心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する

自分の付き合いたい女性に好かれようとして、女性を褒めようと思っても、どこを褒めたら良いかわからずに困ることがあります。そのようなときに応用可能なのが「ジョハリの窓」の考え方です。

 

このページでは「ジョハリの窓」を知り、女性を褒めるときにどのようにして応用すべきかの説明をします。

 

ジョハリの窓を知る

 

自分は知っている

自分は知らない

皆は

知っている

1. 開放の窓

(自分も皆も知っている自分)

2. 盲点の窓

(自分は知らない皆が知っている自分)

皆は

知らない

3. 秘密の窓

(自分だけが知っている自分)

4. 未知の窓

(誰も知らない自分)

 

「ジョハリの窓」とは、自己を、自分が知っているか・知らないか、他人が知っているか・知らないかの組み合わせで4つに分類したモデルです。これは心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリー・インガム氏が発表した、対人関係の気づきのモデルです。

 

このモデルを理解しておくことで、相手との円滑なコミュニケーションが可能になるとされています。4つの分類とは以下です。

 

1. 自分もみんなも知っている「開放の窓」

 

2. 自分は知らない、みんなは知っている「盲点の窓」

 

3. 自分だけが知っていて、皆は知らない「秘密の窓」

 

4. 誰も知らない「未知の窓」

 

このうち、女性に対して褒めることができるのは、1の開放の窓か、2の盲点の窓の領域のどちらかです。結論としては、盲点の窓を褒めることが特に大事です。以下、詳細に説明していきます。

 

盲点の窓を褒める

 

なぜ、盲点の窓を褒めるべきかと言うと、自分が知らないところに関して、自分にそのようなところがあるとは知らなかった、と驚くと「自己拡大」が生じるからです。自己拡大は嬉しいものであるため、自己拡大してくれた相手に対して、人は親愛の気持ちを抱きます。

 

そのため、あなたが女性に対してすべきは、女性が自分自身で知らないであろう一面を褒めていくことなのです。

 

あなたが褒めるべきは、女性が無意識に自然と行っている行動です。そこに対して、それを行っているという内面に関しても褒めましょう。例えば、同僚の女性と食事に行った帰りに、以下のように褒めるなどがあります。

 

あなた:「●●ちゃんって、いつも後輩に声かけて気づかってるし、面倒な雑務も嫌な顔せず引き受けてるし、本当すごいと思う。すごく気配りができる女性なんだなと思うよ」

 

このように自分では何とも思っておらず、自然に行っていたことを誰かに声にして言ってもらえるのは嬉しいものです。例を見習って、女性の行動と、そこから派生した性格を褒めてみましょう。

 

開放の窓を褒める

 

モテる女性に対して、「綺麗ですね! 」と褒めても、「ありがとう」と言われて流されるだけです。それは褒めるあなたも、褒められる女性も知っている、開放の窓の部分であるからです。

 

綺麗な女性は、みんなから綺麗・可愛いと言われているため、その言葉を何度言われても、何とも思わないのです。これはすでに自分が知っている情報を、再度知るという「自己確認」であるからです。そのため、綺麗な人に対して外見を褒めても大して響かないのです。

 

ただ、外見全てを褒めても意味がない、というわけではありません。きちんと、細かいところまで褒めると意味があります。例えば容姿で言えば、単純に「可愛い」と表現されるよりも、「笑顔がすごく可愛い」と言われた方が、女性は嬉しく感じるものです。

 

さらに、容姿について褒める以上に、女性が努力しているところについて褒めると効果的です。

 

例えば、髪が綺麗、爪(ネイル)が綺麗、洋服がオシャレなどです。綺麗な女性であっても、さらにモテるために努力していることを忘れてはいけません。細かいところにまで目を向ける男性は少ないため、そこを褒める人は一目置かれる可能性が高いのです。

 

このように、もし外見のような開放の窓を褒める際には、女性が努力していそうな点に絞って褒めると効果的です。

 

まとめ

 

ジョハリの窓とは、自己を自分が知っている・知らない、相手が知っている・知らないで分類した4つのモデルを指しています。このモデルを理解して、きちんと考えて褒めることで、女性に好印象を与えます。

 

特に意識して褒めるべきは、「盲点の窓」です。女性が知らず、あなただけが知っているところを褒めると、女性はあなたに対して特別な感情を抱くのです。女性の何気ない行動・意識してない行動を褒めると良いでしょう。

 

外見に関して褒めるときは、女性が努力している箇所にフォーカスしましょう。可愛い女性に可愛いといっても効果は低いです。ただ、そのような可愛い女性でも、努力しているところを褒められると、嬉しいものだということを覚えておき、実践してみましょう。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ