「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する

「軽い気持ちでお願いを引き受けたのにも関わらず、その後にどんどんお願いが増えてしまい、困ってしまった……」という経験がある人は多いです。ただ、このような方の全てが、優柔不断でお願いを断れないというわけではありません。

 

ではなぜ、頼まれごとがエスカレートしたかというと、そこに「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」という心理学を用いたテクニックが使われているからです。ここではフット・イン・ザ・ドア・テクニックについて説明し、恋愛において適用する際のポイントをお話します。

 

フット・イン・ザ・ドア・テクニックを知る

 

「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は、最初は小さなお願いを引き受けてもらった上で、そこから少しずつお願いする内容を大きくし、目的とする大きなお願いを引き受けてもらうテクニックです。

 

これは、人間が自分の思考・行動・言動に対して、一貫した立場を貫こうとする「一貫性の法則」を利用したテクニックです。人は一度引き受けてしまったら断れない、という心理が利用されています。

 

由来は、「相手の人がドアを開いたところに足を入れる」ところから来ています。セールスマンがお客にドアを閉めさせずに、話を聞くところまで持ち込んだら勝ち、というものです。ドアをとりあえず開け、話を聞いていると、いつの間にか商品を買わざるを得ない状態になってしまうのです。

 

このフット・イン・ザ・ドア・テクニックは、様々なところで使われています。子供がお願いするお菓子がエスカレートする、試供品を無料で使うだけのはずが有料商品を買っている、後輩の頼みを引き受けていたら厄介な仕事に巻き込まれている、などです。

 

そして、フット・イン・ザ・ドア・テクニックは恋愛においても適用できます。

 

デートに誘うときにフット・イン・ザ・ドア・テクニックを使う

 

仲が良くなった女性がいても、なかなか女性をデートに誘うことができないでいるとします。そういった場合は、フット・イン・ザ・ドア・テクニックを使用して、小さなお願いからスタートし、最終的に会わざるを得ない用事を作り出すのです。

 

例えば、あなたと女性が共通の趣味として、読書があるとします。その場合は、メールで色々な書籍の話をします。そのなかで、相手の女性だけが持っていて、あなたが持っていない本の話にフォーカスし、あなたは熱心に質問をしましょう。

 

最初は、小さなお願いとして、本についての色々な情報を聞きます。話が盛り上がってきたら、最終的に「すごく興味がある!その本を貸してくれない? 」という大きなお願いをするのです。女性も今まで熱心に質問に答えていたため、無下に断ることはできません。

 

そのため、本を貸すためにあなたと2人で会わざるを得なくなるのです。もちろん、冷静に考えれば「自分で買えばいいのに……」と女性は思います。ただ、その前に質問に答えるという小さなお願いに乗っていたため、断ることができない女性が多いのです。

 

この心理を利用して、デートにこぎつけましょう。「本を貸してくれたお礼に、コーヒーでもおごるよ」などと言って、喫茶店に行くのです。するといつの間にか、カップルのデートのような感じの空間を作ることに成功するのです。

 

なお、逆に大きなお願いごとから頼みごとをスタートした後、拒絶されたところでお願いを小さくし、最終的に小さなお願いごとをかなえてもらう、「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」というテクニックも存在します。

 

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックは、上記の例ですと、本のお礼に、飲みに行くもしくはレストランに食事しに行くと言うのです。「そこまではしなくて大丈夫」と断られたところで、「じゃ軽くコーヒーでも行こう」と言うことで、女性とのデートは続いていくのです。

 

このように、小さなお願いから話したり、大きなお願いから話したり、場によってお願いする方法を使い分けていくことで、女性とのデートを上手く進めていくことができます。

 

まとめ

 

軽い気持ちで引き受けたはずのお願いごとが、いつの間にか大きなお願いごとになっていたという人は多いです。そこには「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」が使用されています。

 

「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は小さなお願いごとから始まり、本命のお願いごとに向けて、少しずつお願いを大きくしていくことです。一貫性の法則が働くため、小さなお願いごとでも一度聞いてしまうと、そこからエスカレートしても断りにくいというテクニックです。

 

恋愛においても、デートの誘いをするときに効力を発揮します。また、大きなお願いから始まる「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」も使うことで、デートを上手く進めることができます。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ