30代・40代・50代男性で年齢差を求む恋活・婚活の方法

 

 

この記事を読んでいるあなたは、「30代以上の男性で、若いパートナーが欲しい男性」であるはずです。20代女性・30代女性・40代女性などと何歳の人を希望するかは人により異なりますが、ある程度の年が離れたパートナーを探していることはわかります。

 

年の離れたパートナーを見つける男性は、芸能人に多いです。我々一般人にとっては、ある芸能人のように50歳も下の女性と結婚はできません。しかし、年齢差が10歳程度であればそれほど難しいことではありません。20歳以上年の離れた女性と付き合う男性もいます。

 

実際、管理人の元カノのなかには管理人と別れた後、23歳で46歳の男性と付き合っていた人や、25歳で50歳の男性と付き合っていた人たちがいます。では、管理人の元カノたちのような、年齢差があるカップルはどのような出会いで付き合うのかを説明します。

 

年の差恋愛・年の差結婚が起こりやすい場所

 

年の差恋愛・年の差結婚につながる出会いが多い場所としては、仕事関係などがあります。男性しかいない職場に、新人の若い女性が入ってくると、年の差恋愛が起きやすいです。また取引先の相手、バイトの女性なども付き合いに発展する出会いとなります。

 

しかし、仕事関係での年の差の出会いは、どうしてもリスクが伴います。アプローチしたとき、付き合っているとき、別れたときのそれぞれで、業務に支障が出るからです。まわりの人たちも気を使い、交際がバレていないと思っているのは、本人たちだけのことが多いです。

 

そして、業務上問題があるとされると、男女のどちらかが部署異動や転勤を命じられることもあります。男性の方に妻子がいる場合は不倫となり、どちらかが仕事を辞めざるを得ないような最悪の状況に追い込まれることもあります。

 

実際管理人は、職場で10個下の女性と付き合いました。隠れて付き合っているつもりでしたが、まわりにはバレバレだったらしく、別れた後もまわりに迷惑をかけました。その女性は、職場で25歳上の男性と不倫をし、後になって会社を退職しています。

 

もっとも全く女性が入ってこない職場であれば、仕事関係の出会いの可能性はゼロです。他には、趣味で先生の立場となり女性の生徒を取る、合コンで年下の女性を後輩に連れてきてもらう、ナンパするなどがありますが、並大抵のメンタル・行動力では実行できません。

 

趣味を極めることは大変ですし、後輩・知り合いに年下の女性を紹介してもらうのはプライドが許さないはずです。また、ナンパはメンタルがないと実行できません。すると、年下の女性は「やはりオレには無理なのか」と思ってしまうかもしれません。

 

そのような方におすすめできるのが、恋活アプリ・婚活サイトを使用して女性に出会う方法です。管理人自身30代なのですが、20代前半の10歳以上年下の女性と出会えている方法です。

 

ネットで年齢差のある出会いを作る方法

 

ネットの出会いの良いところは、最初から「ある程度年の差があってもOK」と考えている女性に対し、アプローチすることができる点です。仕事関係で若い女性と出会っても、その女性がそもそも年上の男性が嫌いであれば、アプローチしても「気持ち悪い!」と思われてしまうだけです。

 

またネットの出会いでは、仮に「好きじゃない」と無視されても、2度と会わなくて良いこともメリットです。実際会わないため、後で何を言われているかはわかりません。しかし、自分に対する噂を、振られた後に聞かなくて良いのでとても気楽です。アプローチして振られた後も、堂々としていられます。

 

それでは、恋活アプリ・婚活サイトにおいて、年の差OKな女性を見つける方法を紹介します。ここでは代表的な恋活アプリとしてpairs での方法と、代表的な婚活サイトとしてブライダルネット での方法を紹介します。

 

pairsで、年の差OKな人を見つける方法は、「コミュニティ」を使用します。コミュニティとは、あなたが何に興味があるかを示す「目印」だと考えてください。

 

例えば、「料理大好き」のコミュニティに入っている場合、あなたのプロフィールを見た女性は入っているコミュニティから、あなたが料理大好きな男性だとわかります。コミュニティはいくつも入ることができ、女性とマッチングして会えている男性は平均20個のコミュニティに入っています。

 

(プロフィールとコミュニティの見え方の例・男性も同様です)

 

そしてさらに、あなたが逆に料理大好きの女性を探そうとした場合、料理大好きのコミュニティを検索し、そこに入っている女性のなかから、気になる女性にいいね! をしてアプローチすることができます。

 

ではどのようにして検索するかというと、「コミュニティ」のページに検索欄があるので、この欄に自分の意図するコミュニティを入力すれば検索できます。

 

 

この記事で示す「年齢差のある出会いがOKな女性」を探す場合は、検索で「年上」などと検索すると、「10歳以上年上でもいい。むしろ上がいい」「年上の男性が好き!」というコミュニティを表示させることができます。

 

このようなコミュニティに入っている女性は、「私は年上の男性に興味があります」という目印をつけているようなものです。やみくもにアプローチするよりも、確実にマッチング率は高くなるので、年の差恋愛・年の差婚を狙う人はぜひ使用してみましょう。

 


 

次に、ブライダルネットのような婚活サイトでの方法を説明します。婚活サイトのブライダルネットでは、pairsと同じような機能はありませんが、女性が自分のプロフィールに何歳までの相手を希望するか、ということが明記可能となっています。

 

 

この項目は、女性のプロフィールを個別に開いて、初めて確認することができるものです。そのため、どうしても地道に一人一人回らなくてはいけないのがネックです。ただ、このような希望年齢の記載を参考にすると、無駄なアプローチすることを避けることができます。

 

ある20代女性に対するアンケートのなかに、恋愛対象となる男性の年齢が10歳年上でもOKは36.5%、15歳年上でもOKは12.5%という結果があり、ある程度年上が好きな人はいます。ただ、忘れてはいけないのは、年上がどうしてもNGな人もいることです。

 

現実は現実としてとらえ、少しでも無視されずアプローチが成功するように、まずは女性のプロフィールをきちんとチェックしましょう。そして、自分がNGとならない女性に対してアプローチすると、マッチングする確率が高くなります。

 


 

まとめ

 

年の差恋愛・年の差婚を求める30代・40代・50代の男性は多いです。実際芸能人では年の差があっても、付き合っている人や結婚している人が多く、男性の憧れでもあります。しかし、一般人における年齢差のある出会いは仕事関係くらいしかチャンスがない人がほとんどです。

 

仕事関係の出会いはアプローチするときも、付き合ったときも、別れたときまでもリスクがあります。だからといって、趣味・合コン・ナンパなどで出会いを作るのは大変です。そのような人におすすめなのが、後腐れなく振られても問題ない、ネット恋活・ネット婚活です。

 

pairsでは「コミュニティ」機能を利用して、年齢差OKのコミュニティに入っている女性にアプローチしましょう。また、ブライダルネットでは相手のプロフィールをきちんと読み、「お相手の希望年齢」をきちんと確認してからアプローチすることで、マッチングの可能性が高くなります。

 


彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ