ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックとは?女子をデートに誘うコツ

 

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックとは?女子をデートに誘うコツ

 

女性をデートに誘う際に、小さなお願いから入るのが「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」です。小さなお願いごとを聞いていくと、お願いごとが大きくなっても聞かざるを得ない、「一貫性の法則」を利用したテクニックです。

 

それと似た名前のテクニックに、「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」があります。ここでは、このテクニックの中身についてお話した上で、どのように恋愛に生かすかの具体例を示します。

 

デートに誘う時に使えるドア・イン・ザ・フェイス・テクニック

 

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」とは、最初に相手に大きなお願いをし、一度あえて断られた後に、最初のお願いよりも譲歩した本命のお願いをするテクニックのことで、お願いを引き受けてもらえる可能性を上げる方法を指します。

 

この言葉は、シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイス(shut the door in the face)という、門前払いをするというものが由来とされています。一度門前払いのように断られた後で、そこから譲歩して畳み掛けるテクニックです。

 

なぜ、この方法に効果があるかというと、2つの心理学要素が裏に潜んでいるからです。裏にある心理学要素とは「返報性の法則」と「コントラストの原理」です。

 

相手から何かをしてもらったら何かを返さないといけない、と思って行動してしまうのが、返報性の法則です。あなたは1度大きなお願いをして断られた後に、「譲歩すること」を相手に与えているのです。

 

そのため、譲歩してもらった相手も、あなたに何かを返さなければと考えます。そのため、次に提案するお願いが通りやすくなるのです。

 

そして、譲歩した提案が、最初の提案よりも受け入れやすいところに、コントラストの原理が潜んでいます。

 

コントラストの原理とは、高い値段のものと、安い値段のものを対比させることで、高いものを安く見せる原理です。例えば、元値が10,000円のジャケットより、元値は20,000円だった商品がバーゲン中で10,000円の商品になっていた場合、より強くひきつけられてしまいます。

 

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックのなかで重要なことは、断られた後のお願いが、最初のお願いよりもきちんと譲歩され、受け入れやすいものになっていることです。前に比較対象があることで、後のお願いが比較的引き受けやすく感じるようになるのです。

 

以下、恋愛に適用する際の、具体的な例を示します。

 

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックの例

 

デートに誘うときの例として、大きなお願いをして断られた後、本命のお願いを行いましょう。

 

男性:「最近本当寒いよね、体調大丈夫? 」

 

女性:「大丈夫じゃないよー風邪引きそう」

 

男性:「確かに…あ!じゃ今度ドライブで温泉デート行こうよ!(少し冗談ぽく)」

 

女性:「えー!いやいや、すっぴん見られたくないし」

 

男性:「すっぴんでも、可愛いからそれほど変わらないでしょ!ダメかーじゃ、今度熱燗行こう!(少し本気)」

 

女性:「私、日本酒飲めないよ!お酒は好きだけどさ」

 

男性:「じゃ日本酒じゃなくて良いので、鍋でも食べながらお酒飲む?きっと温まるよ!(かなり本気)」

 

女性:「たまにはいいかもねー!行こう」

 

このような流れで誘いましょう。大事なことは、最初のデートのお願いを本気か冗談かわからない程度に言うことです。あまりに冗談では軽すぎますし、本気すぎても女性は引いてしまいます。ただ、どちらかわからないと迷うため、断って悪いという気持ちを抱いてくれます。

 

そして、断られてからがスタートです。ここから、たたみ込みましょう。理想の流れとしては、1度断られたら次は通るというものですが、実際にはそこまで簡単ではありません。

 

1度断られても、2度、3度と何度も譲歩した提案をすることで、フェイス・イン・ザ・ドア・テクニックをより強く作用させることができるのです。そして譲歩のたびに、より本気で誘うようにすると、さすがに女性も断りにくくなり最後は受け入れてくれます。

 

このような話の進め方をできる男性のことを、押しが強い男性といいます。女性に悪い、なんて思っていてはいけません。法に反することは決してしてはいけませんが、少し強引に誘ってくれる人の方に女性はついていきます。

 

なぜなら、「強引に誘われたから仕方ない」という自分への言い訳が生じるからです。あなたはこのようにドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使い、女性をデートに誘うことで、より高い確率で女性にデートを受け入れてもらえます。

 

まとめ

 

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」は、一度敢えて断れるようなお願いをして、断られた後に本命のお願いをすると受け入れてもらえやすい、というテクニックを指します。

 

このテクニックを利用すると、お願いごとを受け入れてもらえやすい理由は、裏に返報性の法則や、コントラストの原理が働いているからです。この方法を上手く利用することで、女性をデートに誘える可能性が高くなります。

 

ただ実際には、1度断られたら2度でデートの誘いを簡単に受け入れてもらえるほど、甘いものではありません。1度、2度断られても、さらに3度誘うことで上手く女性を誘うことができます。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できます。無料会員のままですぐに解約もできるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。(追伸:2018/7/31まで、今だけ有料料金が最大50%オフ中です!)

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ