ことわざ「情けは人のためならず」の実践で出会いが増える理由

「情けは人のためならず」ということわざの、本当の意味を知っていますか。多くの人が勘違いしますが、「情けをかけるのはその人のためにならない」と言う意味ではありません。

 

このことわざの意味を正しく理解し、行動することによって、確実にあなたの出会いのチャンスが増えます。ここでは、情けは人のためならずの本当の意味と、このことわざに基づき行動することで、なぜ出会いが増えるのかについて説明します。

 

「情けは人のためならず」の意味と、あなたに出会いが増える理由

 

情けは人のためならずの意味は、「情けをかけるのはその人のためではなく、めぐりめぐって自分に返ってくるため、人には親切にしよう」、というものです。あなたは、このことわざを参考に、まわりの人に親切にすることで出会いのチャンスが増えます。その理由は3つあります。

 

・第1に、人に配慮するクセがつき、女性にモテる

 

・第2に、出会いを運んできてくれる

 

・第3に、困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる

 

以下、詳細に説明します。

 

人に配慮するクセがつき、女性にモテる

 

日ごろから人に優しく接するようにすると、いざあなたが女性とデートするときに、自然とその女性に対して配慮した行動をすることができます。日ごろからしている行動であるため、無理をせず、自分の行動にストレスがないのです。

 

レディーファーストの精神を持って行動するイタリア人男性はモテます。彼らは日ごろからレディーファーストを貫いているため、私たち日本人が恥ずかしいと思う口説き方を堂々と行えるのです。そのまま行動を真似することは難しいですが、常に女性に優しくする思考は参考になります。

 

ここで大事なことは、若い女性だけでなく、どの年代の女性にも、そして男性にも優しく接することです。恋愛・婚活において、20代・30代の女性と接することが多いと思いますが、それ以外の女性にも常日ごろから優しくすることが大事です。

 

理由は2つあります。1つ目は、人を限定しないため、機会が多いことです。若い女性にだけ優しくしようとしても、まわりに女性がいないと、なかなか行動する機会がありません。そのため、人を限定することなく、誰に対しても優しく行動しましょう。

 

2つ目は、あなたが女性とデートする際に、相手の女性はあなたが他の人に接するときの態度を見ているからです。何気ない人への接し方に、男性の本質が出ることを女性はわかっています。そのとき、自然と他の人に優しく接することができるように、日ごろから練習しましょう。

 

出会いを運んできてくれる

 

まわりの人に親切に接していると、あなたは好意を持たれます。そうすると、そういった好意を持ってくれた方が、あなたを幸せにしようと行動してくれます。あなたに対して、「いつも紳士的な人なのに、独身なんだ……それなら●●さんを紹介したいな 」と思ってくれるのです。

 

1つの例として、私はまわりの独身の男性に対して、女性を紹介することを心がけて行動し続けてきました。結果として、逆に女性を紹介してもらう機会もたくさんあります。

 

ただ、大事なことは、いつか返ってくるから優しくするんだ、などと考えて、恩着せがましい行動を取らないことです。あくまでも行動するときは、その人のためになる、と心から思って行動することが大事です。

 

そうでないと、1つ1つの行動に対して、相手に具体的なリターンを求めるようになってしまいます。「私はこれをする、だからあなたはこれをしてね」といった思考は一見合理的です。ただ、相手を強引に行動させるため、行動していると思われると、あなたは全く好かれません。

 

具体的なリターンがなくても、あなたは人に優しくすること、それ自体で成長できているのです。具体的なリターンは返ってきたらラッキー、くらいに思っておきましょう。

 

困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる

 

恋愛・婚活は、1人でできることではありません。最初から行動が全て上手くいき、失敗なくゴールにたどり着ける可能性は、限りなくゼロに近いです。どんなに美男美女であっても、つまづきながら前に進みます。それが普通の男女であれば、さらにつまづくことは多いです。

 

つまづいたときに助けてくれるのが、あなたのまわりにいる人です。常日ごろから、あなたが親切にしてくれることをわかってくれている人は、あなたの話をきちんと聞いてくれます。そして、時折アドバイスをもらえることもできます。

 

すると、あなたはまた立ちあがって前に進める力を持つことができます。人は人に話を聞いてもらうことで、自分の考えを整理することができるためです。そして、自分で導き出した結果、どうしたいかという意志が生まれ、行動できるのです。

 

ただし、大事なことは、人が何とか助けてくれるとは思わないことです。あくまでも自分で考えて行動しなければ、あなたは成長できません。あくまでも自分で考え、ときに助けてもらうといった行動をすることで、あなたの恋愛力・婚活力は向上します。

 

まとめ

 

「情けは人のためならず」ということわざの意味は、「情けはその人のためではなく、めぐりめぐって自分に返ってくるため、人には親切にしよう」というものです。あなたは、この考えに基づき行動することで、出会いのチャンスが増えます。

 

その理由は、「人に配慮するクセがつき、女性にモテる」「出会いを運んできてくれる」「困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる」の3つです。

 

特に大事なポイントは、人に親切な行動をしていることで、すでに自分にプラスになっていることを忘れないことです。具体的なリターンを求めようとすると嫌われるので、注意して行動しましょう。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ