チャンスの神様には前髪しかない!彼女欲しいなら意識すべき行動3つ

 

チャンスの神様とは?彼女欲しい男性がチャンスをつかむ3つの行動

 

あなたは、「チャンスの神様」という言葉を聞いたことがありますか。チャンスの神様という言葉は、アイドルやミュージシャンが似ている名前で曲を発売しているため、聞いたことがある人も多いです。

 

チャンスの神様という言葉は他に、恋愛ドラマのなかで使われていました。ドラマのなかで使われている言葉は、「チャンスの神様には前髪しかない」ということです。

 

スポーツ・ビジネスなど何においても、成功する人たちはみなチャンスをつかんだ人たちです。成功できない人はチャンスがなかったのではなく、チャンスをチャンスとしてとらえることができない、またはチャンスをつかむ行動をしていない人、と言われています。これは、恋愛にも当てはまるものです。

 

そこで本ページではまず、チャンスの神様には前髪しかないという言葉の由来について記します。その上で、チャンスの神様には前髪しかない、ということを踏まえての恋愛での行動について記していきます。

 

●チャンスの神様には前髪しかない

 

●恋愛においてチャンスを逃してはいけない理由2つ

 

●恋愛のチャンスを逃さないために大事な3つのこと

 

本ページを読んで、チャンスを逃さずに行動することを常に意識しましょう。恋愛においてもチャンスを逃さない意識を持つことで、あなたは素敵な人と出会ってアプローチし、お付き合いすることが可能です。

 

チャンスの神様には前髪しかない

 

最初に、「チャンスの神様には前髪しかない」の意味について記していきます。

 

チャンスの神様には前髪しかないとは、チャンスが目の前にあってとらえることができるのは一瞬であり、後から振り返ってもそのチャンスをとらえることはできない、ということを指しています。

 

言葉の由来は、ギリシャ語でいう「機会(チャンス)」を意味する、ギリシャ神話の男性神の「カイロス」です。カイロスは前髪は長いが、後ろ髪はない美少年であったとされています。

 

以下の絵画は、実際にカイロスを描いたとされるものです。絵画の下部の方に、カイロスが描かれています。

 

チャンスの神様:カイロス

 

この絵で記しているように、カイロスは前髪しかなく、後頭部はハゲていることがわかります。仮に、後ろからカイロスをつかもうとしても、後頭部には髪がないためにつかむことができないのです。

 

この事実から、チャンスの神様には前髪しかないと言われるようになりました。

 

実生活においても、「あの時、●●を買っておけば良かった」などと、昔の判断・行動を後悔することはあります。ただし、時間を戻すことは不可能であるため、機会は二度と戻らないのです。

 

上記してきたことを踏まえ、あなたが彼女が欲しいと思っている場合、チャンスを逃さずに行動する意識を強く持たなくてはいけません。恋愛において、チャンスを逃してはいけない理由は2つあります。

 

恋愛においてチャンスを逃してはいけない理由2つ

 

恋愛においてチャンスを確実にとらえて逃してはいけない理由は、以下の2つがあります。

 

・女心は秋の空であり、うつろいやすいものだから

 

・次のチャンスを待ち、年齢を重ねるとモテなくなるから

 

以下、それぞれを詳細に説明していきます。

 

女心は秋の空であり、うつろいやすいものだから

 

女性の恋する思いは、男性よりもうつろいやすいです。「女心は秋の空」という言葉にも現れています。そのため、数少ないチャンスを逃すと上手くいきそうな恋愛も上手くいきません。

 

数少ないチャンスを逃してはいけないことから、恋愛にはタイミングがとても重要だと言われます。女子の気持ちが盛り上がっているときを逃してしまったら、もう2度とチャンスは来ないと思っていた方が良いです。

 

女子からあなたへの好意があったとしても、あなたがその気持ちに応えて行動しないと、女子の恋心は冷めていきます。「あなたのカッコ悪いところを見て、気持ちが冷めた」「他に好きな人ができた」といったことが起こると、もうチャンスは訪れません。

 

管理人の若い頃の具体例だと、管理人の好きな女子が家で飲みたいと言ってきたことがあります。管理人の好きな女子は、その少し以前に彼氏と別れ話をしていて微妙な関係だったそうです。後から聞いた話では、管理人のことを恋愛対象として見てくれていたそうでした。

 

結果的に、女子は管理人の家に来て2人で深夜までお酒を飲みました。しかし、管理人はその女子を本気で好きだったため、順番を踏んで付き合いたいと考えて何もすることができませんでした。深夜泊まっていくという彼女を、あえて家まで送って行ったのです。

 

その上で後日、きちんとデートに誘って告白しようとしたら、デートする機会すら持つことはできませんでした。よそよそしい態度を取られてしまって、デートは断られて遊びに行くことはなく、失恋したという苦い経験があります。

 

このように、「女性が自分のことを好きになってくれている、だから今度で大丈夫」などと思うと、高確率で失敗します。チャンスは一度きり、と考えて行動しなくてはいけないのです。

 

ただし、女子の方の心構えができていない状態はチャンスではありません。もう2人になれる機会はないと考えて、初回のデートで相手の気持ちを考えずに告白しても失敗するため、注意しましょう。

 

次のチャンスを待ち、年齢を重ねるとモテなくなるから

 

「大人の男性はモテる」「男は30代から人気が出る」などの言葉がありますが、これらの言葉を鵜呑みにしてはいけません。もちろん、30代以上の男性でモテている人は多いです。ただ、あなたが何歳であっても、モテるための行動を開始すべきときは「今」です。

 

理由は2つあります。第1に、モテるための行動を開始しても、すぐにモテることはできないからです。第2に、年齢を重ねるにつれてモテなくなるからです。

 

今までモテるための情報を学んでも彼女ができなかった、となげく男性はたくさんいます。しかしそれは多くの場合、知識をつけた後の行動がともなっていないからです。

 

また、行動を起こしたからといって、すぐにモテ始めるわけでもありません。自分を磨いて女子と接して、試行錯誤を重ねながら少しずつモテるようになるのです。このように、モテるようになるためには時間がかかるため、今すぐ行動を起こす必要があります。

 

もちろん、年齢を重ねても女子に好かれることはできます。20代・30代の未婚女性の多くが40代の男性を恋愛対象として見られる、というデータもありました。実際、管理人の22歳の女友だちは42歳の男性と付き合っていましたし、26歳の女友だちには45歳の彼氏がいました。

 

しかし、やはり歳が近い彼氏をのぞむ女子の方が圧倒的に多いです。

 

30代・40代と歳と歳を重ねると、結婚により同年代で恋愛を求める女子が少なくなっていきます。だからといって、一回り以上の年上の男性を恋愛対象だとする女子は少数です。結果として年齢を重ねると、恋愛対象として見てくれる女子が減ってモテなくなります。

 

歳の差婚が以前より一般的になってきましたが、男性も年齢が高すぎると恋愛対象に思ってくれる女性が少なくなり、若いときよりもチャンスが減るのは事実です。そのため、できるだけ若いうちから、彼女を作るための行動を開始しなくてはいけません。

 

恋愛のチャンスを逃さないために大事な3つのこと

 

チャンスの神様には前髪しかない、ということを意識してあなたが行動し始めるのであれば、最低限意識すべきことがあります。あなたが意識すべきことは、以下の3つです。

 

・今、好きな人がいるのならアプローチする

 

・他の人に相談して出会いを作ってもらう

 

・自分で出会いを作るように行動する

 

今ある出会いをものにすること、その上で他にも出会いを作っていくことが、彼女を探しているあなたが今から絶対に意識すべきことです。以下、それぞれを解説します。

 

今、好きな人がいるのならアプローチする

 

まずは、今あなたが好きな女子がいるのであれば、その女子にアプローチするために行動を起こしてみましょう。連絡先を知っていれば連絡をしてみる、会話をしたことがないのであれば話しかけてみる、といったことです。

 

さらに、もっと親密な関係の女子がいるのであれば、デートに誘う・告白するといったようなことです。

 

あなたがその女子にアプローチせずに、他の男性に奪われてしまうと後悔が残ります。「人は死ぬときに後悔するのは、失敗したことではなく行動しなかったこと」と言われています。本気の恋愛は一生後悔する可能性があるため、悔いなく女子にアプローチするようにしましょう。

 

他の人に相談して出会いを作ってもらう

 

彼女欲しい! という強い気持ちはありつつも、現在好きな女子がいない男性もいます。その場合は、まずは友だち・知人に対して相談して、誰か良い人がいれば紹介してくれないかということを伝えておきましょう。

 

あなたが日ごろからきちんとした態度で、友だち・知人に対して接していれば、時間はかかるかもしれませんが紹介話が巡ってきます。女子を1人紹介するというだけでなく、合コンという形で紹介してもらうこともあるはずです。

 

ただ、これらの紹介話・合コン話は、あなたが行動しなければ元からない可能性が高いです。そのため、日ごろから彼女が欲しいのであれば、まわりの人にきちんとアピールをしておく必要があることを覚えておきましょう。

 

自分で出会いを作るように行動する

 

友だち・知人にお願いをして出会いを作ってもらうのとともに、自分1人でも出会いを作ることが大事です。友だち・知人に紹介をお願いしても、いくら待っても全く紹介してもらえないこともあります。管理人は以前友だちに紹介をお願いしたところ、1年以上経ってから女子を紹介されました。

 

出会いを作ってもらうのも待っていても、待ち時間で年齢は上がっていきます。そのため、彼女欲しいという思いがあれば、あなたは1人で出会いを作るしかありません。待っていると、少しずつモテなくなるからです。

 

1人で出会いを作るのに最も有効なのが、恋活アプリ・婚活サイトといったネットでの出会いです。マッチングアプリの出会いでは、都会・地方問わず、1人で出会いを作って彼女を作ることが可能です。管理人も地方に転勤になったとき、何人もネットで出会うことができました。

 

特におすすめなのが、Omiaiというアプリです。月額料金は4,000円以下であり、ひとつきで10人以上の女子に出会うこともできます。まわりの人にバレずに、1人で恋活できるのが1番のメリットです。無料で登録可能なため、まずは1度試してみることをおすすめします。

 

「でも、マッチングアプリをするのは不安……」「アプリをしたことはあるけど、全然出会えなかった」という方もいますよね。そういった方は、ブサメンでも全国1位になった管理人が作成した、以下の無料の電子書籍を参考にしてください。マッチングアプリで出会える確率を大幅に上げることができるはずです。

 

>> 女心を操る! ズルいマッチングアプリ超実践術 はこちらです

 

以上、あなたが彼女が欲しいと思うのであれば、まずは今の恋に全力を尽くしましょう。その上で出会いを全力で探すことによって、あなたはチャンスを逃さずに行動することができ、彼女を作ることが可能です。

 

まとめ

 

チャンスの神様には前髪がない、という言葉は恋愛にも当てはまることです。本ページでは、チャンスの神様には前髪がないという言葉の由来を記した上で、恋愛においてチャンスを逃してはいけない理由と、彼女欲しいと願うあなたが今行動すべきことについて記しました。

 

チャンスの神様には前髪がないの語源は、ギリシャ語の「機会(チャンス)」を意味する神様のカイロスの髪型です。カイロスには後ろ髪がなく、前髪しかないことから、チャンスを後ろからつかもうとしてもできないと言われています。

 

恋愛においてチャンスを逃してはいけない理由は、「女心は変わりやすいものであるから」「次回のチャンスを待って、年齢を重ねるとモテなくなるから」です。

 

彼女が欲しいと強く願っているのであれば、チャンスを逃さないために「好きな女子にアプローチする」ことから始めます。もし、好きな女子がいなければ、「他の人に出会いを作ってもらう」「自分で出会いを作る」という行動を起こしてみることが大事です。

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ おすすめアプリ コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ