同い年の彼女はデメリット多い?上手に付き合い結婚する4つの注意点

 

同い年の彼女はデメリット多い?上手に付き合い結婚する4つの注意点

 

「彼女が欲しいけど、年下の女子だと自分がリードしなくてはいけないし、年上の女子だと上から目線でものを言われそう…… だから同い年の彼女がいい!」という人は多いです。

 

「同い年の人」というのは、同じ年度で生まれた相手のことを言います。例えば、1990年4月2日から1991年4月1日に生まれた人たちは同い年です。なお30歳を超えると、歳が近い人は同い年ではなくても同世代とされて、ほぼ同い年のような関係になります。

 

同い年の彼女が欲しいと思っても、「女子は年上の男性が良いだろうし、同世代は相性が悪いと言われてたりするから、相性が合わないのかな」と感じる男性もいます。結論からいうと、同い年で付き合うデメリットはあります。ただ、それ以上にメリットもあります。

 

そこで本ページでは、同い年の彼女が欲しい人に対して、同い年の女子と付き合うメリット・デメリットを記します。その上で、うまく付き合い結婚まで付き合っていくために大事なこと、同い年の女子と出会う出会いの方法を記します。

 

●同い年の彼女を作る6つのメリット

 

●同じ年齢の女子と付き合う3つのデメリット

 

●同年齢の女子と長く付き合うために大事な4つのポイント

 

●同い年の女子と付き合うための3つの出会い

 

管理人は年下の女子と付き合うことが多いですが、同い年の女子とも1年以上付き合った経験があります。本記事では管理人の経験を活かし、同い年の彼女との付き合い方について記していきます。

 

本ページを読んで行動することで、あなたも同い年の彼女を作ることが可能です。

 

同い年の彼女を作る6つのメリット

 

同い年の彼女と付き合ってみたいと思ったら、まずは同い年の彼女のメリットを知りましょう。デメリットもありますが、それ以上に同い年の彼女はメリットが多いです。以下のメリットを読み、興味があれば同い年の彼女との出会いを探すことをおすすめします。

 

気をつかわずに対等に話せる

 

同い年の彼女を作ると、特に気を使わずに話すことができるのがメリットです。年下の彼女の場合だと、年上らしく発言しなくてはいけないなと思います。逆に彼女が年上だと、変なことを言ったら子供っぽく思われないかなと考えます。

 

その点、同年齢の彼女は気を使わずに話すことができるのが良い点です。対等に相手と話しても同じ年齢であるため、おかしな内容の事を話していなければ、彼女に文句を言われることはありません。

 

「率直に物を言っても許される」という安心感があるのが、同い年の彼女を作るメリットといえます。

 

話が合うため、一緒にいて楽しい

 

年齢が同じもしくは年齢が近い彼女の場合、非常に話が合います。小さい頃に好きだった曲や、中学生の頃に流行っていたものなどが一緒のため、話のなかで相手に別途補足説明する必要がありません。

 

管理人は一回り以上年下の女子と付き合ったことが何度かありますが、小さい頃に聞いた曲や好きだったテレビ番組を話しても、話の内容が分からない・知らないということが何度もありました。あるときには、「その歌、お母さんが好きだって言ってた」と言われたこともあります。

 

「この話をわかってくれるかな……」と考えたり、毎回説明をしたりするのが面倒であれば、同い年の彼女は話が合うため一緒にいて楽しい相手だといえます。

 

価値観が似ているため、疲れない

 

同い年の女子は育ってきた環境が違くても、同じ時代を生きていたために価値観が似ています。彼女と会話していて、「その考えっておかしくない?」ということが少ないです。

 

例えば、管理人が新社会人のときは、自分の我を通して上司にアピールすることはできませんでした。実績がないときから、主張をしても通るわけがないと思っていたからです。しかし、16歳年下の元彼女は、プライベートで時間がないため、残業を減らしてほしいと新人時代から猛アピールしていました。

 

「その考えは正しいのかな……」と思ってしまいますが、「同世代の子の考えは、みんな同じだよ!」と言われると、ジェネレーションギャップと感じてしまい、何も言えなくなります。

 

このように価値観が異なっていることが多いと、将来が不安になるものです。しかし、同じ歳の彼女ではこのような価値観のズレは少なくなります。

 

家族・友だちに紹介しやすい

 

彼女の年齢が、自分と同じかほぼ一緒であれば、家族や友だちに紹介しやすいです。歳の差カップルが増えているといっても、一般的には少数派です。そのため、管理人は友だちに「あまりに歳の離れた彼女を紹介されても、とまどうからやめて欲しい」と冗談交じりに言われたことがあります。

 

紹介された友だちの方が、何を話してよいかわからなくなってしまうからとのことです。同い年くらいであれば話ができそうだけど、歳が全く異なると何を話せば良いのかわからない、と言われてしまいました。

 

その点で同い年の彼女であれば、あなたの家族や友だちもあなたと同じ年齢であるため、自然と話をしやすいです。友だちカップルとダブルデートをしたい、といった思いがある男性は同い年の彼女を作ることをおすすめします。

 

一緒に成長していける

 

同い年の女子と付き合う場合は、人生の経験値はほぼ一緒のはずです。カップルのどちらかが年上の場合は、年上の方がリードしていくことになりますが、同じ歳の場合はどちらがリードするというわけではなく、一緒に成長していきます。

 

経験の多い相手の方に引け目を感じたり、経験の少ない相手に子供っぽいなと思ったりすることがなくなるのです。一緒にたくさんの思い出を作って、同じ目線で成長していたいという男性には、同年齢の彼女を作ることをおすすめします。

 

結婚のタイミングが似ている

 

同年齢の場合、結婚のタイミングが似てきます。晩婚化が進んでいますが、男女共に30歳をめどに結婚しようとする人が多いです。なかにはまだ結婚したくない人もいますが、多くの男女は30歳をめどにして独身生活を終わらせようとします。30歳を超えたカップルはなおさらです。

 

しかし、相手と年が離れていると、結婚したいと思うタイミングが大きくずれる可能性があります。あなたの方が年上の場合は、彼女が結婚してくれなくて悩む可能性があります。逆に、あなたの方が年下の場合は、まだ結婚したくないのに彼女に結婚をせまられることもあるのです。

 

そのような点で、同い年の彼女であると、お互いが結婚したいと思うタイミングが似てきます。きちんと結婚まで考えて彼女を作りたいと思うのであれば、同い年の女子にアプローチすることがおすすめです。

 

同じ年齢の女子と付き合う3つのデメリット

 

同い年の女子と付き合うのはたくさんメリットがありますが、同時に付き合うことで感じるデメリットもあります。同い年の女子にアプローチする前に、デメリットについても確認しておきましょう。

 

彼女の方が強気になる

 

彼女が同年齢の場合、彼女の方も彼氏であるあなたに気を使いません。年上の男性であれば相手に気を使って遠慮したり、逆に年下の男性であれば仕方ないなと思い、大目に見てあげたりすることでも容赦しないのです。

 

そのため、同い年の彼女は年上の彼女や年下の彼女と比較して、あなたに対して意見を強く主張してくる可能性が高いです。そしてなかには、上から目線で話してくる女子もいます。

 

これはなぜ起こるかというと、彼女のなかに「自分がしっかりしなくちゃいけない」という気持ちがあるからです。

 

一般的に年齢が同じ男女の場合、精神年齢は女子の方が上です。そのため、同年齢カップルの場合、女子は彼氏を精神年齢が低い男子だと思っています。ただ同年代でもあるため、自分が強く意見を言っても嫌われないだろうと思うのです。

 

結果として、彼女が強気に発言してくることが多くなります。あまり強く主張してこない女子もいますが、きちんと付き合っている間柄の場合、女子の発言は強くなることを覚えておきましょう。

 

あなたも譲れなくてケンカが多くなる

 

彼女の方が強くあなたに主張してくると、どうしてもイライラしてしまいますよね。「男子が女子をしっかりとリードしなくちゃいけない」とは思っていても、ダメ出しばかりされてしまうとつらくなってしまいます。

 

我慢できなくなると、彼女の言い分に対して反論してしまいます。彼女が話していることも分かるものの、同い年だからという理由で譲歩することができなくなってしまうのです。結果として、ケンカが多いカップルとなってしまいます。

 

「同い年の彼女に従いたくないから……」という気持ちで彼女と接していると、彼女に譲歩することができなくなりがちです。ケンカするほど仲がよいと思いますが、あまりにケンカしてしまうと別れにつながるため、少しでも譲歩することが大事なことだといえます。

 

刺激がなくてつまらない

 

同じ歳の女子と付き合うと、価値観が合っているからこそ、相手の考えていることや行動がわかってしまいます。すると付き合っていても、刺激が少なくてつまらないと感じてしまいがちです。

 

例えば、あなたが30歳くらいで彼女が大学生だとします。すると、話が合わないこともありますが、その分だけ話してて刺激が多いです。逆に同い年の彼女の場合は、安心感がある分だけ大きな刺激もなく、デートしていてもつまらないなと感じてしまいます。

 

言いかえると、同い年の彼女は穏やかに過ごすことができるということにもなります。ただ、まだ刺激がある付き合いをしたいと思う男性にとっては、同い年の彼女は刺激がなくてつまらないと思ってしまうため、注意が必要です。

 

同年齢の女子と長く付き合うために大事な4つのポイント

 

メリット・デメリットを分かった上で、同い年の彼女を作りたいと思ったあなたは、同い年の女子にアプローチしてみましょう。

 

以下の4つのポイントを意識して同い年の女子に接していくことで、あなたは同年齢の女子と長く付き合い、結婚まで付き合うことも可能です。

 

初対面も丁寧に接する

 

昔からの知り合いにアプローチする場合は問題ないのですが、出会いの場などで同年齢の女子に出会った時には、丁寧に接することを心がけなくてはいけません。

 

「同い歳じゃん!」と思って嬉しくなり、すぐに敬語も「さん付け」もやめて話したくなる気持ちはわかります。ただ、それはすぐに仲良くなりたいというあなたの一方的な気持ちであって、相手の女子はまだ警戒している可能性が高いです。

 

相手の気持ちをくみ取れないと、年上の男性にくらべて子供だなと思われてしまいます。女子から見て年上の大人の男性であれば、相手が年下の女子でも丁寧に敬語で接しようとするからです。しかし深く考えずに、すぐに打ち解けた態度を示すと、子どもっぽく見られるため注意しましょう。

 

特に初対面時のコミュニケーションを間違えてしまうと、第一印象が非常に悪くなって恋に発展しません。女子と付き合える可能性を少しでも高くするために、同年代でも初対面は丁寧に接することを心がけましょう。

 

デートの代金は多めに出すことを心がける

 

あなたがまだ20代で若いと、「同じ年齢の女子なんだからデートの食事代金は割り勘でいいじゃん」と思うかもしれません。ただし、代金の支払いでも年上男性と比較されることを覚えておきましょう。

 

年上の男性は年下の女子とデートする際に、相手におごったり多めに出したりします。そういった気づかいに対して、きちんと自分のことを大事にしてくれていると感じ、女子はときめくものです。

 

そのため、同い年の男子に「同年齢だから割り勘」という姿勢を貫かれると、やっぱり同年齢の男子は子どもっぽいなと思われてしまいます。

 

最低限、付き合うまでは彼女に対して食事をおごったり、多めに出してあげたりしましょう。もちろん、お金を多めに出し続けることが難しいことを、同年齢の女子であればわかっています。ただ、せめて付き合うまでは格好つけてほしいというのが女子の本音です。

 

相手をリードする意識を持つ

 

同年齢だと、「何をするにも一緒に考えれば良いだろう」と思います。デートの内容も毎回考えるのは、労力がかかってしまうからです。そのため、あまりデートプランを考えずに、とりあえず会ってから一緒考えようとする男性は多くいます。

 

しかし、年上男性と付き合ってきた女子からすると、何も考えてきてくれない人はリードしてくれない頼りない男性と映ってしまいます。そこで「私の方がしっかりしないといけない……」と感じてしまい、彼氏に対しても強気に発言するようになるのです。

 

同い年の彼女は気をつかわない間柄ではありますが、それでも女子はパートナーに引っ張ってくれることを望んでいます。あなたも彼女と一緒に過ごすときは、相手のことを考えてリードする気持ちを持つと、彼女もあなたを尊敬してくれて仲良く過ごしていけるはずです。

 

譲歩する気持ちを持ち、包容力を高める

 

彼女が同年齢の場合、長く付き合っていくために非常に大事なことが「相手に対して譲歩する気持ちを持つこと」です。

 

彼女と対等な関係のため、自分の意見を通したくなるのはもっともなことです。特に男性は、彼女に負けたくないという気持ちがあるため、何が何でも自分の意見を通そうとする人が多くいます。しかし、この負けず嫌いさが、同年齢の男は幼いと言われる要因の1つです。

 

そのため、あなたが同い年の彼女と長く付き合っていきたいのであれば、言い返したいときもぐっとこらえて譲歩するクセを身につけると良いです。本当に必要なときをのぞき、彼女の話を穏やかに受け止めてあげることで、包容力が身についてきます。

 

相手を言い負かしたとしても、あなたは決して彼女から尊敬されません。逆に、相手にゆずれない子供っぽい男性だと思われます。相手の話を否定せずにきちんと聞き、ときには譲歩することによって、あなたは同年齢の彼女から強く愛されることが可能です。

 

同い年の女子と付き合うための3つの出会い

 

同い年の彼女と上手く付き合う方法を読み、あなたが同い年の彼女が欲しいと思ったら、あとは出会いを作っていくだけです。

 

あなたが、これから同い年の女子と出会うための方法を以下に3つ記します。自分に合った方法で、同い年の彼女との出会いを作ってアプローチすることで、あなたは同年齢の彼女を作ることが可能です。

 

同期入社の女子と仲良くなる

 

職場に出会いがあることが前提ですが、同じタイミングで会社に入った女子は、同年齢か同年代の人ばかりのはずです。そのため、同じ会社の同期入社の人からアプローチしていくことをおすすめします。お互いに、環境が似ているため仲良くなりやすいです。

 

管理人は、数少ない同期入社の女子とたまたま研修で仲良くなり、数回合コンをしました。そしてそこでまた、同い年の女子と出会うこともできたのです。

 

もちろん、会社のなかで女子が全くいない場合もあります。そういった場合でも同期入社の男子と仲良くなっておくと、同年齢の女子と紹介や合コンで会える可能性が高くなるため、同性の男性とも仲良くしておきましょう。

 

学生時代の同級生にアプローチをする

 

中学生や高校生の頃の友だちに、大人になってからアプローチすることでも、同年齢の女子と付き合うことができます。また、大学生のときの同級生にアプローチしても、同年齢か同年代の人と出会うことが可能です。

 

昔、付き合いたいなと思っていた女子がいたら、自分で連絡をするか、誰かに連絡先を聞いて連絡してみましょう。最初から2人で飲んだり、会ったりするのが気恥ずかしいのであれば、みんなで飲み会にするというのも一つの手です。

 

特に同窓会はチャンスです。同窓会では久しぶりに会った女子に連絡先を聞いて、後日に2人で飲みに誘うことは一般的によくあります。ただ実際、管理人のまわりでも同窓会から付き合っている人は多いため、チャンスを逃さないようにしましょう。

 

マッチングアプリで出会う

 

会社は男ばかりだし、今さら同級生と付き合うのは難しいと思ったあなたには、マッチングアプリで出会ってみることをおすすめします。マッチングアプリの中でも、彼女を作りたいあなたには「恋活アプリ」、すぐに結婚したい彼女を求める人には「婚活アプリ」がおすすめです。

 

恋活アプリでも婚活アプリでも、相手のプロフィールを見ると、相手が現在何歳であるかが明示されています。年齢は、年齢確認証明書を提出するためにごまかしができません。そのため、きちんと年齢通りの人に出会うことが可能です。

 

また、マッチングアプリでは友だち・知人の力を借りずに、1人で彼女を作ることができるのもメリットです。まわりの人に彼女を作ろうと努力しているのを見られたくない、というあなたでもこっそりと恋活し、彼女を作ることができます。

 

値段としても、最大手のペアーズであれば月に1,280円(税抜き)から活動できて、メールし放題のため、まずは無料で登録してみることをおすすめします。

 


>>ペアーズ(pairs)の詳細情報・無料登録はこちらです

 

まとめ

 

年上彼女・年下彼女よりも、同い年の彼女が欲しいと考えている男性は多いです。しかし、同年齢の彼女のデメリットを心配する人のために、本ページではメリット・デメリットも含めて、同年齢の彼女とうまく付き合うコツ・出会い方まで記しました。

 

同年齢の彼女を作るメリットは、「話が合う」「価値観が似ている」「家族・友だちに紹介しやすい」「一緒に成長していける」「結婚のタイミングが似ている」ことなどです。しかし、「彼女の方が強気」「ケンカが多い」「刺激がなくてつまらない」といったデメリットもあります。

 

同い年の女子と上手く付き合うためのコツは、「初対面は丁寧に接する」「デートの代金は多めに出すことを心がける」「相手をリードする意識を持つ」「譲歩する気持ちを持ち、包容力を高める」ことです。

 

同い年彼女を作るためには、「同期入社の女子にアプローチする」「学生時代の同級生を誘う」「マッチングアプリで同い年の女子を探す」といった方法をおすすめします。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できます。無料会員のままですぐに解約もできるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。(追伸:2018/7/31まで、今だけ有料料金が最大50%オフ中です!)

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ