「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす

もう少しだけお金を投資すれば上手くいくのではないか、もう少しだけ時間をかければ成功するのではないかと考え、踏ん切りをつけられずにずるずる行動してしまうことはありませんか。このような状態のことを「コンコルド効果」といいます。

 

ここでは、コンコルド効果について説明した上で、恋愛の出会いにおいて気をつけるべきコンコルド効果について説明します。

 

コンコルド効果の意味

 

「コンコルド効果」とは、ある対象に対して、金銭的投資・時間的投資・精神的投資の継続がさらなる損失を生むことが予想できたとしても、その行動を続けてしまう心理状態のことを指します。

 

コンコルド効果は、今までにしてきた行動(投資)をもったいないと思ってしまうことから発生するものです。そのため、物心のついていない子供にはなく、大人だけに発生する心理状態だとされています。

 

由来は、20世紀に開発が始まった超音速の旅客機であるコンコルドです。

 

コンコルドは開発当初から、定員の少なさ、燃費の悪さから、採算性に問題が存在しました。ただし、膨大な開発費をつぎこんでしまった結果、後戻りできなくなってしまい、赤字が増大していきました。そして最終的に、1兆円を超える赤字を出し、商業的に失敗したとされています。

 

日常生活のなかでは、行列に1度並んだときやギャンブルで負けている際にコンコルド効果は発生します。並びだしたら途中で抜けられない心理状態、損を取り返すまではやめられない心理状態は、コンコルド効果といえるものです。

 

このコンコルド効果は、恋愛においても存在します。以下、恋愛における出会いのときに生じるコンコルド効果についてお話します。

 

恋愛の出会い時に生じるコンコルド効果

 

恋愛においても、お金や時間、精神を使うため、コンコルド効果は生じます。ネットで出会いを探すとき、女性と出会って付き合う前にデートをするときなどに、コンコルド効果が発生します。

 

・ネットで出会いを探すとき

 

ネット恋愛・婚活をする上で、「他サイト誘導業者」という業者が恋活アプリ・婚活サイトに潜んでいることがあります。その業者は、恋活アプリ・婚活サイトから、自分の有するサイトに相手の男性を言葉巧みに誘導させ、そのサイト内でやり取りをさせようとします。

 

誘導後のサイトでは、ポイントが超高額となっており、メール1通1000円以上するところもあります。そして、「あともう少ししたら携帯が直るから、直接やり取りできる」「私が後でお金を払うから立て替えて」と言い、誘導後のサイトでポイントを買わせようとします。

 

この際、業者は可愛い女性の写真を使って、熱心に男性とメールする振りをします。多くのメールはコピペである場合が多いのですが、見破れない場合、この女性は本当に自分のことを愛してくれていると錯覚してしまいます。

 

その結果、相手を信じてしまい、口車に乗ってしまうのです。今までに費やしたメール時間をもったいないと感じて、サイト誘導にのり、高額なポイントも買ってしまい、どんどん引き下がれなくなっていきます。

 

・付き合う前にデートするとき

 

世の中には、「わがまま」「自己中」な女性が存在します。そのような女性は、意識的、もしくは無意識に男性の心を上手く利用しようとします。

 

「●●を買ってくれたら好きになっちゃうかも」「××をしてくれる人ってすごく男らしいと思う」などと言って、あなたに都合よく動いてもらおうとするのです。男性は基本的に、女性に頼られることが好きです。加えて、自分が好きな女性に言われたらNOとは言えません。

 

結果、女性の言うとおりに行動してしまいます。お金は減り、時間はかかり、精神的に参ってしまいます。でも、もう少し頑張れば付き合えると思って、どんどん損失が大きくなるのです。ただ、このような女性が男性と付き合う気がないことは客観的に見れば明白です。

 

ただ、当の本人はコンコルド効果が働いており、まわりが見えません。これがキャバクラだと、お気に入りのキャバクラ嬢に彼氏がいることに激怒し、「オレが今までにいくら払ったと思ってるんだ! 」と怒鳴ってしまうのです。大きな損失をかかえてやっと目が覚めるのです。

 

コンコルド効果から抜け出すために

 

あなたが出会った女性に対して、お金・時間・精神を多額に投資した結果、後には引けないとなっている状態だとします。

 

そのとき、あなたがすべきことは、相手の女性から物理的に離れることです。業者であろうと、一般の女性であろうと、そのような人間はあなたを都合よく利用するだけ利用しようとします。そのため、あなたに冷静に考えさせないようにするため、頻繁に連絡を取ってきます。

 

すると、どうしても冷静に考えることができず、相手の思うツボです。そのため、絶対に連絡を返さないこと、連絡自体見ないことで、少しずつ冷静になって考えたり、回りのアドバイスに耳を傾けたりすることができるのです。まずは相手から離れることから始めましょう。

 

そして、冷静に考えるときに大事なことは、今までの損失のことを考えないことです。今後、同じ行動を取り続けた結果、自分にとって本当に有益なのかどうかを、今一度冷静に考えて行動を決定してください。

 

まとめ

 

「コンコルド効果」とは、お金や時間、精神を一定以上ある対象に費やしてしまうと、それ以上の行動が損失を生むことがわかっていても、引くに引けない心理状態のことを指します。

 

恋愛の出会いにおいても、業者が他サイトに誘導してきたり、ひどい女性がたくさんのおねだりをしてきたりすることで、あなたがコンコルド効果の心理状態となることはあります。

 

そのようなときに大事なことは、相手の女性から物理的に接触をなくすことです。一度冷静になり、今までの損失はないものと考えて、今後有益な行動はどうするべきかを考えることが大事です。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ