心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす

先生が生徒に対して「君たちはできる! 」と言い続けている光景は多いです。会社でも新人教育研修で、「今年の新人はみな優秀だから期待している」ということもよくあります。

 

なぜ、教育する側がこのようなことをしているかというと、「ピグマリオン効果」を期待して行動しているからです。ここではピグマリオン効果について説明した上で、恋愛についてどのように生かすかの説明をします。

 

教育の場で使われるピグマリオン効果

 

「ピグマリオン効果」とは、人は他人から期待されるほど、より高い成果を出すことができるという効果を指します。これは教育心理学の1つであり、上記のとおり教育の場で多用されています。

 

これは、1960年代に教育心理学者ローゼンタール氏が行った実験に由来するものです。そのため、ローゼンタール効果とも呼ばれています。

 

ローゼンタール氏が行った実験は、ある小学校において知能テストを行い、テスト結果を学校の担任に渡して、今後伸びてくる子供を伝えるというものです。ただ、テストの点数には意味はなく、伸びてくるとされた子は無作為に選ばれました。

 

その後の結果は、無作為に選ばれたはずの生徒が、実際に成績が向上していきました。担任が成績が伸びてくるとされた生徒へ抱いた期待が、そのまま対象の生徒に伝わり、成績が伸びたとされています。

 

実際、このように期待されると、「自分もできるかもしれない」と思って頑張る人は多いです。勉強・仕事・趣味といった色々なところで、他人の期待にこたえようとして、頑張ることで成果をあげる人がいます。

 

ただし、ピグマリオン効果と逆の効果も存在します。それが「ゴーレム効果」です。ピグマリオン効果が相手への期待を持ち続けることに対して、ゴーレム効果は相手に対して批判的な態度を取ってしまうことで生じます。

 

「お前はなんでできないんだ! 」と批判され続けていると、人は期待以下の成果しか残すことができません。批判するのは簡単ですが、成果を出させるためにはきちんと相手をほめることが大事なのです。

 

恋愛におけるピグマリオン効果

 

ピグマリオン効果を恋愛の場で使うときには、カップルの仲を良くするために使いましょう。きちんとした関係が成り立っていないのに、相手から期待をされたとしても、なんで言われなきゃいけないんだろうと疑問に思い、相手が動くことはないからです。

 

元々違う人間であるのに加え、育ってきた環境が異なるため、カップルの価値観は全く一緒であることは絶対にありません。そのため、自分が変わり、相手も変わり、歩み寄る必要があります。

 

相手との歩み寄りのなかで、お互いの考え・行動をどのように変えていくかを話し合うことは大事です。そして、話し合って決めたことに対して、きちんと努力して達成することが重要です。

 

そのとき、相手に自分の意に沿った変化を期待したいときには、「大丈夫、あなたはきっとできる! 」と伝えてあげましょう。

 

例えば、相手の女性が禁煙や禁酒をするとします。そういった時、最初から成功できる人は少ないです。ただ、失敗してしまったからと言って相手を批判してはいけません。批判すると、ゴーレム効果が働き、目標を達成するのがさらに困難になるからです。

 

失敗したとしても、実行しようとした意志や少しの成果にクローズアップすることで、相手を褒めましょう。そういった良い点があるのだから、あなたはきっとできると伝えることで、相手はあなたの期待に応えようとして変化していきます。

 

まとめ

 

「ピグマリオン効果」は、教育心理学の1つであり、人は他人から期待されるほど、より高い成果を残すことができるというものです。

 

逆に「ゴーレム効果」もあり、期待されなかったり、批判的なことを伝えられたりすると、人は成果を残すことができなくなる傾向があります。

 

恋愛においては、カップル間でピグマリオン効果を期待できます。相手が性格・行動を変えようとしているときなど、失敗しても批判してはいけません。頑張ろうとした過程や成果に着目し、ほめることでパートナーは少しずつ変わっていくことができます。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ