年下彼女はわがままだから嫌」だとは一概にいえません。また、気持ちをストレートに伝えることができない、気の弱い年下女子もいます。

 

大人っぽくてしっかりした人もいる

 

子どもっぽいと思われがちな年下の彼女ですが、20代半ばでも落ち着いた考えを持っている女子もいます。落ち着いている女子は、18歳から働いていて社会人経験の長い人や、社会人歴は短くても大学時代からバイトなどで仕事経験がある人などです。

 

他にも、性格的にとてもクールな女子もいます。クールな女子は、若さからにじみでる元気というものは少ないです。しかし、30代半ばの男性からすると、クールな女子は落ち着いていて話しやすい人ともいえます。

 

料理するかどうかは日常的な忙しさによって異なる

 

「年下の女子は、料理をしてくれるのか?」と疑問に持つ人は多いです。男性は料理ができる女子が好きですが、20代の彼女は社会人経験が少ないこともあり、料理をあまりしなさそうなイメージを持ちます。

 

結論をいうと、彼女の忙しさにより、料理するかどうかは人により異なります。料理をしたい意志はある人が多いですが、仕事が最も大事であるため、時間がなくて料理ができない人多いです。彼女の忙しさや料理への意思は、本人に聞いて確認してみましょう。

 

年下の彼女と付き合うまでのデートのコツ7つ

 

ここまでに、年下の彼女と付き合ったときのメリット及びデメリット、その他の特徴について記しました。その上で、「やっぱり年下の20代の彼女が欲しい!」と思った場合は、以下の内容を読んで年下の女子とデートしてみましょう。

 

そして、デートを繰り返して仲を深めていくことで、あなたは20代の女子と付き合うことが可能です。

 

最初は敬語から、徐々にタメ口にしていく

 

年下の女の子と出会ったときに、敬語を使うか使わないかで悩む人は多いです。基本的な流れとしては、最初は敬語で話し、少しずつ敬語をなくして「タメ語」を利用していくようにします。

 

「自分の方が年上だし、最初からタメ語じゃダメなの?」と疑問に思う男性は多いです。もちろん、相手の女子によっては問題ないこともあります。ただ、女子のなかには最初から馴れ馴れしく話されることを嫌う人がいます。そのため、最初は丁寧語を使った方が無難です。

 

女子に出会ったときは、最初は「さん付け」をして敬語で会話をします。その後、仲良くなるにつれて「ちゃん付け」「呼び捨て」に変えて、タメ語で話すという流れを心がけましょう。

 

服装は自分の年代に合ったものにする

 

「10個下の女子とデートするし、若い男性のファッションをしないといけないのかな」と気負う人もいますが、服装は自分の年代に合った落ち着いたものにします。30代半ばの男性が、20代のようなファッションをすると、「痛い男」と思われるからです。

 

つまり、「あえて若作りしたファッションをする必要はない」ということです。20代の彼女と付き合った後に、彼女がおすすめしてくる若い男性のファッションを、多少するのは問題ありません。ただ、付き合う前から変に若作りをすると彼女から嫌われることを覚えておきましょう。

 

女子を常にリードするマインドが重要

 

デートのなかであなたに全般的に求められているものは、「女子をリードする」ということです。デート内容もお金の支払いに関しても、あなたがリードしてあげることが、若い20代女子に求められていると思っておきましょう。

 

年上の男性とデートする女子は、リードしてくれる男性と付き合いたいと思ってデートに来ています。しかし、そこであなたが優柔不断な態度を取ってしまうと、女子は大きく裏切られてしまってあなたを嫌いになってしまうのです。結果として、あなたは振られてしまいます。

 

デート内容は、基本的には食事かお酒が良いです。相手が嫌いなものを聞き、それを加味してお店を提案しましょう。会計に関しては、何も言わずにあなたが支払うのが最も良いです。ただ、全額払えない場合は、あなたが多めに払い、女子には少なく出してもらいましょう。

 

脈ありかどうかを判断する最も簡単な方法

 

年下の女子とデートしたときに、「これは脈ありなのだろうか……」と悩む人は多いです。女子からの好意を「脈」とは言いますが、感情を100%正しく判断できる行動はありません。なぜなら、女子の体調、タイミング、まわりの環境などで女子の仕草の意味は変わるからです。

 

ただ、女子の気持ちを絶対に当てられるものはありませんが、高確率で当てられるものがあります。それは、女子を次のデートに誘ってみて、女子が次のデートに来るかどうかということです。

 

20代女子は暇ではありません。あなたと会う時間を作り、実際にデートしてくれることは、好意を多少なりとも抱いているということです。ただ、最初は様子を見ているだけの可能性もあるため、何回もデートできるかどうかで、より正確に相手の好意を把握できます。

 

話題に困ったときのコツ

 

年下の女子と付き合うと、話題に困ってしまうという30代男性は多いです。自分が興味あることと、20代女子が興味あることが異なるため、何を話せば良いのかわからなくなってしまいます。

 

結論からいうと、相手の話に興味を持って聞いてあげれば良いです。女子は話を聞いてくれた人に対して好意を抱くため、逆にあなたの話も聞きたくなって質問をなげかけてくれるようになります。

 

しかし、様々なことを話しても話題がなくなったときは、「視界に入ったもの」をいじるようにしましょう。お店の店員さんのクセや、料理、店の内装などです。そこから、「●●ちゃんは、クセは何かある?」という話に展開していくと、無言の時間は少なくなります。

 

メールやラインのポイント

 

デートとデートの間の時間において、「年下の女子と、どのように連絡を取りあえば良いんだ」と思う男性は多いです。ただ、相手が若いからといって、連絡方法を大きく変える必要はありません。

 

1日最低1通以上、女子のメッセージ内容に返信してあげれば問題ないです。絵文字や顔文字で感情を表現しつつ、女子が長文でメッセージを送ってくる場合は、こちらも長文で返すようにします。逆に短文の場合は、同じく短文で返すようにします。

 

頻度もできるだけ相手に合わせることが大事ですが、相手のメッセージ頻度が高すぎる場合は、自分でペースを落としても良いです。なぜなら、相手に合わせすぎると、あなたの方が精神的に参ってしまうからです。毎日一定量メッセージをすれば、たくさん返す必要はありません。

 

告白も自分から女子にする

 

上記してきたように、年下女子は年上の男性にリードされたいと思っています。そのため、付き合うかどうかを決定づける「告白」においても、基本的にはあなたから女子に告白するものだと思っておきましょう。

 

数回デートをして、年下女子も嫌がらずに楽しんでいるようであれば、勇気を出して告白することが何より大事です。あまりに何回もデートを重ねると、女子から「何をしたいかわからない、男らしくない人」として嫌われるため、注意しましょう。

 

なお、付き合うまでのデートで手をつなぐかどうかは、ケースバイケースです。女子のなかには、「付き合っていない人とは手をつなぎたくない」という人もいるからです。そのため、あなたがあまり恋愛経験がない場合は、付き合う前に手をつながない方が無難だといえます。

 

年下女子と付き合ってから大事な2つのこと

 

年下の女子と付き合っても、付き合うことがゴールではありません。結婚まで付き合うかどうかは別として、付き合ってから仲良く過ごしていくことがとても大事だからです。

 

以下、付き合ってから大事なこととして2つのことを記します。

 

彼女を教育するのではなく、同じ目線に立つこと

 

10歳下以上の女子と付き合う男性のなかには、「オレが彼女を教育しなくちゃいけない」と間違った考えを持つ人がいます。付き合っていくなかですれ違いはありますが、年上のあなたが100%正しいわけではないため、教育するという考えは捨てましょう。

 

年下の彼女の価値感はあなたとは違うものですが、彼女も自分なりに考えて頑張って行動しようとします。彼女がもがいている状態を、見守ってあげることが大事です。最初から、相手に指図することは間違いです。

 

もちろん、なかにはとてもわがままを言う女子もいます。わがままはある程度聞いた上で、度がひどい場合は少しずつ注意します。そして、あまりにひどい場合にのみ強く注意した方が良いです。

 

大事なことは、一方的に言いたいことを言うのではなく、相手の考えを聞くことです。年下だからと子供扱いばかりされると、彼女は嫌になってしまいます。そして、あなたと彼女の関係は、彼氏・彼女の関係ではなく、親・子どものような関係になります。

 

一時的には親子のような関係で成立していたとしても、年下の彼女もあるとき冷静になり、あなたは振られてしまいます。そのような別れにならないようにするためにも、相手と同じ目線で物事を考えて、一緒に過ごすことが大事なことです。

 

ときには年下の彼女に甘えること

 

上記してきたように、年下の彼女は男性の包容力を求めています。大前提として、あなたがきちんと女子に対してリードしていることが大事です。ただし、年下の彼女はそれだけでは満足しません。

 

あまりに彼氏が完ぺきな人であると、自分の存在意義がないと思ってしまい、気持ちが冷めていくからです。「この人、私じゃない人と一緒にいた方が幸せになれるのかも」と女子は思ってしまいます。そして、自分がより必要とされる人と一緒にいたいと思うのです。

 

そのため、ときには弱さを少し出したり、べたべたと甘えてみたりすることも大事なことです。ときどき甘えるという行動によって、女子は「かわいい人」と感じてあなたをさらに好きになります。「素敵な人だけど、私がいなくちゃダメ」と思ってもらうことが大事です。

 

ただし、ただ甘えるだけの男性は「子どもっぽい」と思われます。自立していて彼女をリードできる力を持ちながらも、ときどき甘える男性を目指すようにしましょう。

 

20代の若い女の子と出会う5つの方法

 

「年下の女の子と出会いたくても出会いがない……」となげく男性は多いです。ただ、世のなかには年下の女子と出会う方法がたくさんあるため、行動を起こしてみましょう。以下、若い女子と出会うための方法を5つ記します。

 

資格や趣味のスクールで出会う

 

職場で全く出会いがないという人は、職場外での出会いに意識を向けることが大事です。あなたが興味があることや趣味があるのであれば、資格や趣味のスクールに行ってみることをおすすめします。

 

管理人自身も、心理学のスクールやビジネスセミナーに通い、21歳の女子などと知り合うことができました。注意点としては、あなたが興味がある内容であり、女子がいそうなスクールであることです。出会い目的でスクールに入ると、長続きしません。

 

会社のなかの交流会で出会う

 

あなたの部署に女子が全くいなくても、会社の他の部署に女子がいる場合は、会社のなかでの交流会に期待しましょう。そのため、同僚に日ごろから交流会という名の飲み会をお願いしておくと良いです。

 

管理人の部署は全く女子がいないため、他の部署に知り合いがいる同僚に、日ごろから飲み会を開いてくれとお願いをしていました。結果、開いてもらった交流会で、何名もの20代女子と知り合えました。他にも、社内研修などで20代女子と出会えることもあります。

 

合コンで出会う

 

社内に全く出会いがないときの、定番の出会いの方法が「合コン」です。幹事となる男女がいて、男性が男友だちを、女子が女友だちを呼んだ飲み会です。「友だちの紹介」でも良いですが、1度に複数人の女子と出会えるのが、合コンの良いところだといえます。

 

まわりの友だちには、日ごろから年下の女子が好きなことを伝えておきましょう。ただ、「女子大生が良い」などというハードルの高い希望はやめた方が良いです。「かなり年下でもOK」と伝えておくと、20代半ばから後半くらいの女子と出会える可能性が高くなります。

 

恋活・婚活パーティーで出会う

 

恋活・婚活パーティーは、複数人の男女がパーティーで出会うものです。着席して出会うもの、立食形式のもの、個室で出会うものなど種類は多岐にわたります。そして、出会える女子もパーティーによって大きく異なります。

 

年下の女子が良ければ、「年上彼氏・年下彼女」というパーティーに参加してみると良いです。年齢制限は、パーティーを運営する会社によって異なります。ただ、30代半ばの男性であれば20代女子と出会うパーティーに参加し、年下の若い女子と出会うことができます。

 

インターネット恋活・婚活で出会う

 

出会いの方法として、インターネットを活用して出会う手段が「恋活アプリ」「婚活サイト」などです。恋活アプリは恋愛目的の男女が使い、婚活サイトは結婚目的の男女が使うものです。そのため、より若い女子と出会いたい場合はpairs などの恋活アプリを利用します。

 

ただ、婚活サイトでも若い女子と出会うことはできます。管理人は30代半ばですが、21歳・22歳といった女子と何名も出会うことができているからです。恋活アプリ・婚活サイトのいずれでも、女子のプロフィールで年齢を確認し、年下の女子に狙って出会うことが可能です。

 

まとめ

 

「若い年下の彼女が欲しい」と思っている30代半ばの男性は多いです。そのため本ページでは、20代の年下の女子と付き合うための情報と、付き合い方について記しました。

 

30代半ばの男性が付き合える女子の年齢としては、下限が10歳から12歳年下が目安です。さらに若い女子とも低確率ながら、付き合うことは可能です。ただ、18歳以上の人にだけアプローチするようにします。

 

年下女子と付き合うメリットは、「甘えてもらえる」「綺麗な肌に夢中になる」「純粋で可愛い」「癒される」「元気をもらえる」「うらやましがられる」「子どもができやすい」などです。デメリットとして、「子どもっぽいこと」「束縛される」「すぐには結婚できない」などがあります。

 

付き合うためのデートのポイントは、「徐々にタメ口にする」「服装は若作りしない」「常に女子をリードする」「次のデートに誘って脈を判断する」「話題に困ったらまわりのものをいじる」「デートの合間のメールやラインは相手に合わせる」「告白も自分からする」です。

 

そして、付き合ってからは同じ目線で物事を見ることと、ときには甘えることを意識します。そして、出会いの場で女子にアプローチして、デートにつなげていきましょう。この行動を取ることで、あなたは若い年下の20代の彼女を作ることができます。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生などがあるからです。

ここで、上記したマッチングアプリに登録して出会ってきた管理人の体験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「マッチングアプリに登録すべきかで悩む」「今使っているアプリで出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安心・安全なアプリです。

またOmiaiは「オミアイ」という名前から、男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目な彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」等を、無料会員のままゼロ円で使えます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

Omiaiは、Facebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できます。また、解約もすぐにできるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ