「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす

あなたのまわりに、「なんでこの人がこんなにモテるの? 」という男性はいませんか。この人がモテる理由が全くわからないと言われるような人でも、なかには女性の前で上手に「ゲイン・ロス効果」を使用している人がいます。

 

このページではゲイン・ロス効果の説明をした上で、あなたが実践する場合の注意点と、ポイントなどについて説明します。

 

恋愛におけるゲイン・ロス効果

 

「ゲイン・ロス効果」とは、人の心は変化の大きさに過敏に反応する、という心理効果です。第1印象と違う行動を取ることによって、その行動による相手への印象付けを鮮明にすることができます。

 

ゲイン(得る)は、第1印象が悪くても、良い印象となる行動を取ることで、相手の印象をとても良いものにします。ロス(失う)はその逆で、第1印象が良い分、悪い行動を取ると、相手の印象はより悪くなるというものです。それから成り立つ言葉が、ゲイン・ロス効果です。

 

ゲイン・ロス効果は、俗に言う「ギャップ」です。はた目から見て、そんなにモテそうにないなと思われる人が実はモテるのは、ギャップを上手く用いている可能性が高いです。

 

そのなかでも「ツンデレ」は代表的なギャップの使い手です。ぱっと見て、すごく冷たくてクールな女性が、自分の前でだけ甘えん坊だったりすると、ギャップが非常に大きいため、男性の心は非常に揺さぶられます。相手の心にもたらす変化が大きいため、ツンデレはモテるのです。

 

ただギャップを使いこなせるのは、女性だけではありません。男性でもギャップを使いこなすことは可能です。

 

ギャップを使いこなすための注意点

 

ギャップを使いこなすためには、2種類の方法があります。

 

・第1に、特定の人にだけいつもと違う自分を見せる

 

・第2に、同じ人に対しても言葉と行動でギャップをつける

 

ただし、どちらにしても変化を見せる前の印象が存在します。ギャップを使いこなすために大事なことは、第1印象を悪くさせすぎない、ことです。第1印象はその後の関係に、大きな影響を及ぼす大事な印象だからです。

 

もしあなたが、第1印象を悪くさせておいて、後から素敵な行動を取ることでギャップを生じさせ、ゲイン・ロス効果を使おうと考えているとします。ただしその際、第1印象が悪すぎると、後で素敵な行動を女性に対して取る機会する作ることができないのです。

 

ゲイン・ロス効果の大きさは、ツンデレの女性が示すギャップにより、多くの男性が納得できると思います。ただ、それを狙いすぎて、第1印象が悪すぎて次の行動に移せないというのは、本末転倒のため、注意してください。

 

特定の人にだけいつもと違う自分を見せる

 

実際、ツンデレの女性というのは、いつもクールだったりサバサバしていたりしますが、だからと言って人から嫌われているわけではありません。恋愛に対していつもは興味なさそうというのは、そこまで悪い印象ではないことに注意しましょう。

 

その上で、かわいらしい女性の反応をするからモテるのです。男性も、一般には嫌われない程度の印象を与えた上で、特定の女性にだけ違う顔を見せてギャップを作りましょう。

 

例としては、合コンでいじられキャラだった人が、女性と2人で話すときはしっかりとリードしてくれる、というものがあります。他にも、無口な男性、暗い感じの男性が、特定の女性の前ではよく話す、というのもギャップの1つです。

 

ただ、ギャップを使いこなすためには、人間力があることが前提です。印象の悪い面を先に出して、そこから良い行動をしようと思っても、人間力がなく行動できなければ、ギャップを生じさせることができないからです。日ごろから、自己啓発をして人間力を身につけましょう。

 

言葉と行動でギャップをつける

 

同じ人に対しても、ギャップをつける行動として、言葉と行動でギャップをつけるというものがあります。これは、口で厳しいことを言っておきながら、行動では優しいことをする、というものです。

 

ツンデレの女性は、「大嫌い! 」と常に彼氏に言いながら、ときどき彼氏を抱きしめます。このような言葉と行動のギャップに男性は心奪われてしまいます。

 

男性で同じことを行おうとしたら、いつもは厳しいことを言う、もしくは女性をいじりまくる男性が、時々甘えたり、優しくしたり、プレゼントを買ってあげたりすることなどで、ギャップを作ることができます。

 

ただ、注意すべきは、女性は男性と異なり、言葉で頻繁に愛情を伝えてもらうことが好きなことです。男性は1度褒めてもらえば忘れないため満足しますが、女性は何度褒めても満足せず、毎日でも褒めてもらいたいと思うのです。そのため、いつも厳しくしすぎると、優しさを出す頃には嫌われていることもあるため、やりすぎは注意です。

 

まとめ

 

ゲイン・ロス効果は、人の心は変化の大きさに過敏に反応する、という心理効果を指します。第1印象とは、違う行動を取り続けることで、行動によりギャップが生まれて、相手に付けられる印象がより鮮明になります。

 

ゲイン・ロス効果を効果的に使っている典型例が、ツンデレの女性です。ツンデレの女性は、特定の人のみに甘えたり、言葉と行動で違うことをしたりしてギャップをつけ、ゲイン・ロス効果を最大限使っているためにモテるのです。

 

ツンデレの女性を見習い、男性がゲイン・ロス効果を使う際には、印象をよくするための人間力を日ごろから鍛えておくことです。そしてギャップを狙い女性にクールにふるまう際には、女性は言葉で愛情表現を頻繁にされたい、ということに気をつけて行動してください。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ