彼女欲しいなら職場から!社内恋愛での彼女の作り方5つのステップ

 

彼女欲しいなら職場から!社内恋愛での彼女の作り方5つのステップ

 

ドラマや映画で、職場の女性と目が合ってドキッとして恋が始まる、といった展開は多いですよね。ただ、ドラマのなかだけでなく実際に会社の中で出会って、付き合うことになったカップルは数えきれません。

 

もし、あなたが「男ばかりの職場で全然出会いがない」と思っていても、あるとき突然女子が入ってくることはあります。また、新卒・転職で会社に入ったら、女性比率が高く、好みの女性がいて付き合いたいといったケースもあるはずです。

 

でも、職場からどうやって付き合うのだろうか? と思う人は多いです。また、他の出会いと比べてメリット・デメリットがあるのか疑問に思いますし、まわりにバレずに付き合っていけるのだろうかと思うと心配になる人もいます。

 

そこで本ページでは、職場恋愛で彼女を作りたいという男性のために、社内恋愛のメリットデメリット及び、付き合っていくための5つのステップを紹介します。

 

●職場で女子と付き合う5つのメリット

 

●職場恋愛したときに感じる3つのデメリット

 

●職場で彼女欲しい男性が彼女を作る5つのステップ

 

●職場に出会いがない、職場恋愛が上手くいかない人の対処方法

 

なお、職場に入って何年経っても出会いがないという男性及び、職場恋愛がうまくいかない男性のために対処方法も記しておきます。

 

管理人は、男性ばかりの職場でしたが数少ない出会いを活かして、社内恋愛を経験しました。本ページでは管理人の経験を活かし、社内で彼女を作る方法について記していきます。本ページを読み行動することで、あなたも職場で彼女を作ることが可能です。

 

職場で女子と付き合う5つのメリット

 

あなたが職場にいる女子にアプローチして職場で彼女を作るのは、実はたくさんのメリットがあります。職場で出会いがあるのであれば、他の出会いを探す前に、まずは社内恋愛で彼女を作っていくことをおすすめします。

 

仲良くなりやすい

 

社会人の出会いのなかで、職場恋愛・社内恋愛は出会いのきっかけとして、常に上位にあがるものです。友だちの紹介などと並び、職場での出会いは最も女子と仲良くなりやすい出会いの方法といえます。

 

なぜ仲良くなりやすいかというと、頻繁に出会う人には好意を抱きやすいという「ザイオンス効果(単純接触の原理)」が働くからです。月に1回長時間一緒にいることよりも、1日数分でも毎日接している相手との方が好意を持ちやすい、といったことが証明されています。

 

人として仲良くなりやすいため、当然ながら恋愛にも発展しやすいです。社内で出会いがあれば、まずはアプローチしてみることをおすすめします。

 

一緒にいられるため安心感がある

 

職場恋愛の良いところは、同じ空間で過ごすため、安心感があることです。

 

彼女が他の職場で働いていると、自分のいないところで出会いがあるのではないかと思い、とても心配になります。職場の男性に誘われていないか、他に近づいてくる男性はいないかと疑心暗鬼になってしまいます。

 

その点、職場恋愛では自分の目の届くところに彼女がいるため、安心感があります。彼女のことを束縛してしまうと嫌われやすいですが、そばにいると安心感があるため、あまり詮索しなくても安心して付き合いやすいのが職場恋愛の良いところです。

 

仕事のモチベーションが上がる

 

会社のなかに彼女がいると、仕事に対するモチベーションが高くなるのも職場恋愛の良いところです。

 

社内での仕事ぶりや仕事への取り組み方は、相手の女子も当然わかります。加えて、あなたの仕事ぶりを見た他の男性や女性から、間接的に好きな女子にあなたの活躍ぶりが伝わることになるため、仕事を頑張ろうという気持ちが強くなるはずです。

 

恋愛の力というのは、自分を動かすとても強い力となります。仕事も恋愛も頑張ろうと思うととても輝けますので、職場で好みの女性がいたらアプローチしてみましょう。

 

コミュ障でも仕事ができればモテる

 

職場に好みの女子がいるけど、オレは上手くコミュニケーションが取れないから付き合えない…… と思う男性はとても多いです。

 

ただ、職場恋愛は他の出会いと異なり、仕事ができるだけでもモテます。もちろん、最低限のコミュニケーション能力と清潔感のある外見は必要です。ただ、仕事ができるというのは、生き抜く力があるということで女性からとても好かれます。

 

他の出会いでは、数分〜数十分くらいのコミュニケーションで恋愛対象外という判定を受けてしまいがちですが、職場恋愛は異なります。最初はうまく話せなくても人柄が伝わりやすいため、長期的なスパンで見ると彼女が出来やすいのです。

 

そのため、仕事に没頭している人こそ職場恋愛はおすすめの出会い方だといえます。

 

結婚につながりやすい

 

職場恋愛は、自分の大切な職場という環境のなかで行われるものです。大切なな環境を壊したくないため、職場恋愛というのは男女ともに真剣になります。当然ながら、きちんと将来を考えたお付き合いがしやすいのです。

 

そのため、合コンや街コン、クラブでナンパするなどの軽い出会いは嫌だなと思う人にとっても、職場恋愛では真面目なお付き合いになるため、おすすめの出会い方といえます。

 

真剣に付き合いたい、結婚前提のお付き合いをしたいと思っている人こそ、職場の女子にアプローチしてみてみましょう。

 

職場恋愛したときに感じる3つのデメリット

 

社内恋愛のメリットを記してきましたが、職場恋愛は良いことばかりではありません。デメリットも複数あるため、デメリットを知った上で職場恋愛をしてみることをおすすめします。

 

以下、社内恋愛をすることで管理人が感じたデメリットを3つ記します。

 

別れたときにきまずい

 

職場恋愛は、同じ環境で一緒にいられることがとても良い点です。ただ、付き合っているうちは良いのですが、別れた後は一緒にいることが逆に負荷になります。

 

別れたのにも関わらず、顔を合わせなくてはいけないのが辛いということです。

 

管理人は職場恋愛をした女子に振られた後も、同じ打ち合わせに出なくてはいけなかったため、とても気まずい思いをしました。話しかけても無視されたり、目も合わせてくれなかったりして、かなり心が病みました。

 

別れてから気まずい関係になりたくなかったため、別れるときに「別れても自然に振舞おう」という約束は、結局守られなかったのです。

 

結婚すれば問題ないのですが、結婚に至らずに別れたときには、職場恋愛はとても苦しくなる可能性があります。職場恋愛ではその点を踏まえて、アプローチすべきだということを覚えておきましょう。

 

同僚の男性と衝突することがある

 

同じ会社のなかで、あなたがアプローチしたい女子というのは、当然ながら他の男性もアプローチしたいと考えています。表面上ではわからないかもしれませんが、他にもライバルはいると考えておいた方が良いです。

 

管理人は会社の後輩と付き合ったとき、自分の同期がライバルとなってしまいました。自分の同期から先に思いを打ち明けられて、応援せざるを得なくなってしまい、とてもつらかった経験があります。

 

同期の恋愛を応援しつつも、管理人も後輩のことが好きだったため、とてもモヤモヤしていました。結果的に、同期が後輩に振られた後、管理人がその後輩と付き合うことになったのですが、同期と管理人の関係は一時的に悪化してしまいました。

 

このように、あなたが好きな女子と付き合えることもあれば、逆にライバルに好きな女子を奪われてしまうこともあります。ライバルと仲が良くても、いわゆる「三角関係」などの複雑な人間関係になりがちなのも、社内恋愛のデメリットだといえます。

 

バレないように工夫しなくてはいけない

 

会社によって、職場恋愛が許されるところもあれば、禁止のところもあります。例えば、教師は子供やPTAの目があるため、職場恋愛が許されません。

 

一般の会社であれば、恋愛禁止というルールはそこまで厳しくありません。ただ、基本的には職場で付き合ってることは、あまりオープンにしない方が良いです。職場で付き合っていることが広まると、まわりの人たちが気を使うため、カップルとしてもまわりの人たちとしても非常に負荷になります。

 

そのため、職場の人たちのことを考えるのであれば、自分たちの関係がバレないように過ごすことが社内恋愛のマナーです。バレないようにする配慮、疑いをかけられるような行動をしないようなことが、職場恋愛では必要とされます。

 

職場から離れたところでデートする、社内では敬語を使う・苗字で呼び合う、社内で故意に一緒に過ごさない、結婚するまでは黙っておくといった配慮をしなくてはいけないのが、職場恋愛のデメリットです。

 

以上が、職場恋愛で彼女を作る際のデメリットです。なお、ここまで読んだ時点で、すでに職場恋愛は向いてなさそうというのであれば、「職場に出会いがない、職場恋愛が上手くいかない人の対処方法」を参照して、職場以外で出会いを作ってみることをおすすめします。

 

職場で彼女欲しい男性が彼女を作る5つのステップ

 

職場で彼女を作ることのメリット・デメリットを知った上で、会社の人と付き合いたいなと思ったら、あとは行動あるのみです。職場の気になる女子と仲良くなり、付き合うための5つのステップを記します。

 

共通点を作り、知り合いになる

 

社内で気になる女子と付き合おうとしたら、まず何かしら共通点を持たなくてはいけません。突然、「今度ご飯に行きませんか?」「連絡先教えてくれませんか?」と伝えるのは絶対にNGです。「同じ会社の人だけど、この人何を言ってくるんだろう……」と警戒されてしまいます。

 

そこで大事なのが、まずは仲良くなりたい女子と知り合いになることです。同じ部署であれば、自然と仲良くなれますが、異なる部署だと何かしら行動を起こさないと仲良くなれません。そこで、共通点を作ることが大事なのです。以下に、例を挙げます。

 

・社内のサークルやイベントで仲良くなる

 

・会社の飲み会に参加する、飲み会を作る

 

・同じプロジェクトで働けるように立候補する

 

自分一人で行動を起こすのが難しいのであれば、同期などの仲の良い同僚の力を借りて、一緒に飲み会やイベントを作ることがおすすめです。なお、管理人はスポーツを一緒にすることで後輩と仲良くなりました。まずは、共通点を作って知り合いになることから始めてみましょう。

 

あいさつする・話しかける

 

付き合いたいなと思う社内の女子と知り合いになったら、次に必要なことはできるだけ頻繁に接触することです。女子と何度も顔を合わせた方が、ザイオンス効果(単純接触の原理)が働くため仲良くなりやすいといえます。

 

付き合いたい女子と社内で会ったら、会話をするネタがなくても、自分からあいさつすることを心がけましょう。知り合いになった後で、相手があまり自分のことを覚えていなかったとしても、自分から行動を起こすことが大事です。

 

「前の打ち合わせはありがとうございました!」などと、きちんとあいさつしましょう。忘れられていたりすると、「え?」と思われるかもしれませんが、社内でのあいさつは普通のことなので継続することが大事です。

 

そしてあいさつに加えて、一言でも二言でも良いので会話をすることを心がけます。「今日会社暑いですね」「今朝のラッシュ、大変じゃありませんでした?」などです。さらに相手と仲良くなるためには、「休日はどう過ごすんですか?」といったプライベートの話題も会話のなかにいれていくようにします。

 

グループで遊びに行くことを提案

 

付き合いたい女子とだいぶ仲良くなってきたら、次に大事なことが会社外で接点を持つことです。社内恋愛だからといって、会社のなかでずっと一緒にいるだけでは、恋愛関係にはなりません。社外でも、一緒に過ごす時間を作っていく必要があります。

 

最も良い方法は、よかったら今度食事に行かない? とストレートに誘うことです。女子はストレートに誘ってもらった方が嬉しいと感じることに加え、最初から2人で会った方が付き合うまでの時間が短いからです。

 

しかし、断られるのが怖くて最初から2人で遊ぶことには誘えない、という人もいます。そのような男性は、最初はグループで遊びに行くことをおすすめします。スポーツ、飲み、食事、その他のイベントでも何でも良いです。まずは、会社の外で会えるように女子を誘ってみましょう。

 

以下、まずはグループで遊ぶケースで、職場恋愛で彼女を作る方法を記していきます。

 

連絡先を交換してメッセージ交換

 

アプローチしたい女子とグループで遊ぶ機会を作ったら、続けて連絡先を交換をします。遊びに行く詳細な連絡をしたいから、という理由で女子に連絡先をもらおうとすれば、断られることはまずありません。

 

連絡先をもらったら、女子とメッセージをすることを繰り返します。遊びに行く話をしつつ、たわいのないメッセージ交換をすることで、女子と会話を続けましょう。1日1通以上は、メッセージを交換をするようにします。

 

しかし、すぐにメッセージを切られるようであれば、ひんぱんにメッセージするのは控えましょう。週に数回だけ、メッセージを打つようにします。

 

そして、メッセージ交換は上記したグループデートが終わっても続けていくことが大事です。グループデートが終わった後も、継続的にメッセージ交換をし続けていくことで、女子と自然にメッセージできる間柄になることを目指しましょう。

 

1対1で遊ぶ機会を作る

 

特に用事がなくても、女子とメッセージできる間柄になれば、次は2人で遊びに誘いましょう。そこでもし、誘われて断られるのが怖いのであれば、以下のような理由を作って2人で遊びに行く流れにすることが大事なことです。

 

・仕事の相談をしたいから、今度食事に行かないか

 

・職場の女性へ送るプレゼントを買いたいから、一緒に選んでくれないか

 

・映画チケットが当たったので、一緒に見に行こう

 

上記のような誘いをして、1度デートできたら、2人で遊びに行くことが特別でないことになります。その後は、「飲み・食事デート」「ドライブデート」「公園デート」などのデートを数回繰り返して仲を深めることができれば、告白して付き合うことが可能です。

 

なお重要な点としては、付き合うまでは自分の弱いところや愚痴は控えめにすることです。

 

付き合う前にあまりに自分の弱いところを見せてしまうと、相手から「恋愛対象ではない友達」として認識されてしまうからです。そのため仕事の相談といっても、あまり重いものにしてはいけません。

 

恋愛対象ではないと思われてしまうと、何回デートに行っても付き合うことができません。少なくとも付き合う前は、「仕事をきちんとしている」「ポジティブ思考」「私に優しい男性である」と女子に思われないと、恋愛対象から外されてしまうことを覚えておきましょう。

 

職場に出会いがない、職場恋愛が上手くいかない人の対処方法

 

職場恋愛で付き合うためのステップを記してきましたが、「職場に一切出会いがない」という人は職場以外のところで出会いを作っていくしかありません。

 

また、職場で狙っている女子がいても、「デートに応じてくれない」「脈がない」という人であれば、他の出会いを探した方が良いです。その女子をあきらめるわけではなくても、違う女子とデートしてから恋愛偏差値を上げて再度誘うと、成功する可能性が高くなるためです。

 

以下、職場では出会いがない、社内恋愛ではうまくいかないといった男性のために、職場恋愛以外での出会い方について記していきます。

 

同僚に紹介・合コンを依頼する

 

職場に全く女子がいない、という男性は多いです。そうすると、すぐに他の出会いの手段を使おう! と思うかもしれません。ただ、社内のつてを使えば、素敵な女子との出会いを作ることも可能です。

 

どういうことかというと、同僚に紹介や合コンのお願いをするということです。

 

管理人が入った職場は、もともと20代・30代女子がいない職場でした。そのことを聞いていたため、会社に入るときに引っ越した際、不動産屋の女子と仲良くなって合コンを開いてもらっていました。

 

そしてそこから、同期と協力して交代で合コンを作りました。また、社内で結婚している男性の奥さんから合コンを開いてもらったこともあります。

 

このように、社内には男性しかいなかったとしても、同僚の男性に協力してもらって出会いを増やすことは可能です。職場のまわりの人に「出会いを探しています」と伝えておくと、紹介してもらえる可能性があるため、どんどんお願いしておきましょう。

 

恋活・婚活パーティーに行く

 

職場で出会いがなく、同僚にお願いしても女子を全く紹介してもらえないこともあります。そういった場合は、やはり別途出会いの場に行って、出会いを作らなくてはいけません。

 

まず行ってみるべきなのが、恋活・婚活パーティーです。パーティーは5,000円程度のお金がかかりますが、出会いを求めている女子と対面できるのが良いところです。地方では、婚活パーティーしかないところも多いですが、真面目に彼女を作りたいのであれば参加することは問題ありません。

 

なお、より真剣に出会いを探している女子と会いたいのであれば、「1人参加限定」のパーティーに行くことをおすすめします。友だちと参加するパーティーには遊び感覚で来る人もいますが、1人で参加する人は彼氏を真剣に作りたいと思っているからです。

 

真面目に彼女を探しているという人こそ、できるだけ1人参加限定のパーティーに行ってみましょう。

 

マッチングアプリを使用してみる

 

紹介を頼めるような人がいない、そして婚活パーティーは少し高いと思うのであれば、おすすめの出会いが「マッチングアプリでの出会い」です。

 

マッチングアプリの何が良いかというと、月々1,500円程度〜4,000円程度の代金で恋活・婚活できることです。頑張れば、月に10人以上の女子と出会うことができるため、非常にコスパの良い出会い方だといえます。

 

さらに、自分1人で自分の望むときに出会いを作り出せることもメリットです。紹介や合コンは、他の人の予定を考慮しなくてはいけません。また、婚活パーティーも日程が指定されています。その点、アプリでの出会いは1人で出会いを作れますし、時間にしばられることもありません。

 

なお、マッチングアプリのなかでも真面目に恋人を探すOmiaiなどの真面目な恋活アプリであれば、サクラはいません。ぼったくりに合うようなこともないため、穏やかな気持ちで出会いを探して、彼女を作ることができます。

 

>>Omiaiの詳細情報・無料登録はこちらです

 

まとめ

 

職場で彼女が欲しいと思っても、上手くいかない、どうやってアプローチしたら良いのかわからないという男性は多いです。そこで、職場恋愛のメリット・デメリットと付き合っていくステップを記しました。

 

職場恋愛のメリットとしては、「仲良くなりやすい」「安心感がある」「仕事のモチベーションが上がる」「コミュ障でも仕事ができればモテる」「結婚につながりやすい」というものです。逆にデメリットは、「別れたときにきまずい」「同僚と衝突することがある」「バレないように工夫する必要がある」などです。

 

職場の女子と付き合うためのステップは、共通点を作り知り合いになる → あいさつする・話しかける → グループで遊びに行く → 連絡先を交換してメッセージ交換する → 2人で何度もデートして告白、というものです。

 

なお、社内では全く出会いがない、職場の人にアプローチしても上手くいかないという場合は、他の出会いも活用しましょう。「職場の人に紹介・合コンを依頼する」「恋活・婚活パーティーに行く」「マッチングアプリを使用する」などの行動をすると、良い出会いがあるはずです。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生などがあるからです。

ここで、上記したマッチングアプリに登録して出会ってきた管理人の体験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「マッチングアプリに登録すべきかで悩む」「今使っているアプリで出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安心・安全なアプリです。

またOmiaiは「オミアイ」という名前から、男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目な彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」等を、無料会員のままゼロ円で使えます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

Omiaiは、Facebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できます。また、解約もすぐにできるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ