「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する

好みの女性と知り合うことができた、デートすることができた、でも何度目のデートで告白したら良いのかわからない、と嘆く人は多いです。告白は、早すぎると女性の気持ちが固まっておらず、遅すぎると友達止まりの扱いをされ振られてしまうからです。

 

そのため告白は、出会ってから早すぎず遅すぎない、3回目のデートが基本です。これは、心理学の「スリーセット理論」に基づいています。ここでは、スリーセット理論の説明をした上で、告白までの道筋を説明します。

 

3回目のデートまでに印象が決定する

 

「スリーセット理論」とは、人は会ってから3回目までにその人の印象を決定づけ、印象が固定された後は変化しない、という理論です。スリーセット理論では、以下のように印象が決定付けられるとされています。

 

・1回目のデート:主に見た目によって、第一印象が決定付けられる

 

・2回目のデート:初見での第一印象を再評価する

 

・3回目のデート:再評価した印象を確認し、固定する

 

3回目のデートにおいて、相手の自分に対する印象が固定されるため、それ以上デートを重ねても印象をくつがえすことは難しいとされています。そのため2回目のデートまでに、相手に好印象を与えておき、3回目のデートで告白すれば成功する可能性が高いです。

 

ただし、絶対に3回目というわけではありません。人によって慎重さの度合いは異なるため、2回目のデートであっても4回目のデートであっても、付き合うことができる可能性はあります。あくまでも、3回目のデートで告白、というのは基本であることを覚えていて下さい。

 

1回目のデート

 

第一印象は、見た目で決定される可能性が高いです。ただし見た目といっても、顔の作りだけではありません。

 

コミュニケーションにおいては、言葉という言語情報と、ボディランゲージ・表情・声のトーンなどの非言語情報があります。見た目というのは、この非言語情報にあたります。第一印象は、非言語情報である見た目で決定される可能性が非常に高いのです。

 

これは「メラビアンの法則」と呼ばれるものです。相手に与える印象は、メッセージ内容以上に、メッセージを発信したときの表情や話し方の影響度が高いと言われています。少しでも良い第一印象を与えるため、落ち着いて、堂々と女性と接するように心がけましょう。

 

2回目のデート

 

女性は、2回目のデートであなたの言動・行動を観察することで、最初につけた印象を再評価します。そのため、1回目のデートで「あまり印象が良くなかったかも……」と落ち込まずに、何とか2回目のデートに持ち込めば印象を変えられる可能性があります。

 

そこで大事なのが、「ギャップ」です。1回目と異なるデートで、違うあなたを見せることで印象をがらっと変えましょう。例えば、「いつもは自信がない感じだが、カラオケでは実はすごく歌がうまい」とか、「いじられキャラだが、実はデートですごくリードしてくれる」などです。

 

初回のデートで切られてしまうほど印象が悪くなければ、ギャップを用いることで逆転は可能です。そして、2回目のデートでくつがえせなければ、それ以上の発展は望めません。そのため、覚悟を持って頑張りましょう。

 

3回目のデート

 

2回目のデートまでに印象が固まっているため、最後は告白のときです。3回目のデートまでに、あなたへの印象は決まっている可能性は高いです。3回目のデートを設けられたら、チャンスは十分にあるので告白をしましょう。

 

ただ、優柔不断な女性については、「男として見ることができるかわからないが、とりあえず一緒に遊びたい」と考えて、デートの誘いに応じてくるケースもあるので注意してください。

 

ここで大事なポイントは、告白は今までのデートの確認作業だということです。告白を凝っても、劇的に女性からの印象は変わりません。単に「好きだ、付き合ってほしい」でOKなこともあれば、有名なデートスポットで、花束を持って愛を叫んでも女性に振られることもあります。

 

そのため、告白で凝ることは男性の自己満足で終わる可能性が高いのです。告白を凝ることを考える前に、初回のデート、2回目のデートを凝るようにしましょう。

 

まとめ

 

何度目のデートで告白してよいかわからず、悩む男性は多いです。そのような男性は、早すぎず遅すぎない3回目のデートで女性に告白してみましょう。これは「スリーセット理論」に基づくものです。

 

スリーセット理論では、「主に見た目によって、第一印象が決定付けられる」「初見での第一印象を、再評価する」「再評価した印象を確認し、固定する」という三段階となっており、その後に印象が変わる可能性はとても低いとされています。

 

もちろん、女性のなかには3回目のデートまでに気持ちが固まらない人もいます。そのため、もう少し待って欲しいと言われたら、素直に待つことも大事です。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ