彼女欲しいならマインド面が重要!自分が変わることで彼女ができる訳

 

僕を探しにから学び、彼女を作るためには自分が変わり続けていくことが重要

 

彼女ができなくて悩んでいると、誰かが彼女を運んできてくれないかなと思ってしまいがちです。自分に自信がないため、どうしてよいかわからなくなると、行動するのをやめてしまいたくなりますよね。

 

ただ、彼女を作るにはやはりあなた自身が変わるしかありません。誰かが彼女を作ってくれる、いつかあなたを好きな女子が現れるというのは、あなたの妄想に過ぎません。自分から動いて状況を変えていかないと、彼女はずっとできないのです。

 

そのため、恋愛においてマインド面はとても重要です。そこで頑張ってもなかなか彼女ができない人、もしくはそもそも行動できない人のために、本ページでは4つの名言・名作から学べることを紹介します。

 

● 自分に自信がなく彼女ができない人は「世界に1つだけの花」から学ぶ

 

● 「幸せの青い鳥」から学ぶ彼女を作れる男性になるためのヒントとは

 

● コミュ障でも彼女を作りたい人は「エヴァンゲリオン」にヒントがある

 

● 「ぼくを探しに」から学び、彼女を作るために自分が変わることが重要

 

本ページを読んで、少しでも行動を起こすことから変えてみましょう。少しずつでも行動に変化をもたらすことで、あなたは女子にモテるマインドを持てるようになり、彼女を作ることができます。

 

自分に自信がなく彼女ができない人は「世界に1つだけの花」から学ぶ

 

自信がなくて彼女ができない人は世界に1つだけの花から学ぼう

 

あなたが好きな女性に好かれたいと思ったら、努力をすることが必要です。どんなにモテる男性・女性であっても、多少なりともモテるための努力をしています。そのため、容姿が普通の一般人においては、絶対に努力が必要なのです。

 

一般の男性・女性がモテるための努力をする際に参考になるのが、名曲である「世界に1つだけの花」です。この歌の歌詞に学び努力をすることで、モテる男性に成長することができます。

 

世界に1つだけの花から努力の方向性を学ぶ

 

モテるために努力をすることは大事です。ただ、無闇やたらに努力をすれば良いわけではありません。頑張ってもモテない男性は、努力の方向性を間違えています。

 

世界に1つだけの花から学ぶことができる、努力の方向性は2つです。

 

・第1に、ナンバーワンを目指さないこと

 

・第2に、自分の特徴に目を向けること

 

以下、詳細に説明をします。

 

努力してもナンバーワンを目指さない

 

「ナンバーワンにならなくても良い」というところから、世界に1つだけの花は始まります。大事なことの1つ目が、ナンバーワンを目指さないことです。

 

自分に特技や強みを見つけようとすると、頑張りすぎてしまう人がいます。素直に努力することは、とても良いことです。ただ、目標を高くしすぎて1つのことだけに突っ走るのは、モテる男性への近道ではありません。

 

あなたに求められるのは、全般的に弱みをなくすこと、そして部分的に自分の強みを持つことです。そしてその強みは、決してナンバーワンである必要はありません。

 

ナンバーワンでなければいけない、と完ぺき主義な目線で考えると、1つのことに集中しすぎてしまいます。そのため、全般的に弱みをなくす、ということができません。また、ナンバーワンになるのは時間がかかりすぎるため、あなたはいつまでたってもモテません。

 

例えば、モテるために身体を鍛えるという努力をするとします。その場合、ある程度脂肪が落ち、一般的にいう「細マッチョ」の体つきになれば、それだけでモテるのには十分です。

 

むしろ、身体を鍛えすぎることは逆効果です。脂肪を落とすために頑張りすぎてガリガリになっても、ボディビルダーを目指してムキムキになっても、たくさんの女性に好かれる身体ではありません。モテない努力を続けても、逆効果になってしまいます。

 

このように、努力をすることはとても大事です。ただ、やりすぎは逆効果になる可能性があります。そして、1つだけの努力ではモテません。ある程度強みを持ったら、弱みを補完することに集中するようにしましょう。

 

自分の特徴に目を向ける

 

あなたが努力をする際、全く別の人間になる必要はありません。全く別の人間になるのは、はっきり言って無理です。無口な人がおしゃべりになったり、いじられキャラがいじりキャラになったりするのは、無理があります。

 

無口な人であっても、最低限話すことで聞き上手になることはできます。いじられキャラだとしても、きちんと自分の考えを持つことでギャップを持ち、女性にモテることはできます。自分の持っている特徴を変えることなく、自分の特徴を伸ばすことが大事なことです。

 

自分の弱みは、表現によっては強みとなります。無口な人は落ち着いている人、いじられキャラの人は親しみやすい人、という様に考えて、今の自分をどうやったら伸ばすことができるか考えましょう。

 

そのために、自己分析をすることは大事です。まずは、自分で自分がどのような人であるか考えましょう。その上で仲の良い友達に自分の強みを聞くことで、それを伸ばすようにするのです。

 

自信がないと、自分のことを直視したくない人は多いです。ただ、成長するためには、現状の自分を見つめることは絶対に必要です。歌のなかにもある様に、あなたにはあなたの「種(特徴)」があるのです。その種を咲かせるために、まずは自分を見つめなおしましょう。

 

「幸せの青い鳥」から学ぶ彼女を作れる男性になるためのヒントとは

 

幸せの青い鳥のなかに、彼女を作れる男性になるためのヒントがある

 

童話の「幸せの青い鳥」は、とても有名な童話の1つです。モーリス・メーテルリンク氏が創った、この物語のなかには、実はモテる男性になるための大事なヒントが隠されています。

 

物語のなかで、主人公のチルチル・ミチルの兄妹は、幸せの青い鳥を探して旅に出ます。2人は青い鳥を探すなかで、時を超え、様々な出会いを通して、色々な経験をして行きます。ただ、どこを探しても青い鳥は見つかりません。

 

2人があきらめて家に帰ると、自分たちの飼っていた鳥が青くなっていました。「幸せは探し求めるものでなく、実は近くにあるものだ」ということが、本来この物語のなかで伝えたいことだといえます。

 

幸せの青い鳥を恋愛に置き換える

 

恋愛で置き換えて考えてみましょう。短絡的に考えて、「自分のまわりにいる人が運命の人であったのでは……」と考えないでください。もちろん、その可能性もありますが、学べるのは別のことです。青い小鳥を運命の人ではなく、恋愛テクニックだと考えてみましょう。

 

恋愛においてモテるためにどうしたら良いかわからず、テクニックを探し求める人はとても多いです。ただ、自分に合った恋愛テクニックを求める人に限って、絶対にモテる恋愛テクニックを見つけることはできません。

 

そして見つけることができないのを、自分がきちんと探していないからだと勘違いして、色々とテクニックを探し求めます。ただ、どこを探しても見つけることができません。結果として、さらに「どこかに自分に合うテクニックがきっとあるはず……」と、さまよってしまうのです。

 

チルチルとミチルは、家に帰ると幸せの青い鳥を見つけます。テクニックを探し求めるあなたも、ある時真理を発見します。それは、モテるために大事なことはテクニックを探し求めることではなく、テクニックを使いこなす自分のマインドを鍛えることだということです。

 

答えは自分のなかにある

 

幸せの青い鳥のなかにある、モテるためのヒントは、モテるために必要なものは、全て自分のなかにあるということです。それは、メンタル・思考・考え方・マインドセットなどと表現されます。結局、これらがないと、どんな恋愛テクニックも使いこなすことはできません。

 

このようなマインドの重要性は、多くの成功者が述べています。「答えは自分のなかにある」「敵は自分」「己に勝つ」といった言葉は、全てマインドに関することなのです。

 

実際、モテるためのテクニックは世の中に全て公開されています。秘密のテクニックはほぼありません。あったとしても、小手先のテクニックです。小手先のテクニックを探し求めることよりも、マインドを鍛えた方がよっぽどモテる男性への近道です。

 

管理人自身、モテるテクニックを探し求めてきました。ただ、どこにも自分に合った恋愛テクニックはありませんでした。そしてある時、モテる人は皆同じことを言っていることに気づきます。そしてテクニックを探さずに、まずは行動した結果、なんとか彼女ができたのです。

 

管理人の場合は、そこで始めてマインドが大事だと言うことに気づきました。多くの男性も、同様に恋愛テクニックを探し求めてしまうと思います。ただ、ある程度探したら、それ以上は恋愛テクニックを探さずに、まずはがむしゃらに実践するようにしましょう。

 

最初のうちは、手に入れたテクニックを上手く使いこなすことはできません。ただ、失敗してもめげずに頑張っていると、あなたのマインドの方が変化しています。そしてその時になって初めて、あなたが手に入れたテクニックが効果を発揮するのです。

 

コミュ障でも彼女を作りたい人は「エヴァンゲリオン」にヒントがある

 

コミュ障でも彼女が欲しい人は、エヴァンゲリオンのなかのヒントを見るべき

 

アニメ「エヴァンゲリオン」では、主人公がロボットのような巨大なエヴァンゲリオンに乗り、敵である使途の戦うことがメインであるかのように一見思えます。ただ、実はこの作品はストーリーのなかに隠れる心理描写がとても多く、そちらがメインと捉えることもできます。

 

主人公の「碇シンジ」は、育ってきた環境が原因で、コミュ障であるところから物語がスタートします。そのため、彼が少しずつ変わろうとしている行動のなかに、コミュ障を治すヒントがあります。

 

ヤマアラシのジレンマ

 

主人公が悩んでいることの1つに、人との距離をどう保てば良いかわからないという「ヤマアラシのジレンマ」が存在します。これは、ショーペンハウアー氏の寓話から、心理学者のフロイト氏が論じ、精神分析家のべラック氏が名づけたとされています。

 

由来は、ヤマアラシは身体に鋭いトゲがあるので、寒い日に身体を寄せ合うとお互いを傷つけてしまいます。ただ、それでも近くで身を寄せて温め合いたいから、遠すぎず近すぎないちょうど良い距離を見つけるというものです。

 

エヴァンゲリオンの主人公は、物語のなかでたくさんの人と出会います。そこで、その1人1人と話し合い向かい合うことで、人の価値観に触れて自分がどの様に接すれば良いのかを学んでいきます。

 

もちろん、良い出会いばかりではありません。最も信頼できる「渚カヲル」と出会いながら、最終的に裏切られ、自分の手で相手を始末するという残酷な運命を辿っていきます。そのような辛い出来事を通して、人との接し方を学んでいくのです。

 

自分の気持ちに素直になる

 

最初の頃、エヴァンゲリオンの主人公はとても内向的でした。他者との関わりを避け、人に求められることなく、できるだけ1人で生きていたいと願うような性格でした。ただ、そこに転機が訪れてエヴァンゲリオンに乗ることになり、自分の居場所ができることになります。

 

ある時、主人公はエヴァンゲリオンに乗りたいか乗りたくないかを迫られます。本音は、主人公は自分の居場所にいたいと感じていますが、それを素直に述べることができません。あくまでも、理由をつけて、自分しかいないからここにいるんだと述べてしまいます。

 

ただ、その真意は受け入れられず、クビになり本部を追い出されてしまいます。ただし、さらにそこで転機が訪れます。

 

街を出て行こうとするとき、クラスの友人たちが素直な気持ちを主人公にぶつけてくれるのです。この気持ちに対して主人公はとても嬉しく感じます。そこで改心して、クラスの友人がしてくれたように、自分の気持ちに素直になって行動しようと変化するのです。

 

他人と一緒にいることは、傷つけあうことだと感じていた主人公ですが、このような周りからの影響により一歩前に踏み出すことができたのです。ヤマアラシのジレンマの通り、お互いにぶつかり合うことで、自分にも相手にも良い距離感を身につけていったのだといえます。

 

これを物語だから、良い様にできすぎているだけ、という人はここから何も学べません。確かにまわりの人との出会いもありましたが、最後に彼を動かしたのは自分の意思です。自分の意思に素直であろうとして行動した結果、前に進めることができたのだと言えます。

 

そのため、今自分にある環境が悪いとは決して思わないでください。自分の意思で環境を変えれば良いだけだからです。サークルに入ろうが、スポーツジムに行こうがそれはあなたの意志次第でどうにでもなることです。

 

大事なことは、他人のせいにしないこと、自分に責任を持ち考えて行動することです。誰かが自分の周りの世界を変えてくれると思っていても、他人任せの未来では何も変わりません。まずは少しでも前に進もうとする意志と、行動することが大事であることを覚えていて下さい。

 

「ぼくを探しに」から学び、彼女を作るために自分が変わることが重要

 

あなたがパートナーを探す際も、パートナーができてからも、あなたは絶えず変化する必要があります。その理由は、パートナーとあなたが全く同じ思想を持っていることはないからです。性別も生まれ育った環境も異なるため、100%同じ考えのカップルは存在しません。

 

このページでは、「ぼくを探しに」という絵本のなかで書かれた内容を参照した上で、そこから運命の女性を探し求めるために重要な考え方を説明します。

 

結論から述べますと、この本で示されている大事なことは、自分に合うものを探すだけでなく、自分が変わることで相手に合わせることです。そして、このことを運命の人探しに置き換えた際に重要なことは、優先順位付けの考え方です。以下、詳細に説明します。

 

運命の人に出会ったとしても、自分も変わっていくことが必要

 

「ぼくを探しに」という絵本のなかで、主人公は自分の体に一部欠けている部分を探しに旅に出ます。あなたの恋人・奥さん探しに置きかえると、運命のパートナーと一緒になるために恋活・婚活をするといえます。

 

恋活・婚活をするなかで、あなたは様々な女性に出会います。おっとりした人、自信家、短気、ツンデレ、お調子者、甘えん坊、しっかりものなど、色々な女性と出会って付き合うなかで、次第にどのような女性が自分に合うのかを少しずつわかっていきます。

 

あなたは時には心に傷を負い、逆に相手の心に傷を負わせてしまったりします。大好きな人への告白が成功することも、最愛の彼女に裏切られることもあります。そういった中で、少しずつどのような人が自分に合うのかわかり、あなたの人生は進んでいきます。

 

ただ、絵本のなかの主人公はある時気づきます。それは、自分に合うカケラを探すことにだけに集中してしまい、それまでに見つけてきたカケラに対し、自分を変えることをしていなかったことです。この考えは、そのままあなたの恋愛や結婚にも当てはまります。

 

恋愛・結婚における最終的なゴールは、パートナーと幸せな関係を築くことです。あなたが自分に合うだけの女性を探しあてることは、決してゴールではありません。

 

あなたが恋活・婚活する上で、この人だと思った運命の女性であっても、自分と合わないところは絶対にあります。ただ、この絵本のなかの主人公と同じく、少しずつ自分も形を変えることによって、パートナーを受け入れる柔軟性が大事なのです。

 

あなたが変わるために大事な、優先順位付けの考え方

 

パートナーと幸せな関係となるために、あなたは少しずつ変わっていくことが必要です。ただ、ある程度変わる必要はありますが、全くの別人になるくらい変わることはやめましょう。

 

その理由は、全くの別人になることは、あなたに相当な負担がかかるからです。恋愛・結婚しても、パートナーに追い詰められ、精神的に病んでしまうことはあります。そのため、パートナーのためとはいえ、別人になるまでの変化は必要ありません。

 

変化をしていくなかで、あなたにとって大事なことは優先順位付けの考え方です。あなたが女性に対して、何を大事に思うかを明確にしましょう。その上で、パートナーに対してどこまで許せて、どこを許せないかを自分でわかっておく必要があります。

 

そして、あなたが本当に許せないところに関しては、きちんと話しあうことが大事です。ここを黙っていると、どこかのタイミングでケンカになった際に、2人の関係を壊す致命的なヒビになりかねないからです。

 

ただ、それ以外の大部分のところに関しては、相手を受け入れてあげることが大事です。あなたとしては、その行動を直接受け入れることはできないかも知れません。ただ、パートナーがその行動をすることは許してあげましょう。

 

例えば、あなたがタバコを嫌いだとします。ただ、パートナーの女性が、仕事のストレス発散のためにタバコを吸うことを受け入れてあげるべき、ということです。自分の行動としては許せないかも知れませんが、相手の行為を許すのは、あなたが変わることの一例といえます。

 

まとめ

 

彼女が欲しいと思っていても、行動してもなかなかうまくいかない人や行動に移せない人は、恋愛に対するマインドの重要性を知った上で鍛えていく必要があります。本ページでは、名言・名作から学べるマインドの重要なことについて記しました。

 

まずは「世界に1つだけの花」から学び、自分の強みをある程度伸ばしていきましょう。ナンバーワンを目指す必要はありません。その上で、自分の弱みを補完しつつ自分の強みをさらに伸ばすことで、あなたはモテる男性になれます。

 

童話「幸せの青い鳥」からは、彼女作りで大事なものは自分の近くにあるものだと気づきます。恋愛テクニックを探すことよりも、より大事なことはあなたのマインドを鍛えることなのです。

 

アニメ「エヴァンゲリオン」からは、コミュ障の人が変わっていくためのヒントが示されています。他人との距離感がつかめないヤマアラシのジレンマについて、悩む人は多いです。ただ、最終的には自分の意思で行動することで、自分と相手とでちょうど良い距離を探せます。

 

最後に、彼女探しに大事なことが「僕を探し」にという絵本のなかでも記されています。理想のパートナーができても、相手と少しずつ変わり合うことが大事です。全て変わることができなくても優先順位付けを行って話し合い、パートナーと仲良い関係を作っていくことを意識します。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ