婚活アプリのメリット・デメリットとは?奥手でも彼女を作れる理由5つ

 

婚活アプリのメリット・デメリットとは?ネットで彼女を作れる理由5つ

 

婚活アプリもしくは恋活アプリなどを始めようとしても、他にも出会いの手段があるため、アプリに登録するか迷ってしまう人は多いです。

 

そのような悩む男性に対して、管理人としてはネットの出会い = アプリでの出会いを最もおすすめします。それはネットの出会いのメリット・デメリットを考えた上で、やはりメリットの方が大きいからです。

 

ただ、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか解説がないと、よくわからないですよね。

 

そこで本ページでは、恋活アプリ・婚活アプリのメリット・デメリットについて解説した上で、奥手男子でも彼女を作れる理由について解説していきます。

 

彼女欲しい男性が恋活アプリ・婚活サイトを利用する3つのメリット

 

彼女欲しい男性が恋活アプリ・婚活サイトを使用するときの利点について記します

 

結婚相談所・合コン・街コン・お見合いパーティーなど、様々な出会い方が存在しますが、そのなかで恋活アプリ・婚活サイトを利用すると、次の3つのメリットがあります。

 

・第1に、膨大な数の女性と出会うことが可能

 

・第2に、自分1人で出会いを探すことが可能

 

・第3に、値段が比較的安い

 

以下、詳細に説明します。

 

膨大な数の女性と出会うことが可能

 

恋活アプリ・婚活サイトに登録したとき、あなたが得られる1番大きなメリットは、膨大な数の女性と出会うことができることです。大きなサイトだと、1万人を超える女性が登録しており、他の出会いと比較して比べ物にならないほど多くの女性と出会うことが可能です。

 

他の出会いだと、多くの場合、住んでいる地域が身近な方との出会いに限定されます。比較して、恋活アプリ・婚活サイトは日本全国の人はもちろんのこと、海外の人と出会えるサイトもあるんですね。

 

合コンは大抵の場合、住んでいる都道府県内で行うことが多いです。もし県をまたがる場合でも、せいぜい隣県です。住まいからあまりに遠いところで行う合コンは、その先につながる可能性が低いため、出会い目的でなく単なる飲み会となることが多いです。

 

お見合いパーティーも、基本的に住んでいる都道府県内のものに参加するのが一般的です。仮に自分の住んでいる市町村から遠い会場に参加すると、理由を勘ぐられることもあります。管理人自身、地域の異なる市町村のお見合いパーティーに行ったところ、サクラと疑われました。

 

それらと比較して、恋活アプリ・婚活サイトは、全国の人と容易に接触し、出会うことができるのが大きなメリットです。もちろん、遠距離恋愛を敬遠する人も多いので、全員と出会えるわけではありません。

 

ただ、婚活アプリで結婚相手を探すとなると、全国から運命の人を探したいという女性が多いため、多くの選択肢から探したいと考える人には一番良い方法です。

 

1人で出会いを探すことが可能

 

1人で相手を探すことができ、まわりの知り合いに影響を与えずに済むのが、恋活アプリ・婚活サイトを利用する大きなメリットの1つです。1人で登録し、最初から1対1で女性と交流し、デートから交際まで至ることができるため、友人・知人が全く気づかないうちに相手探しができます。

 

比較すると、合コンを1人で行うことは物理的に不可能です。あなたが幹事でも一般参加者のどちらでも、結局は他に一緒に参加してくれる人がいないと、合コンをすることはできません。

 

ただ、世の中には、合コンサービスという便利なものもあります。開催場所が限定されるのが難点ですが、1人でも合コンに参加できるサービスです。ただ、普通の合コンと比べて、同性の男性も初対面なのがネックです。全員と気をつかって話さざるを得ないため、内気な人はさらに合コンに行くハードルが上がってしまいます。

 

また、合コンでは交際に至る・至らないに限らず、まわりから詮索されるのもネックです。そのように人に詮索されず、自分のペースで恋愛をし、さらに結婚まで突き進めるのが、恋活アプリ・婚活サイトの良いところだといえます。

 

値段が比較的安い

 

恋活アプリ・婚活サイトは、安いサイトの場合だと、月額3,000円代で全ての機能を使い放題のサイトがあります。なかには追加料金が必要となるサイトもありますが、多くは月額4,000円前後で利用することができ、それほどコストが高くないのがメリットです。

 

比較して、お見合いパーティーは1時間半くらいの時間で5,000円程度の出費が生じます。真剣に婚活するために、毎週末参加したら月に2万円程度かかる計算です。

 

同じく合コンや街コンは、2次会まで行くと1万円弱のお金を1日で使わざるを得ません。また、結婚相談所だと入会金だけで10万円程度を払わざるを得ないところもあります。

 

比較して、恋活アプリ・婚活サイトは、月3,000〜5,000円程度で利用できるのが大きなメリットです。コストを抑え、努力を継続できる人は特に、恋活アプリ・婚活サイトが向いているといえます。

 

彼女を恋活アプリ・婚活サイトで作ろうとした際の3つのデメリット

 

恋活アプリ・婚活サイトはメリットがありますが、同様にデメリットもあるのが事実です。インターネット恋愛・婚活をする前には、メリットに加え、次に示す3つのデメリットがあることに注意してください。

 

・第1に、不特定多数の人に多少の個人情報を見られる

 

・第2に、女性に直接会えることが保証されていない

 

・第3に、業者がいる・世間体が悪い

 

以下、それぞれを解説します。

 

不特定多数の人に多少の個人情報を見られる

 

インターネット恋愛・婚活をする上でのデメリットの1つに、不特定多数の人に個人情報を見られるというものがあります。もちろん、本名・住所・電話番号・メールアドレスといった個人情報までは出ません。ただ、どんな顔の人が、どの辺りに住んでいるという情報は見られてしまいます。

 

しかし、この問題点は以前から指摘されていたため、現在では恋活アプリ・婚活サイトにおいて、同性のプロフィールは見られないシステムとなっています。

 

また、住まいをはじめ、プロフィールを実際の内容から変えておくことができます。管理人が会ってきた女性のなかにも、住んでいる都道府県は実際の内容を記載しつつ、住んでいる市町村は微妙に変えている人もいました。

 

そして、恋活アプリ・婚活サイトには、「プロフィール公開設定をOFF」とし、女性がプロフィール検索をしても、あなたが結果に表示されない設定ができるサイトもあります。あなたが話しかけた女性だけが、あなたのプロフィールを確認でき、とても安心して利用することができる機能です。

 

このように、ネット恋愛・婚活のデメリットの1つは、多少の個人情報が漏れることです。ただ、重要な情報は漏れず、対策も複数あるため、現在ではそれほど個人情報漏れを恐れることはありません。実際、管理人は累計で10年以上サイトを利用していますが、特に問題が起きたことはありません。

 

女性に直接会えることが保証されていない

 

ネットの出会いでは、他の出会いと大きく異なることの1つに、直接出会える保証がないことがあります。合コンにしろ、お見合いパーティーにしろ、まずは出会って話すことから始まりますが、恋活アプリ・婚活サイトでは、使用方法によっては全く女性に会うことができません。

 

参考として、恋活アプリ・婚活サイトでは、以下の流れを丁寧にすれば女性に会えます。

 

・プロフィールをきちんと設定する

 

・自己紹介文をきちんと書く

 

・顔写真を複数枚のせる

 

・たくさんの女性にアプローチする

 

・返信があった女性と1週間サイト内メールしたのち、連絡先交換する

 

・さらに1週間連絡して、次の週末、もしくはさらにその次の週末あたりにデートの約束をする

 

・毎日メールを続け、1もしくは2週間後にデートする

 

ただ、この流れのなかで、どこか1つでもミスをすると女性に嫌われてしまいます。そして、忍耐力のない人は、早く会おうとして女性に嫌われてしまい、出会えないことが多いです。

 

結果として、月額料金を払っても、1ヶ月に1人も会えないという事態が発生します。ただ、この事態はメンタルを変えて、粘り強くやり取りをすれば解決できるので、それほど大きな問題ではありません。

 

業者がいる・世間体が悪い

 

インターネットの出会いは、昔からあまり世間体がよくありません。それはいわゆる「出会い系サイト」の印象が強いからです。「インターネットの出会い=アダルトOKの出会い系サイト」しかなかった頃は、援助交際の斡旋業者がたくさんいたのは事実です。

 

しかし平成20年に出会い系サイト規制法が改正され、利用者の年齢確認方法が厳格化されてから大きく変わりました。アダルト内容がOKだった「出会い系サイト」の割合は減り、恋活アプリや婚活サイトといった、アダルトNGの真面目なサイトが激増しました。

 

そのような恋活アプリ・婚活サイトでは、援助交際業者がいない真面目な出会いがメインとなっています。実際管理人は、恋活アプリ・婚活サイトで援助交際業者からのメールが来たことは1度もありません。

 

また、約1割の人がネットから結婚しているデータもあり、依然より一般化してきています。私の友人でもアプリから出会い、結婚した人がいますが、親への紹介や、結婚式のアナウンスで特に問題はなかったそうです。このような事実から、以前よりは世間体がかなり改善されたといえます。

 

ただ、問題として、サイトのなかに「連絡先回収業者」といった連絡先を転売する業者や、「ネットワークビジネス勧誘業者」が紛れているのは事実です。ただ、これらの業者は

 

・連絡先回収業者 : すぐ連絡先交換しようとする

 

・ネットワークビジネス業者 : メールにあまり感情が入らない、お金・人生の話が好き

 

といったような特徴があります。そのため、きちんとメールをすれば見分けることは容易なため、問題ではありません。

 

奥手男子がネットで彼女を作れる5つの理由

 

1つ一般的な出会い方の話をしますが、ストリートナンパはコミュニケーション能力がある男性であれば、非常に強力な出会い方です。それは、大勢のなかから自分の好みの女性を選ぶことができ、写真・プロフィールにだまされず、最初から対面して話すことができるからです。

 

営業で求められる相手に訴えかける訴求力は、対面時が最も強いです。強い順に、対面、電話、直接メール、ウェブページとされています。そのため、ストリートナンパはネットでの出会いより訴求力が強いんですね。ただ、訴求力を生かすためには、コミュニケーション能力があるのが前提です。

 

ストリートナンパを行っていけば、確実にコミュニケーション能力は上がります。ただ、ナンパができる前にあきらめてしまう人が多いのが事実。皆ができないからこそ、ナンパ師は成功し続けることができるのです。

 

そのため、奥手男子はナンパには向いてないんです。ただ、ネットの出会いであれば、奥手男子でも彼女を作ることはできます。その理由としては、

 

・体力を使わない

 

・声をかける敷居が低い

 

・女性の方からアプローチされる

 

・ゆっくり返答することができる

 

・広範囲の人と出会うことが可能

 

といったものがあるからです。以下、詳細に説明します。

 

体力を使わない

 

ストリートナンパに絶対に必要なことがあります。それは、体力です。路上でナンパする女性のなかから、自分に興味があって話を聞いてくれる女性を探すために、数多くの人に話しかける必要があるのです。そのため、かなり積極的な男性でもとても疲れます。

 

比較してネットナンパである恋活アプリ・婚活サイトでは、疲れるのは目と指くらいです。スマートフォン・PCがあれば、どこでも行うことができます。そのため、ずっと立っている必要もなく、使う体力はストリートナンパに比べて微々たるものです。

 

声をかける敷居が低い

 

ストリートナンパの敷居が高いところに、他の人に見られていそうで怖い、シカトされたら悲しい、文句を言われたら凹むなどがあります。そしてさらに言うと、最初の1人に話しかけることが非常に難しいんです。

 

比較してネットでの出会いは、無視されたとしても、いいねが返ってこないだけです。話しかけても、ひどい言葉をはかれたり、あからさまに嫌な表情を見せられたりすることもないため、話しかける敷居が低くて精神的に楽なんですね。

 

女性の方からアプローチされる

 

実生活において、女性から声をかけられることは、よほどのイケメンでない限りありません。街中で女性に話しかけられたとしても、ビジネスや宗教の勧誘である可能性が高いのが事実です。

 

ただ、恋活アプリ・婚活サイトでは女性からのアプローチが普通にあります。ただ、女性が男性に声をかける割合は、男性が声をかける量の10分の1しかありません。それでも、女性の方から話しかけてくることは一般的なため、「待ち」の姿勢でいたい奥手男子にもおすすめなんですね。

 

ゆっくり返答することができる

 

ストリートナンパは、頭の回転が肝となります。女性の反応に対して、ベストな反応を繰り返し行っていく、高度なコミュニケーション能力が必要になります。これは練習により身につけることができますが、最初はどうしても躊躇してしまいがちです。

 

それはどうしても、コミュニケーション能力に不安があるからです。対してネットでは、メールのやり取りのため、返答を考える時間があります。自分のペースで相手と話すことができるため、女性とポンポン話すのが苦手な奥手男子にはとても推奨できます。

 

広範囲の人と出会うことが可能

 

ストリートナンパも非常に多くの人と会うことができますが、それはあくまでも自分がナンパできる範囲のエリアにいる女性に限ります。そして、東京くらい人が多ければ問題ありませんが、地方は人が少なく、話しかけるターゲットが少ないことが事実。

 

その点においてネットでの出会いは、自分の暮らしている生活圏と関係のない人とも話すことができ、恋愛することができるのです。特に地方で、まわりに出会いがないが、積極的に出会いを求めて移動するのが面倒な奥手の男性には、とても便利なツールといえます。

 

まとめ

 

彼女欲しい! と思って恋活アプリ・婚活アプリに登録するメリットとしては、「膨大な数の女性と出会うことが可能」「自分1人で出会いを探すことが可能」「値段が比較的安い」ことがあります。

 

逆にデメリットは、「不特定多数の人に多少の個人情報を見られる」「女性に直接会えることが保証されていない」「業者がいる・世間体が悪い」等です。ただ、こういったデメリットは、工夫次第で対応できますし、ネットの出会いの世間体は以前よりかなり良くなっています。

 

そのようなことを踏まえた上で、奥手男性でもネットで彼女を作れる理由としては、「体力を使わない」「声をかける敷居が低い」「女性からアプローチされる」「ゆっくり返答することができる」「広範囲の人と出会うことが可能」といったことがあります。

 

このような事実を知った上で、本気で彼女が欲しい奥手男性は、ぜひ恋活アプリ・婚活アプリを使ってみることをおすすめします。

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ