婚活サイト活用法:ネット恋愛で女性と出会うのが怖い・抵抗がある男性へ

 

「男ばかりの職場で出会いがない」と嘆く人は本当に多いです。また、「独身女性がまわりにいない」「合コンをしたくても女友達がいない」「そもそも転勤で引っ越したばかりで知り合いがいない」など、出会いがない環境に悩む人は多いです。

 

ただし、あなたがどこに住んでいるにしても、まわりに知り合いがいないにしても、インターネット可能な環境さえあれば出会いをゼロから生み出すことは可能です。その手段こそが、恋活・婚活サイトです。

 

ネットでの出会いは、男性であっても怖くて当然

 

私が初めてインターネットで女性に会ったのは2010年頃のことです。当時は、恋愛を目的とした恋活サイトはなく、援助交際メールが飛び交う出会い系サイトが幅を利かせていました。婚活サイトもありましたが、今ほどの会員数はなく、盛り上がりに欠けていました。

 

当時の私はすでに社会人であったものの配属は地方僻地であり、職場にもまわりにも友達はおらず、出会いは全くありませんでした。合コンの話はなく、街コンは存在せず、お見合いパーティーもほぼありませんでした。

 

また、「ナンパ」については、当時の自信がない私にとって不可能ともいえるような手段でした。そもそも実際ナンパをしようにも、住んでいた町に同年代の20代の女性の数は少なく、夜の繁華街はガランとしてしまうような状態でした。

 

そのため私は、「出会いはどこにあるのだろう? 大事な20代を出会いなしで終わるのか……」といつも悩んでいました。

 

 

そこで、当時は詐欺メールが横行していた出会い系サイトであるものの、出会いがなさすぎて困り果て、悩んだ末に出会い系サイトの一つに登録してみました。

 

しかし、実際に出会い系サイトに登録した途端、女性を装った業者によって大量の詐欺メールが私のもとに送られてきました。いわゆる、出会い系サイトの初心者が受ける洗礼です。これは、「初心者をカモにしよう」と企む援助交際業者や他サイト誘導業者によるものです。

 

大量のメール攻撃はあらかじめ調査して知っていたので、私は無事にかわすことができました。そこから、1ヶ月ほどはほぼ放置に近い状態だったのですが、あるとき1人の女性から返信メールが届きました。私も向こうも顔写真を出していませんでしたが、そこから1週間くらいやり取りをした後、実際に会うことになりました。

 

出会い系サイトで知り合った女性に会うのは本当にドキドキでした。なぜなら、出会い系サイトを使って女性に会うのは初めてのため、「もしかして男と組むことで私を恐喝しようとしている人ではないか?」という疑問があったからです。

 

そこで私は念のため、「身分証明証は持たない」「最低限の現金だけを持つ」「いつでも逃げることができるスニーカーを履く」などの準備をした上で女性と出会いました。その結果、ネットで女性と会うことはやはり怖いことがわかりました。

 

理由は、相手の女性に嘘をつかれていたためです。失礼なことはわかっていながらも、年齢を恐る恐る聞いたときに、5つくらい実年齢でサバを読まれていました。

 

当の本人は悪びれる様子もなく、「プロフィールの年齢なんて適当じゃん!」と私に言いました。そのとき、私は「悪い女性に出会ってしまった」と感じ、強いショックを受けました(今の恋活アプリ・婚活サイトは、自分で年齢を変更できません)。

 

失敗を糧に多くの出会いを求めて行動する

 

先ほどの失敗から学び、なおかつ不純な出会い探しが多いながらも、私は真面目な出会い探しに限定し、「ルール」を決めて活動をしていました。結果として、警察沙汰、知り合いバレといったトラブルを起こすことなく、女性に出会えるようになっていきました。

 

きっかけは出会い系サイトでも、商社の女性、専門学校の女性、フリーターの女性など、色んな人と出会い、付き合ってきました。

 

実際のところ「女性は嘘をつく」ということはネットの出会いもリアルな出会いも同じでした。そのため、相手の女性に嘘をつかれたときがあっても、最初の出会いのときほどのカルチャーショックは受けませんでした。

 

また、出会いが全くなかったところから、出会い系サイトの活用によって女友達が大量にできてきました。あるとき、女友達の1人から「友達連れてくるから、合コン開いてくれない?」と頼まれました。

 

私は「これは出会いを増やすチャンスだ」と思い、ネットで合コンの開き方や店の選び方などを徹底的に勉強しました。そして、出会い系で知り合った女性とその友達、そして私の男友達を集めて合コンを行いました。

 

すると、逆に男友達からもお返しに合コンに呼んでもらえるようになり、相乗効果で出会いが増えまくっていきました。その後、お返しの合コンで出会った人と付き合うこともありました。

 

元々の出会いはゼロであったのにも関わらず、ネットを使うことで出会いを1にし、そこからさらに増やしていくことができたのです。

 

世の中には「ネットの出会いで付き合いたくない、結婚したくない」という考えをかたくなにもつ男性が多いです。しかし実際のところ、そのような考え方に捉われたままでは、本当に女性との出会いがないまま人生を終えることになってしまいます。

 

かつての私のように、恐怖を感じながらもネットを使って女性に出会い、なおかつ自分自身がレベルアップしていくことで、自ら出会いを増やすことができるのです。

 

現在では優れた恋活アプリ・婚活サイトが多い

 

「ネット恋愛やネット婚活は抵抗がある」という人は多いですが、そのように感じること自体は変ではないと思います。実際、一部の出会い系サイトでは援助交際メールが飛び交うところもあるからです。

 

ただし、一部の人たちだけを見てネット恋愛・ネット婚活を良くないものと決め付けたり、使用してもいないのに利用している人たちを馬鹿にしたりすることは止めましょう。

 

私が過去に使った出会い系サイトにも、真面目に出会いを探している女性はいました。さらに、綺麗な女性、可愛い女性、スタイルが良い女性だっているのです。実際に私はそのような女性に出会い系サイトを使って、何人も出会うことができました。

 

今はきちんと恋活アプリ・婚活サイトなるものが存在し、そのなかでは援助交際メールのようないかがわしいメールは打てない仕様となっています。業者はどうしても紛れ込みますが、きちんと回避する術をつければ、特に怖いことはありません。

 

どうしてもネット恋愛・ネット婚活に抵抗がある人も、今一度、「出会いが欲しいかどうか」「彼女が欲しいかどうか」「奥さんが欲しいかどうか」を考えてみて下さい。

 

少しでも「欲しいな」と思った場合には、本サイトを活用して恋活アプリ・婚活サイトに登録し、ネットで女性に出会ってみてください。

 

現代は優れた恋活アプリ・婚活サイトが多く、「サクラだらけ、ぼったくり、個人情報ダダ漏れ」なんてことはありません。「サイトを利用しても、やっぱり出会えないじゃん」と判断するのは、3ヶ月程度本気で使用してからでも遅くはないはずです。

 

最後になりましたが、あなたがパートナー探しで最も大事なことは「どこで出会うか」ではなく、「誰と出会うか」のはずです。本サイトを利用して、あなたがネットからでも素敵な出会いを生み出せることを心から願っています。

 

恋活・婚活サイトのオススメランキング


HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ