女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」

せっかく女性と知り合っても、仲を深めていくための方法がわからない男性は多いです。そのような男性は、どんなに冗談を言って楽しませても、相手の話をいくらきちんと聞いても、なぜか女性との距離が深まらなくて悩んでしまいます。

 

そのような男性に役立つのが、「自己開示」の考え方です。ここでは自己開示の説明をした上で、女性と仲良くなるときに、どのように行動していけば良いか説明をします。

 

女性と仲良くなるために必要な自己開示

 

「自己開示」とは、自分の考えや自分に関する出来事など、自分の情報を言葉にして相手に伝えることを言います。この情報には、他の人からしたら良い情報も悪い情報も、そして深い情報も浅い情報も、色々な種類の情報が含まれます。

 

自分の情報を相手に伝えると、「自己開示の返報性」が働きます。つまり、あなたが女性に対して自分の情報をどんどん出すことで、相手の女性も自分の情報を出してくれるのです。その結果、あなたと女性の関係は深まっていくのです。

 

実際、自己開示がない会話をいくら繰り返しても、女性と仲良くなることはできません。自己開示がなくては、自分の情報が相手に伝わらないことに加え、相手の情報が自分に伝わることもないからです。

 

ただ、注意すべきポイントは、単純に自己開示を行えば女性と仲良くなれるわけではない、ということです。自己開示を生かして女性と仲良くなるために必要な点は2つです。

 

それは、「少しずつ自己開示する情報を深くする」ことと、「返報性で返ってきた情報を掘り出していく」ことです。

 

少しずつ自己開示する情報を深くする

 

単純に自己開示をしても、女性と仲良くなることはできません。大事なことは、最初は浅い情報を相手に伝え、仲良くなるにつれて深い情報を相手に伝えていくことです。そうでないと、あなたがいくら自分の情報を出しても、相手は自分の情報を出してくれません。

 

・出会いの段階

 

出会いの段階では、相手に対して自分の表面情報を伝えていきましょう。表面情報の例は、恋活アプリ・婚活サイトのプロフィールで書く内容、もしくは婚活パーティーのプロフィールカードに書く内容です。

 

具体的には、名前・年齢・血液型・居住地・仕事内容・休日は何曜日か・休日の過ごし方・好きな異性のタイプ・趣味・特技などです。このような、特に隠し事をする必要のない情報を、相手に伝えましょう。すると、相手も話しやすい情報のため、同じく話を返してくれます。

 

・知り合い、友達の段階

 

上に書いた情報を一通り相手と交換したら、そこから一歩踏み込んで話をしていきましょう。例えば、仕事の愚痴・最近の悩み・前の恋人の話などです。少しだけ深める、という意識がないと、いつまで経っても表面情報のやりとりとなり、仲が深まらないので注意してください。

 

・恋人、奥さんの段階

 

深い情報を相手と共有しましょう。自分の身体のこと・将来のこと・家族のことなど、他の人に言えない内容を共有することで、より相手との信頼を深めることができます。良い情報だけでなく悪い情報であっても、この段階であれば、パートナーもある程度理解してくれます。

 

返報性で返って来た相手の情報を掘り下げる

 

あなたが自己開示を行うと、自己開示の返報性が生じるため、相手の女性が自分のことを話し始めます。さらにそこから仲良くなるために、あなたはその情報に対して質問を行い、さらに話を掘り下げていくことが大事です。

 

その際、自己開示がない状態で質問をされると、女性は嫌がります。それは、相手と仲良くなるためのコミュニケーションでなく、単なる尋問になってしまうからです。質問の意図がわからず、単に掘り下げられても、女性は警戒して会話を進めてくれません。

 

ただ、きちんと自己開示を行っておくと、女性は話を返してくれるのです。実際、あなたが自己開示をして、相手が自己開示の返報性を行ってきて、あなたがその情報を掘り下げていくと、会話の7割以上は女性が話すことになります。

 

女性は話すことが大好きな人が多く、きちんと話を聞いてくれる男性を大事にしたいと感じます。そのため、「私ばかり話してごめんね、今度はあなたの話も聞きたいな」と言われたら、あなたの会話は大成功と言えます。

 

ただ、注意点としては、掘り下げることだけに集中しないことです。相手の会話を掘り下げるなかに、少しずつ自己開示をして意見を述べることで、女性が尋問されていないと思わないようにすることが大事です。

 

まとめ

 

自己開示は、自分の考えや自分が体験した出来事などの、自分に関係する情報を、言葉で相手に伝えることです。自己開示を行うことで、相手から自己開示の返報性が働くため、より女性と仲良くなることができます。

 

自己開示を行う上でのポイントは、最初から深い情報を与えすぎないことです。突然深い情報を相手に伝えても、相手は同じくらいの情報を伝えるのに躊躇してしまい、仲を深めることができません。仲が深まるにつれて、相手に伝える情報も深くしていきましょう。

 

また、返報性で返ってきた相手の情報を掘り下げるのもポイントです。表面情報だけで終わらせないために、少しずつ会話を深めていきましょう。その際も、より女性が話しやすい状態とするため、適度に自己開示をはさむようにしましょう。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ