浪人生でも彼女が欲しい…受験と両立できる人のたった1つの特徴

 

浪人生でも彼女が欲しい人が取るべき3つの行動

 

「毎日勉強がつらい…… 彼女にいやしてもらいたい!」

 

浪人生は勉強することが仕事であることはわかっていても、毎日勉強ばかりではつらいです。現役合格した大学生の友だちは楽しそうにしているし、専門学校に進んだ友人も毎日充実しているように見えるため、勉強から逃げたくなるときはあります。

 

つらいときには、女子に頼りたくなるのが男性です。「大学デビュー」して恋人ができている友だちや、浪人生同士で付き合っている友だちを見ると、とてもうらやましくなります。そこで、「オレも彼女が欲しい!」と思うのは当然のことです。

 

ただ結論からいうと、浪人生は彼女を作らずに勉強した方が絶対に良いです。例外として、ある特徴を持っている男性は恋愛しても問題ありません。ただほとんどの浪人生の男性は、恋愛と受験を両立できる特徴を持っていないため、勉強だけに集中することをおすすめします。

 

● 恋愛・受験を両立できる人の持つ1つの特徴

 

● 大学生になってから彼女を作るべき5つの理由

 

● 気になる女子と出会ったときの3つの行動+α

 

管理人は、大学受験に失敗して浪人した経験があります。浪人生時代は予備校の寮に入り、「彼女がいる人」「彼女と別れた人」「彼女とケンカ中の人」など、男性の話をたくさん聞いてきました。管理人の経験と、彼女がいた男友だちから聞いた話を活かし、本記事を記します。

 

恋愛しつつ、さらに第一志望に合格できる男性はほとんどいません。そして人生は大学入学後、大学卒業後の方が浪人生時代よりも圧倒的に長いです。そのため、1年だけは彼女作りを我慢した方が、あなたは人生という長い期間で考えてモテる男になります。

 

恋愛・受験を両立できる人が持つ、たった1つの特徴

 

「浪人生は恋愛する時間はない! 二足のわらじははけないぞ!」と、予備校で何度も言われてきた男性は多いです。「時間がないことはわかっているよ! でも……」と反発したくなる気持ちはわかります。実際、彼女がいても成績の良い男性はいるからです。

 

それでは、彼女がいて成績も良い男性が持つ特徴とは何かというと、「恋愛にのめりこまないマインドを持っている」ことです。

 

恋愛にのめり込まないマインドを持っている男性は、自分の恋愛を冷静に客観的に見られる人です。例えば、「彼女とケンカしても淡々と勉強する」「彼女に振られても、あまりショックを受けない」といった男性は、浪人生でも彼女を持ちながら受験にも成功します。

 

そして、恋愛にのめり込まないマインドを持たなければ、恋愛に失敗して受験も失敗するという最悪の状態になりかねません。恋愛の失敗を引きずった結果、勉強に支障が出て第1志望の大学に入れない男性は非常にたくさんいます。

 

加えて、恋愛にのめり込まないマインドを持っている18歳から20歳くらいの男性はほとんどいません。恋愛経験が、少ない人の方が多いからです。あまり恋愛にのめり込まない人や恋愛経験が豊富な人でないと、恋愛で頭がいっぱいになって受験を失敗します。

 

頭では気にしてはいけないとわかっていても、恋愛は理性では止められないときがあります。実際、多くの不倫謝罪をしている芸能人が恋愛で失敗したわかりやすい例です。その欲望に勝てるマインドがなければ、大学生になるまで彼女作りを我慢した方が絶対に良いです。

 

大学生になってから彼女を作るべき5つの理由

 

浪人生でも仲の良いカップルを見たり、恋人がいる浪人生の友だちを見たりすると、「オレも彼女欲しい」と思うのは当然のことです。ただ、浪人生のあなたは大学生になるまで彼女作りをしない方が方が良いです。理由は5つあるため、順に記していきます。

 

学歴をつけた方が社会人になったときにモテる

 

「学歴なんて関係ない」という、どこかの社会人の声を聞いたことがあるはずです。結論からいうと、学歴はモテ度と関係ないというのは半分当たりで半分間違っています。正確には、学歴があった方が人生においてモテます。

 

もちろん東大生、京大生だからといって全員が彼女ができて、結婚できるわけではありません。ただ、同じ性格・ステータスの男性であった場合、無名な大学と有名大学であれば有名大学卒の男性の方が女子から好かれます。

 

ただ、高い学歴を持っているからといって、学歴アピールをする男性は女子にモテません。学歴が活きるのは、女子がふいに男性の学歴を聞いたときです。

 

女子に大学名を聞かれたときに、東大や京大をはじめとする旧帝国大学卒、「早慶上智」・「関関同立」を始めとする有名私立卒だと答えることができると、女子の反応はとても良いです。

 

聞いた側の女子は、「おおー! やっぱり話してて頭の回転が良い感じがするもんな……」と内心びっくりします。モテる武器を1つでも多く持つために、浪人生時代は頑張って勉強をしましょう。

 

学歴をつけた方が大学生になったときにモテる

 

学歴があるかどうかは、社会人になったときのモテ度に大きく影響します。同じく、大学生のときも学歴は高い方がモテます。「学歴と頭の回転は比例する」、「偏差値が高い = 頭が良い」と思われて、女子に魅力的に感じてもらえるからです。

 

上記したように、偏差値の高い大学に入っていることをアピールしても、自分から学歴を話したのでは女子に嫌われます。会話のなかで、大学名を聞かれたときにさりげなく伝えないと、「大学名をアピールするだけのどうしようもない男」と思われるからです。

 

ただ、女子のなかには有名大にいる男性 = 将来有望な男性と考える人は多いです。そのため、浪人生はやはり頑張って少しでも良い大学にいった方がモテることを覚えておきましょう。

 

なお管理人は、地方大学に在籍していた頃、同じ地方の別大学の女子と合コンをしたところ、その県における公立大学というだけで「すごい男性」とちやほやされることを知りました。地方でも大学名は活きるため、地方の大学志望でも受験を頑張った方が絶対に良いです。

 

浪人生時代の彼女は別れる可能性がとても高い

 

浪人生でも付き合っているカップルを見ると、うらやましいなと思います。ただ彼氏が浪人生のカップルの多くは、相手が浪人生の彼女でも、大学生の彼女でも上手くいかずに別れる可能性が高いです。うらやましいと思って、あこがれないようにしましょう。

 

浪人生時代にできたカップルは、入学する大学が同じか近いところにある大学であれば問題ありません。しかし離れた大学に進学すると、遠距離恋愛となり別れる可能性が高いです。また、「彼氏は浪人生・彼女は大学生」というカップルは、価値観にズレが生じて別れます。

 

特に女子大生は、新入生ということで出会いが多く、刺激がたくさんあります。「浪人生の彼氏のために、遊びを我慢しなくちゃ」と思いつつも、大学の友だちに行動を合わせることで価値観は変わっていきます。そして、浪人生の彼氏に対する愛情が冷めていくのです。

 

これは、浪人生の彼氏の方が弱い立場のために起こるため、彼女を責めても仕方ありません。まわりに彼女との関係で悩んでいる男性がいたら、「大変そう…… でも、彼女持ちの男には負けない!」と、成績を上げて見返せるように勉強を頑張りましょう。

 

彼女と過ごすには時間が必要なため、勉強への支障が大きい

 

彼女がいると、どうしても自分の時間を奪われてしまいます。彼女と遊びに行く時間、彼女にメッセージを打つ時間、彼女のことで様々なことを悩んでしまう時間などです。特にやっかいなのが、彼女のことで悩んでしまう時間です。

 

彼女と遊ぶ時間やメッセージを打つための時間は、彼女と話し合って少なくすることはできます。ただ多くの人は、悩みをすぐに解決することはできません。恋愛で悩むことはとてもエネルギーを使うことに加え、消費したエネルギーの分だけ勉強に手がつかなくなります。

 

そのため、上手く時間制限をしようとしても、勉強には確実に支障がでます。「彼女に振られてもどうでも良い」と思える浪人生でないと、恋愛しない方が良いということを覚えておきましょう。

 

必死に勉強しなかったことを後悔する

 

人生においては「学歴が全て」ではありませんが、浪人生にとっては「第一志望大学に合格することが全て」のはずです。管理人自身も、浪人生時代は第一志望に受かるために女子とは接触しないようにしていました。それは、後悔したくなかったからです。

 

人が死ぬ間際に後悔をすることは、失敗しなかったことではなく、挑戦しなかったことだと言われています。

 

彼女を作ることは、大学生になっても社会人になっても、何度でも挑戦できます。ただ、大学受験は何度もできるわけではありません。一部の人をのぞき、多くの人は1回か2回くらいしか受験のチャンスはないはずです。

 

数少ないチャンスを、一時的な恋愛感情に振り回されて失敗したとなると、一生後悔します。逆に勉強だけして失敗したのであれば、失敗しても悔いは残りません。管理人は浪人しても、第二希望の大学にしか入れませんでしたが、精一杯勉強したため悔いはないです。

 

このように、悔いを残さないようにするために、浪人生時代は恋愛せずに勉強のみに集中することをおすすめします。

 

以上、学歴の高い大学に入った方が社会人や大学生になったときにモテることに加え、浪人生時代に彼女を作っても別れる可能性は高いことは事実です。勉強に支障が出て、受験に失敗したら後悔するため、浪人生時代は彼女を作らずに勉強に専念することをおすすめします。

 

気になる女子と出会ったときの3つの行動+α

 

「恋愛しない方が良いことはわかっているけど、気になる人ができてしまった」という浪人生は多いです。好きという気持ちは、自分の思いとは関係なく発生してしまうため、恋愛感情を持つことは仕方のないことではあります。

 

意図せず好きな女子ができたときにすべき、3つの行動について記していきます。

 

受験というゴールに向かう「同志」を目指す

 

浪人時代にあなたに気になる女子ができたり、好きな人ができたりしても、すぐに恋人関係を目指さない方が良いです。同じ目標に向かって頑張る、同志を目指すようにしましょう。

 

大事なことは、友だちにならないことです。仲良くなりたい相手には、自分の本音をさらけ出したくなります。ただ、自分の本音として受験に対する弱音を吐いてしまうと、女子はあなたのことを「ただの浪人生友だち」とみなすようになります。

 

つまり、恋愛対象外の男性だと女子に思われてしまうのです。女子になんでも話せる仲になってもらいたいと思って、自分のことをたくさん話しても女子には好かれません。男として見てもらえなくなるため、好きな女子には本音を出しすぎないようにしましょう。

 

メール・電話はできるだけしない

 

男性は気になる女子がいたら、他の男性に取られたくないし、自分とだけ仲良くしてほしいと考えます。結果、なんとか女子と仲良くなっておきたいと思ってメッセージを打つ人は多いです。ただ、浪人生のときはできるだけメッセージを打たない方が良いです。

 

理由は、連絡が返ってくるかどうかが気になってしまって、勉強に集中できなくなるからです。何か与えたらお返しを期待してしまう「返報性の原理」というものがありますが、この心理はメッセージにも当てはまってしまいます。

 

つまり、付き合っていないのにも関わらず、あなたは気になる女子からのメッセージを待ちすぎて、「勝手に」振り回される状態となるのです。気持ちが振り回されることで、さらに「勝手に」女子にはまっていって、成績が上がらないことを勝手に女子のせいにします。

 

男女ともに良い関係を築くことができないため、メッセージは必要以上に打たない方が良いことを覚えておきましょう。

 

告白は受験が終わったら行う

 

もし、どうしても告白したい女子ができたとしたら、自分の試験と女子の試験が終わったら告白するようにしましょう。告白が成功しても失敗しても、受験に悪影響がないためです。

 

そのため浪人生時代は、「受験が終わったら、好きな子に告白するんだ」という目標を立てましょう。目標があった方が、受験勉強を頑張れるのが人間です。

 

さらに受験の日に至るまでにも、「次の模試でA判定だったら、あの子はオレのことが好きになる!」というような小さな目標設定と目標クリアを行っていくと、恋愛があなたの勉強にプラスになるはずです。

 

「好きという気持ちがあったら、すぐに告白したい」と思う人もいますが、自分の思いを自分のタイミングで伝える告白は、ただの自己満足です。告白されたときに女子がどうとらえるかを冷静に考えて、告白するタイミングは受験終わりにしましょう。

 

告白してもダメだった男性へ

 

「受験も終わった!」「浪人生時代の終わりに好きな女子に告白をした!」「…… でもフラれてしまった」ということもあります。恋愛は、相手との相性やタイミングで成功するかどうか決まるものであるため、どんなにモテる男性でもフラれることはあります。

 

受験も終わったのにも関わらず、結局彼女はできないのか、と悲しい気持ちになってしまうかもしれません。

 

好きな女子と上手くいかなかった場合は、相手への思いが強ければ強いほど何もしたくないはずです。そして、他に誰も好きになれないと思ってしまいます。ただ、時が経つことで大好きだった女子を忘れることはできますし、他に好きな人が現れても以前好きだった女子は忘れるものです。

 

フラれてからある程度時間が経ち、そろそろ「彼女が欲しいな〜」と思ったら次の出会いを探してみましょう。おすすめは、1人で可愛い女子との出会いを作れる「マッチングアプリ」です。

 

マッチングアプリは都市部に住む人だけでなく、地方の大学に行く人でも、日本全国どこでも出会いを見つけられることがメリットです。まだ彼女ができたことがない男性は、より早めに登録した方が、より早く彼女を作ることができます。

 

まとめ

 

毎日勉強に追われているため、「彼女を作っていやされたい」という気持ちを持つ男性は多いです。

 

ただ、「恋愛に振り回されないマインド」を持つ男性以外は、彼女を作らずに勉強すべきだということについて記しました。恋愛に振り回されて頭の切り替えを上手くできないと、恋愛・受験の両方が中途半端になってしまうためです。

 

浪人生のときではなく、大学生になってから彼女を作るべき理由は、「学歴のある社会人の方がモテる」「有名大学に入った方が大学生になったときにモテる」「浪人生時代の彼女は別れる可能性が高い」「勉強への支障が大きい」「受験に失敗したら後悔する」ためです。

 

しかし、どうしても気になる女子がいる人は「受験というゴールに向かう同志を目指す」「メール・電話はできるだけしない」「告白は受験が終わったら行う」ことを心がけましょう。もし、フラれてもマッチングアプリでまた出会いを作れます。そのため、あなたがまずは勉強に注力した上で、恋愛も成功できることを心から願っています。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiaiの詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 彼女の作り方 アプリ体験談 プロフィール お問い合わせ