「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる

学生時代に新しいクラスになったとき、あなたはどの人と最初に仲良くなったか覚えていますか。おそらくは、自分の席の回りの人から仲良くなっていった可能性が高いです。

 

その行動には心理学で言う、「近接性の要因」が働いています。ここでは、近接性の要因について説明した上で、出会いの場でこの心理を有効に利用する方法についてお話します。

 

近くの人とは仲良くなりやすい

 

「近接性の要因」とは、人は近い距離にいる人に対して、好意的になりやすい心理があることを指します。学校や会社で席が近い人に対しては、このような心理が働くため仲良くなりやすいのです。

 

そして席が近いために、意図しなくても毎日接触して言葉を交わします。すると、何度も接触する人に対して好意を抱く、「ザイオンス効果」も同時に働くため、仲がさらに深まりやすいのです。

 

ただ、最終的には人は似ている人同士で集まりやすいという「類似性の法則」が働きます。そのため、近い人たちよりも、少しだけ遠くても自分と趣味・嗜好が似ている人たちとくっつくようになります。

 

この現象に関しても、学校や会社でも同じです。近い席の人とも当然話しますが、それより仲の良いサークルや部活の人、もしくは趣味が一緒で週末遊ぶような関係の人たちと一緒にいるようになります。

 

ただし、出会いの初期ではそこまで情報共有が進まないため、出会いの場では近接性の要因を上手く使って、近くにいる人たちと仲良くなることが大事です。以下、出会いの場でどのように近接性の要因を使うか説明します。

 

出会いの場における近接性の要因

 

出会いの場においても、近接性の要因を使って女性と仲良くなることができます。使用できるのは、結婚式の二次会、お見合いパーティー、合コンなどです。

 

・結婚式の二次会

 

結婚式の二次会は、立食パーティーであれ、着席式のパーティーであれ、多くの場合席が決まっていません。そのため、あなたが気になった女性がいるのであれば、会場についたら頃合を見て、その女性のグループがいるテーブルの近くに移動するようにしましょう。

 

なぜかと言うと、着席式のパーティーで席についてしまうと、なかなか動くチャンスがなく、近似性の要因を発揮する機会が回ってくることがないからです。最初から、さりげなく近くの席に移動しておくことが大事です。

 

その上で、その女性のいるグループに話しかけるのです。話題は結婚する人たちとはどんな関係かではじまり、新郎新婦の話を一通りした後で、雑談、お互いの話といった流れで進めていくことが良いでしょう。アルコールが入っていると、多少恥ずかしくても会話に入っていけます。

 

そして、余程ひどい絡み方をしないかぎりは、相手の女性グループも無視はしません。それは、あなたが新郎新婦の友人であり、「たまたま」隣にいた人だからです。隣の席だからという理由で、話しかけたと思ってもらえます。ただ、嫌そうにされたらすぐやめましょう。新郎新婦にも迷惑です。

 

・お見合いパーティー、合コン

 

お見合いパーティーや合コンでは自分で席を選ぶことはできません。ただ、近似性の要因を用いて、女性と仲良くなることはできます。

 

お見合いパーティーでは、最初の席で近くに座った人は、一周席替えをしてきたらまた出会って話せます。また、合コンにおいて1次会で最初に近くに座った人は、席替えまで一緒であり、その日一番話すことが多くなります。

 

そのため、近接性の要因とザイオンス効果が同時に働き、仲良くなりやすいのです。もし、まだ女性に慣れていない段階で、少しでも結果を残したいと考えるのであれば、お見合いパーティーや合コンでは、まずは最初の席で近くの人から攻めることを心がけましょう。

 

まとめ

 

学校や会社など、新しい環境に飛び込んで行った場合に、多くの人が最初に仲良くなるのは近くの席の人です。そこには心理学の「近接性の要因」が働いています。

 

近接性の要因とは、人は近くの人に対して、好意の感情を抱きやすいという心理を指します。また、近いために何度も接触するため、ザイオンス効果も働くため、さらに仲良くなりやすいのです。

 

結婚式の2次会では、自分から席を選べるところが多いため、頃合を見計らって、気になる子の近くに移動し、同じテーブルの近くの席に最初から陣取りましょう。また、お見合いパーティーや合コンでも、最初に近くに座った人は仲良くなりやすいことを覚えておいてください。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ