pairs成功談:いいね1000大学生と5日で出会い、彼女へ

 

 

pairsは、一般的に婚活サイトと呼ばれるもののなかで、若い女性が多いことが特徴の1つです。管理人がプロフィール検索結果を利用して調べたところ、登録している女性の6割は20代の女性です。

 

pairsで20代の女性と会うことは、それほど難しいことではありません。しかし20代後半の女性と比較して、20代前半の若い女性の競争率は高く、会うことは困難です。とりわけ、いいね! 数が非常に多い、写真が可愛い女性にはなかなか会うことができません。

 

そのなかで、管理人は900いいね! をもらっている22歳の童顔女子大学生(以下、童顔女子大生)と知り合ってから5日間で会ったことがあります。そして、その後付き合うことになりました。付き合うときには童顔女子大生のいいね! は1000を超えていました。

 

ただ、多くの男性が女性に会うことに失敗してしまう原因の1つが、早く会おうとすることです。今回のように、知り合ってから1週間以内に会えることは多くありません。そのため、マッチングしたからといって、すぐに会おうとするのは女性にガツガツしてると思われて、嫌われます。

 

あまり早く会おうとせず、結果的にすぐに会えることを目指すようにし、女性に「早く会おうとしてくる、ガツガツした男」と思われないように気をつけましょう。

 

なお、本記事は2部構成で示しています。

 

・ 知り合ってから1回目のデートを終えるまで

 

・ 2回目のデートから付き合うまで

 

以下、具体的な内容を記していきます。

 

いいね! 数900を超える22歳の童顔女子大生との出会い

 

管理人が22歳の童顔女子大生を見つけたのは、「プロフィール検索」です。そのときは、管理人はpairsの「プレミアム会員」になっていたため、プロフィール検索結果をいいね! 数順に見た結果、900いいね! 以上をもらっている童顔女性で可愛かったため気になりました。

 

ただ、いいね! 数が多い女性にいいね! をするときは、以下のことに注意しましょう。

 

・ 可愛い女性の写真を使用している業者の可能性がある

 

・ 写真を盛りすぎているために、過大評価されている可能性がある

 

・ 男性からアプローチが多いため、ライバルが多くてマッチングしない可能性が高い

 

プロフィールに「メッセ好き」のマークはありましたが、人気女性である高いためマッチングする可能性は低いです。しかしなんとかマッチングするために、いいね! の際にメッセージも付けることでマッチング率を上げる「メッセージ付きいいね!」を用いました。

 

 

なお、メッセ好きとは、一定期間内に男性と一定量以上メッセージしている女性にだけ表示されるマークです。きちんと活動している女性の証であり、マッチングする可能性が高い女性だとされています。メッセ好きについてさらに調べようと問い合わせたのですが、「詳細は公開していない」とのことでした。

 

童顔女子大生にメッセージ付きいいね! を送った結果ですが、意外にも「いいね! ありがとう」が返ってきてマッチングした状態となります。そして、このときに童顔女子大生とは仲良くなれそうだという予感がしました。

 

メッセージ交換3日間

 

なぜ、管理人が童顔女子大生と仲良くなれそうだと感じたかと言うと、マッチングした後で童顔女子大生の方からメッセージを送ってきてくれたからです。

 

メッセージ付きいいね! を男性が女性にしてマッチングすると、初回のメッセージは既に男性から女性に渡された状態となっています。そのため、本来マッチング後は女性から男性にメッセージが返信されるのが普通の流れなのですが、実際はそうなりません。

 

男性としては、2回連続で自分のメッセージを女性に打たなければならないケースが多いです。ただ、女性のなかにはメッセージ付きいいね! をしてマッチング後にメッセージを返してくれる人もいます。このような女性は積極的なため、出会える可能性が高いです。

 

童顔女子大生と行ったメッセージの内容としては、特筆することはありません。「社会人になったら、どんな仕事をするのか」「お酒で酔ったらどうなるのか」など、とりとめのないことを話しました。

 

童顔女子大生は質問が多く、メッセージの頻度も高くて1日に3-5通程度行っており、管理人に興味がありそうな感じが伝わってきました。そして、メッセージ交換開始から10往復した際にLINEで話すことを提案します。その結果、無事にOKをもらうことに成功します。

 

電話のお願い

 

LINEでの連絡先交換をした後、管理人は基本的に5日間程度、電話の前にそのままメッセージ交換を続けることを推奨しています。理由は、連絡先交換後に突然電話しようと誘うと、女性は驚いてしまい音信不通になるケースがあるからです。

 

ただ、今回はLINEに移行した翌日に電話できないか聞いてみました。これは、管理人がメッセージ交換の段階で童顔女子大生からの好意を感じており、嫌われないだろうという予感があったために行ったことです。ただ、音信不通になる覚悟がなければ、行わないようにしましょう。

 

電話を提案するときに童顔女子大生に伝えたことは2つです。

 

・ 電話する時間は短時間で大丈夫

 

・ 電話では自分がリードする

 

ということです。このように相手に拒否されにくいことを提案すると、女性はOKしてくれる可能性が高いです。その結果、「短時間ならOKですよ」と電話を了承してもらいます。

 

電話での誘い

 

OKをもらったため、管理人は童顔女子大生に電話をかけます。電話をする際、管理人が気をつけていることは「相手の話を聞くために、自分から相手に話すこと」です。聞き上手はモテるとはよく言われていることですが、ただ質問をしても聞き上手にはなれません。

 

大事なことは、相手が話しやすい環境作りを行うことです。そのために、相手の話を聞く前にある程度自分が話をする必要があります。少し自分が話して話題を作り、相手に聞いて話させる、自分が少し話し、さらに相手に聞いて話させるようにする必要があります。

 

これは「返報性」「自己開示」という心理学に基づいています。「相手の男性が自分のことを話してくれるから、私も話す」という間柄にしていくことが大事です。管理人はこの基本的なことを使い、童顔女子大生との会話を盛り上げていきました。

 

なお、電話した結果としてわかったことは以下です。

 

・ いいね! はもらうがほとんど返せていない(童顔女子大生は900いいね! をもらっている)

 

・ 連絡先交換した人は3人だけ

 

・ 会った人はいない、全員キャンセルした

 

・ 電話した人は初めて

 

・ 自分は写真を盛っている

 

・ 管理人の声が変

 

印象に残ったことは、連絡先交換をした人が3人しかいないことです。理由を聞いたら、タイミングが悪くて乗り気でなかったとのことでした。あまり気分が乗っていないときに、連絡先交換をお願いされても断ってしまうということでした。

 

また、会う約束をしたのにも関わらず、キャンセルをしてしまったのは、「会う約束をした後に、男性からの連絡がかなり適当になって冷めたから」ということです。

 

会う約束をしたら連絡は適当でも良い、と考えるのは男性の視点です。あくまでも女性はメール、LINEをコミュニケーションツールとして使います。ネット恋愛では信頼関係がない状態で始まるため、初回会うまでは継続してコミュニケーションを取ることが大事です。

 

そして、他に電話をしようという人がいないことも意外でした。管理人は、仲良くなれるスピードが速いこと、そして女性が会う約束を引き受けてもらえる可能性が高いため、電話をすることを心がけています。ただ、多くの男性は面倒なためか電話をしません。

 

ただ、童顔女子大生は「電話をすることで、人となりがわかるから会いやすい感じがする。電話して良かった」と述べてくれました。もちろん電話が苦手な女性に無理強いはしませんが、女性が拒否しなければ電話でデートに誘った方がOKされる可能性が高いです。

 

1時間程度会話をして、最終的に管理人は童顔女子大生を食事に誘うことに成功します。童顔女子大生が「覚悟を決めます。会います!」と言ってくれたため、気持ちが冷めないように次回のデートを翌日にした結果、了承してもらえました。

 

童顔女子大生とのデート

 

童顔女子大生とのデートは、童顔女子大生と管理人の家の中間にある駅のレストランとしました。お酒としなかった理由は、「おごるためのお金を節約する」ためです。おごりを前提としているのは、おごった後に、女性の方からきちんとメールを打ってもらうためです。

 

一般的な感覚の女性であれば、初対面の男性におごってもらったことに引け目を感じ、自分から男性にメールを打とうとします。逆にデート後にメールが来なければ、マナーがない女性か、男性側が女性に好かれなかったかのどちらかです。

 

会ってみた結果、管理人が童顔女子大生に頂いた感想は以下です。

 

・ 普通に可愛い女性

 

・ 笑顔がとても可愛い

 

・ 思ったより童顔

 

・ 思ったより胸が大きい(Eカップ)

 

管理人がよく思うことの1つに、いいね! 数と、女性のルックスはある程度しか比例しない、ということがあります。ものすごく綺麗な女性であっても、タイミングによっては男性からのいいね! 数が100を切っていることはよくあります。

 

逆に、ルックスが普通くらいの女性であってもいいね! 数が1000を超えている女性もいます。童顔女子大生は1000近くいいね! をもらっており、可愛いことは可愛いのですが、割と普通な感じの女性でした。

 

ただ、笑顔がとても可愛い女性でした。落ち着いていて、おっとりしている女性であり、かつ予想外に童顔で胸が大きい女性でした。管理人は「ややぽっちゃり」の女性でプロフィール検索を行い、巨乳の女性を探しています。ただ写真ではわからなかったため、とても幸運でした。

 

そこから移動して、前もってインターネットで探しておいたイタリアンレストランで食事を楽しみました。

 

 

色々と話していくうちに、以下のことがわかってきました。

 

・ 思ったよりも毒舌である

 

・ 思ったよりも慎重である

 

・ タイミングを最も重要視している

 

「神は細部に宿る」という言葉の通り、人間の本質は細かいところに現れます。女性が男性の靴を重視するのも、靴の先まで綺麗にできるかどうかに清潔感へのこだわりが現れることを経験上わかっているからです。

 

これは、もちろん女性にもいえます。管理人が女性と話していて気にすることは、言葉づかいです。本当に優しい人は常日頃から使う言葉が綺麗です。キツイ言葉や、汚い言葉を使うことはありません。

 

22歳の童顔女子大生の口癖は「もうババアだよ」です。「そんなことないでしょ!」と否定した上で、さまざまな話を聞いていくと、童顔女子大生は昔は荒れていたときがあったことを教えてくれました。「荒れていたときの感じが一部残っている」とは言っていました。

 

なお、童顔女子大生は管理人に興味を持ってくれていたものの、とても慎重でした。「他にも会っているの?」「他にもメールしているの?」とたくさん聞かれました。後からわかったことですが、元彼が浮気性だったために男性を疑っているとのことでした。

 

そして、何よりも大切にしているのはタイミングと述べていました。「勉強が忙しくて恋愛が手に付かなかった、でも今は恋愛したい」と述べていたように、この数年彼氏がいなかったのはタイミングのせいだと何度も述べているのが印象的でした。

 

このように色々と話した上で、管理人の方から帰ることを提案して岐路につきました。特に大きな波はなく、非常に穏やかな出会いであったといえます。

 

いいね! 数1000を超える、巨乳童顔女子大生を彼女へ

 

 

食事後は別れてすぐに、童顔女子大生の方から連絡が来ました。童顔女子大生の方から食事に行くことを希望したたため、特に問題なく2回目のデートに至ることができ、そこから付き合うことができています。

 

なお2回目のデートまでは1週間程度の期間があったのですが、この間に童顔女子大生のいいね! 数は1000オーバーとなっていました。

 

pairsでは今回の件のように、たった2回しか会わずに付き合うこともできます。以下、どのような流れで童顔女子大生と付き合うことになったのかについて説明します。

 

童顔女子大生と2回目のデートに至るまで

 

上記のようなLINEが来ると、「すごく高いお店でデートしたから、お礼メールが来たのでは?」と思いますが、代金は2人で3,000円程度でした。このようなLINEが別れた直後に来たため、管理人は童顔女子大生がある程度の好意を持ってくれていることを確信します。

 

ただ、だからといって管理人はすぐにLINEを返しません。女性より返信を遅らせることで、女性を焦らすことは恋愛の常套手段の1つです。また、管理人は面倒臭がりでもあるため、急いでないときは数時間後、半日後・1日後にLINEを返すことはざらです。

 

その後はLINEでメッセージ交換をしながら、最初のデートから1週間後に童顔女子大生と遊ぶ約束を取り付けます。なお、この時点でもう1度様子を見ようと思っていたので、公園のお散歩デートをしようとしていました。

 

デートの日取りまで童顔女子大生とデートを続けます。そして、やり取りのなかで童顔女子大生から以下のような内容が来るため、かなり好かれていることを感じます。

 

 

 

男性が女性にこのような詮索する内容を送った場合、高確率で引かれてしまいます。ただ、童顔女子大生は普通に可愛い女性であったため、好意を持たれていることをありがたく受け止めます。そして、管理人は淡々とLINEを続けます。

 

デート数日前になり、デート当日の天気が非常に悪くなりそうなことがわかったため、童顔女子大生からデート内容を変更しようとの連絡があります。結果として、管理人の家の近くのテーマパークで遊ぶことになります。

 

このとき、童顔女子大生と話していたのは以下のような内容です。

 

・ 当初の予定から変更になり、ごめんね

 

・ でも来てくれるのは嬉しい、ありがとう

 

・ 今度おごりますという話だったけど、おごらなくて大丈夫

 

・ おごらなくて良いので、ご飯作ってください

 

という感じのことを伝えていました。なお、家の近くのテーマパークにしたのは、あくまでも童顔女子大生の意思です。管理人は来てくれることに申し訳ないと思いつつ、同時にきちんと感謝の意を伝えていました。

 

さらに、冗談まじりでうちに来てくれることもあらかじめ言っておきます。このように布石を作っておくと、当日「家に行こう」と言っても、割とスムーズに来てくれる可能性が高まります。

 

普通に話したら嫌われる可能性が高いです。そのため、突然する話ではありませんが、ある程度仲を深めているため、このような半ば図々しい内容でも冗談のように流れていきます。

 

童顔女子大生との2回目のデート

 

2回目のデートは、管理人の最寄り駅でお昼過ぎに待ち合わせしました。そこからテーマパークに向かいます。なお、デートするときに管理人が考えているポイントの1つとして、「相手も自分も楽しめること」があります。今回のデートでも、自分も楽しめる場所を提案しました。

 

テーマパークでのデートは至って普通です。気をつけていた点は以下です。

 

・ テーマパーク代をおごらない

 

・ テーマパークのなかで行きたいところの要望はかなえて上げる

 

・ 経路は自分が決める

 

デート代は、全て男性が出せば良いというものではありません。あまりに出しすぎると、あなたは女性の財布になってしまいます。管理人は初回はおごりますが、次回以降のデートで必要以上におごってしまい、都合の良い男にならないようにしましょう。

 

デートコースに関しては、相手の行きたいところの要望を聞き、その上で自分が経路を決めて提案するようにしましょう。すると、きちんと自分の話を聞いてくれて、かつきちんとリードしてくれる頼りがいのある男性と思われることができます。

 

テーマパークを楽しんだ後は、予定通り歩いて管理人の家に移動します。童顔女子大生は「本当に料理するのー?」などと言っていましたが、「オレも手伝うから大丈夫!」などと言って、自宅に向かいます。

 

そして、管理人の家に着いた後に30分程度お茶をしてから、家で料理をしてもらうための買い出しに向かいます。なお、この途中で童顔女子大生が近くにあるレストランに興味を持ちます。

 

家で飲めれば良かったこと、途中で料理をしてもらうと時間がかかりすぎることを心配したため、管理人はレストランでご飯を食べた後に、家で飲むことを提案します。そして、食事後にお酒を買って家に移動します。

 

家でお酒を飲む

 

家に移動し、「ここからが本番!」と考えるかもしれませんが、管理人はあまり焦ってはいませんでした。「家に来たんだから、何をしても良いだろう」などと思って焦ると、大抵の場合失敗します。相手に電車の時間だけ聞いておき、「じゃ飲もう」と言って乾杯します。

 

そこから管理人がしていたことは、「話をきちんと聞くこと」「話を深めていくこと」の2つだけです。よく仲良くなるためには「ボディタッチだ!」「押しが大事だ」などと言いますが、タイミングを誤ると失敗するので注意しましょう。

 

管理人は電話のときと同じように、童顔女子大生の話をきちんと聞きつつも、話を受け止めて、共感し、自分の考えや思いを相手に伝え、話を展開することだけをしていました。話す割合としては童顔女子大生と管理人で、 8 : 2 位でした。大事なことは、尋問しないことです。

 

相手の話を聞くためには、ある程度自分も話すことは必須です。一方的に話していても、会話は盛り上がることはありません。共感した上で、自分の考えや思いを女性にフィードバックしてあげましょう。すると、女性はさらに色々と話してくれます。

 

そして、相手の話に右往左往されないことも大事です。相手が泣き出そうと、テンションが上がろうと、態度は合わせつつも、相手の感情に振り回されずに冷静な気持ちを保つことを心がけましょう。すると、女性の変化を敏感に感じることができます。

 

後から聞いた話ですが、童顔女子大生は管理人を「きちんと話を聞いてくれる人」「きちんと考えを持っていて頼れる人」「甘えることが出来る人」と思ったとのことです。結果として、童顔女子大生は酔いもあって管理人に甘えてきます。

 

最初は軽いボディタッチくらいだったのですが、途中で抱きついてベタベタしてきます。「しっかりしなよ」と管理人と童顔女子大生に言いますが、「しっかりしてるよ!」と童顔女子大生は返答します。実際、童顔女子大生はある程度お酒に強いのに1缶しか飲んでいません。

 

ベタベタして抱きついてきたので、管理人は童顔女子大生を抱きしめてみました。結果として、もっと強く抱きしめられたためキスをします。当然のことながら童顔女子大生は、「私のことどう思っているの?」と聞いてきます。そこで「好きだよ」と言った結果、童顔女子大生はうちに泊まっていくことになりました。

 

 

童顔女子大生との出会い・終章

 

次の日に、童顔女子大生から「私たちどういう関係?」という質問を受けて、「付き合おうか?」といった形で交際が始まりました。「順番を守れない男はダメ男だ」と女性は言います。ただ、順番が逆でも付き合った場合は、その男性を正当化する女性は多いです。

 

このことから言えることは、「付き合えば、体の関係を持つ順番はそれほど重要でない」ということです。無理やり関係を持つことは絶対にしてはいけませんが、相手の女性に同意がある限りは犯罪ではありません。

 

人の心理には「自分がした行動に対して、後で理由付けをする」というものがあります。特に女性は、「体の関係を持った」 → 「自分がこの男性を好きだから受け入れたんだ」と感じ、体の関係を持った後で男性のことを好きになるケースはとても多いです。

 

これは、男性経験が多い女性にはあまり当てはまりません。ただ、半数以上の男性経験が浅い女性には当てはまることです。

 

だからといって、「ガツガツ体を求めに行って、その後付き合えばいいだろう」などとは思わないでください。あくまでも相手との距離を縮めていって、場合によっては付き合う前に体の関係を持つことも1つの手段である、と思っておいた方が心に余裕を持てます。

 

特に早い段階でボディタッチをしまくり、「この人、体目当てなんじゃ……」などと女性に思わせてしまったら、その恋愛は失敗に終わります。女性はガツガツした心理をつかむのがとても上手なので、いつでも余裕を持って女性に接することを心がけましょう。

 

最後に、童顔女子大生は「タイミングが大事だ」を気にしていましたが、女性と出会うときにタイミングを気にしすぎても仕方ありません。出会ったときに恋愛をしたい気持ちであるかどうかは、「」要素であるからです。

 

体調が悪い、仕事が忙しい、いやな事があった、ナンパされた、変な買い物してしまった、などのことで女性のテンションは簡単に変わります。そして、タイミングによってはテンションが低く、相手にされない可能性も高いのです。

 

ただ、だからといって「タイミングが悪そうだから、行動しない」というのはただの言い訳です。あなたがすべきは、タイミングが悪いからと行動しないことではなく、後悔しないように行動することだけです。何もしない方が後で後悔します。

 

「今は無理……」「今度時間ができたら」などと行動しないと、結局何も変わりません。それよりも「最善を尽くして、天命を待つ」といった考えで、女性に好かれるための今できる最大限のことをしましょう。このような出会いがたくさんあるため、まずはpairsに登録することをおすすめします。

 


コミュ障の二次元オタクに彼女ができた秘訣を公開





注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

サイトマップ
HOME ネット恋愛 プロフィール ネット恋愛体験談 婚活サイト活用法 おすすめサイト