社会人だから彼女欲しい!忙しい20代・30代のための出会い方3つ

 

社会人だから彼女欲しい!忙しい20代・30代のための出会い方3つ

 

「学生時代は彼女ができなかった…… でも社会人こそ彼女を作るぞ!」、と意気込む社会人の男性は多いですよね。また、「社会人になってしばらく彼女がいないけど、そろそろ彼女が欲しい」と考えている社会人男性も多くいます。

 

しかし、現実的には毎日忙しくて自宅と会社の往復のみ…… 会社では出会いはなく、女性と話すのはコンビニのバイトの女性くらい。休日もほぼ家で過ごしているため、彼女ができる気配が全くないといった人はとてもたくさんいます。

 

特に、まだ仕事を始めたばかりの20代社会人、そして仕事を任せられる年になってきた30代社会人は非常に忙しくて、出会いがなかなかないのは事実です。

 

しかし仕事が忙しくても、彼女を作ってプライベートを充実させたいと思ってしますよね。そこで本ページでは、忙しくても彼女が欲しい社会人男性に対して、彼女を作るときの心がけ・彼女を作るためのポイント・出会い方について解説していきます。

 

● 20代社会人が彼女を作る時の5つの心がけ

 

● 30代社会人が彼女を作るための5つの心がけ

 

● 彼女ができない社会人が彼女を作る4つのポイント

 

● 可愛い彼女と出会うための出会いの注意点5つ

 

● 忙しい社会人のための出会い方3つ

 

特に大事なのは心構えであるため、彼女が欲しくて悩んでいる20代・30代の社会人男性に対して、彼女を作るときの心がけをそれぞれ解説しています。

 

本ページを読んで行動することで、なかなか彼女ができない社会人男性も彼女を作ることが可能です。

 

20代社会人が彼女を作る時の5つの心がけ

 

20代社会人が彼女を作る時の5つの心がけ

 

最初に、社会人になってあまり時間がたっていない20代の男性に対して、彼女を作るための心がけについて解説します。

 

以下の心がけを読んで早いうちに彼女を作り、社会人ライフを満喫しましょう。

 

社会人は時間も出会いもないことを受け入れる

 

学生から社会人となった20代男性に必要なのは、早い段階で社会人は時間も出会いも少ないことを受け入れることです。

 

社会人は会社の外で何か行動しない限り、交友関係がどんどんせまくなっていきます。学生時代のように進学で環境が変わることもないため、年を重ねても出会いはないことを早めに受けいれて、何かしら行動を起こさないといけないんです。

 

ただ、「社会人だから学生より彼女ができない」というわけでは決してありません。経済力があるため、社会人の方がモテます。それを踏まえて、彼女を作るために恋活に挑んでいくことが大事なことです。

 

仕事・ビジネススキルを身につける

 

20代の社会人が、早い段階で身につけるべきは仕事のやり方とビジネススキルです。

 

女性は仕事ができる男性が大好きなため、仕事ができることに超したことはありません。仕事ができる男性は話し方や考え方がしっかりしているため、恋活の場で女性と会った時も、話していて頼りがいがある男性のように感じてもらいやすいです。

 

そのため、「仕事が面倒臭い…… やりたくないな」とネガティブに思わず、「これを身につければモテる男になるぞ!」と考えてポジティブに仕事に取り組むことを強くおすすめします。

 

趣味に没頭する・習い事で自分磨き

 

さらに、休日に何かしら行うべき趣味を持っていると良いです。加えて、自分を高めるべき習い事もしておくこともおすすめします。

 

趣味がない無趣味の男性よりも、何かしら夢中になれる趣味を持っている男性の方が好かれます。ただ、女性ウケの悪いギャンブルやオカルト的な趣味は避け、女性から好かれやすいスポーツ、料理、旅行、読書、音楽といったような趣味を持つことがおすすめです。

 

また、習い事としては英会話・ビジネスセミナー・料理教室などが例として挙げられます。女性は成長していこうとする将来性のある男性が好きなため、あなたの興味がある分野で自分磨きをすることをおすすめします。

 

30代男性には若さ・行動力で対抗する

 

学生時代は恋敵となるのが、同級生だったり、1つか2つくらい年上もしくは年下の男性が多かったりします。

 

しかし、新社会人ではライバルとなるのが年上の男性であることが多いです。特に30代男性は、20代の男性よりも落ち着きも経済力もあるため、比較されて負けてしまうこともあります。管理人自身も20代後半の頃、5個上の30代の先輩に彼女を奪われた苦い思い出があります。

 

ただ、同じ土俵で年上男性と戦っても負けてしまいます。そのため、20代の若い男性らしく、積極的なアプローチやストレートに女性に告白するといった若さで対抗することがおすすめです。

 

早く恋活を始めた方が20代のうちに結婚しやすい

 

そして最後に大事なことが、早めに恋活を始めること。特に20代のうちに結婚したいのであれば、すぐにでも恋活を始めましょう。

 

「まだ20代前半だから、20代のうちに結婚するのは楽勝だろう」と思っていたとしても、現実はうまくいかないことの方が多いです。20代後半になって行動を開始しても、すぐに女性から好かれることはないため、彼女を作れずに30代に突入することになってしまいます。

 

また、20代後半になって行動してモテ始めたとしても、逆に結婚願望がなくなってしまって婚期が遅れてしまうことが多いです。どちらにしろ、20代で結婚するためには早めに恋活を開始していた方が実現する可能性が高くなります。

 

30代社会人が彼女を作るための5つの心がけ

 

30代社会人が彼女を作るための5つの心がけ

 

次に、社会に出てしばらく経った30代社会人男性が、彼女を作るための心がけについて解説していきます。

 

30代は何もしないと出会いが激減することを受け入れる

 

「30代の男性は20代の男性よりもモテる」とは述べましたが、これはきちんと恋活している30代男性限定です。何も行動しない30代男性は出会いがどんどんなくなりますし、モテなくなっていくことが現実です。

 

ただ、恋人を作るために努力している男性であれば、最もモテるのが30代前半のときです。

 

そのため、もしあなたが「30代はおじさんだから彼女を作るのは難しい」となげいているとしたら、その時間は不毛です。悩んでいる時間があれば、すぐにでも恋活を始めた方が彼女を作れる可能性は高くなるため、すぐにでも行動を開始しましょう。

 

昇進・転職・副業で収入を増やす

 

年をとってもモテる男性は、ほぼ間違いなく経済力があるという特徴を持っています。

 

女性は妊娠した後や出産した後に、働けないときが一定の期間ありますよね。そのような期間でも子どもを養う生活を続けるために、無意識に「生活力がある男性 = 経済力がある男性」を好きになると一説では言われています。

 

そのため、30代を超えた男性は、頑張って仕事して昇進する・転職して条件の良い会社に行く・副業で儲けるといったように、何かしら行動を起こしましょう。そのうえで女性と接すると、以前よりも女性の反応が良くなっていることに気づくはずです。

 

老けないように外見に気をつかう

 

30代になっても彼女ができる人は、外見に気をつかっている人です。「外見しか見ない女なんてどうでも良い。中身を見てくれる女が好きだ」などと思っていても、外見を全く気にしない女性はいません。そのため、まずは自分自身の清潔感をチェックしてみましょう。

 

特に注意すべき点は、髪の毛・肌・体型・ファッションの4つです。

 

髪の毛は、ヘアケアをして薄毛対策をしましょう。仮にハゲてしまったら、全て剃ることをおすすめします。肌ケアもした上で、お腹が出てこないように体型維持のために運動しましょう。その上で、おじさんと思われないように洋服に気をつかうことも大事なことです。

 

20代男性には落ち着きで対抗する

 

ただ、どんなに外見に気をつかっても、30代男性は20代男性に外見で勝つことはできません。もちろん老け顔の方が好きな女性もいますが、20代男性の若々しくて、綺麗な肌に勝ることは生物学的に不可能なんです。

 

そのため外見ではなく、30代男性の魅力である大人の余裕・落ち着きで、若い男性に負けないようにする必要があります。

 

特にコミュニケーションにおいては、自分のアピールをガツガツする男性は、30代なのに幼い男性と思われて女性に好かれません。自分のアピールをすることを抑え、女性の話をきちんと聞ける落ち着きがあった方が大人の男性として女性に好かれやすいといえます。

 

34歳がピークだと考えて行動する

 

以前よりも、30代男性は「おじさん」とは言われることは少なくなってきました。35-39歳の男性でも、若くてイケメンの俳優さんが増えたからです。

 

ただ、一般人であれば加齢で老けてきて、女性から好かれにくくなってきます。また、女性は年上好きな人が多いとはいっても、「35歳以上は嫌。おっさんよりも若い男性の方が良い」と考えるようになってしまい、30代男性が少しずつモテなくなるのが35歳を過ぎてからです。

 

そのため、アラサーでもまだ大丈夫とは思わずに、34歳でモテ期が終わる事実を意識して、早めに恋活することをおすすめします。

 

彼女ができない社会人が彼女を作る4つのポイント

 

彼女ができない社会人が彼女を作る4つのポイント

 

ここまでに、20代・30代社会人男性が彼女を作るために必要な心がけについて解説してきました。次に、実際に彼女を作るときの行動のポイントについて解説していきます。

 

人のアドバイスを聞くこと

 

努力しても彼女ができない男性に多いのが、人のアドバイスを聞かずに我流で頑張ってしまうことです。

 

「人のアドバイスを素直に聞くのは、なんか負けた気がする……」などと考えて、自分流の行動で頑張ってしまう人はとてもたくさんいます。ただ、今まで自分流の行動で失敗していた場合、自分流では今後も失敗し続ける可能性が高いです。

 

現状を打破するためにも、本・ウェブサイト・youtubeなどを利用して、恋活が上手くいっている人のアドバイスを聞いて行動してみることを強くおすすめします。

 

すぐに行動すること

 

管理人は、彼女ができない男性のためにコンサルをしています。そして、実際に彼女を作ってもらっているのでわかるのですが、彼女ができる人と彼女ができない人の差は行動力の差です。

 

すぐに行動する人は、なかなか行動できない人と比較して、トライandエラーを短期間で繰り返していくため非常に成長が早いんですね。逆に言い訳ばかりで行動できない人は、成長がかなり遅いため、彼女ができるのにかなり時間がかかってしまいます。

 

そのため、彼女を作るために頑張ると決心したならば、すぐにでも行動を起こしてみることを推奨します。

 

結果を出すまで行動をしつづけること

 

そして、行動を起こすこと以上に大事なことは行動を継続すること。

 

「少しだけなら頑張れる!」と思って、短期間だけ恋活を頑張る人はすごく多いです。ただ、最初からうまくいくことばかりではないため、より大事なことは彼女ができるまで頑張り続けることなんです。1度くらい女性にフラれても、あきらめずに頑張ることが大事なんですね。

 

しかしなかには、「すぐに恋活が嫌になって続かない……」という人もいます。そのような人は、最初の行動の難易度が高い可能性があります。最初から自分に課した課題がキツすぎるとすぐに嫌になってしまうため、小さいことから始めることを意識してみましょう。

 

出会いの場に行くこと

 

そして、最終的に大事なことは、女性と出会うために出会いの場に行くことです。

 

「モテるために身体を鍛えて、洋服も買い揃えました。でも出会いの場には行けなくて……」という男性もなかにはいます。ただ、女性と出会わなければ彼女を作ることはできないため、女性と接触することが必要不可欠なんです。

 

何ごとも成長するのは、練習のなかではなく実戦のなかにおいてです。ただ実戦とはいっても、恋活・婚活は失敗しても命にかかわることはないため、あまり気負いせずに気軽な気持ちで出会いの場に行くことをおすすめします。

 

可愛い彼女と出会うための出会いの注意点5つ

 

可愛い彼女と出会うための出会いの注意点5つ

 

ただ、「きちんと出会いの場に行け!」とだけ言われても困ってしまいますよね。そこで、社会人のあなたが可愛い彼女を作れるように、「出会いの注意点」について解説していきます。

 

出会いは自分で作りに行く

 

1つめのポイントとしては、出会いは自分から行動して作りに行くことです。

 

身近なところで出会いがある男性もいますが、ほとんどの社会人男性にとって身近に出会いはないですよね。そのような環境のなかで、いつか出会いがあるはずだと思い続けても、どんどん年を取ってモテなくなっていくだけです。

 

そのため、出会いは誰からか与えられるのを待つのではなく、自分から積極的に行動して出会いを作っていく必要があります。

 

出会いを作るためにお金を使う

 

学生の頃は何もしなくてもまわりに女性がいたため、出会いにお金をかけるという考えは持たないはずです。「なんで女性の連絡先を手に入れるために、お金を払わなきゃいけないんだ」と思っている人も多いですよね。

 

ただ、社会人には経済力は多少あっても時間はありません。良い出会いは自分1人で見つけるのは難しいため、お金を払ってでも出会いを提供してくれるサービスを使う方が効率的に女性に出会うことができます。

 

忙しい人ほど、時間がなくて恋活できないと嘆いてしまいがち。ただ、そういった現状を打破するためには、ある程度お金を支払ってでも出会いを作った方が彼女ができやすいことを覚えておきましょう。

 

1人で出会いを作れる手段を使う

 

女性と出会う方法は、「複数人で出会う方法」と「1人で出会う方法」があります。その2つのうち、基本的には1人で女性と出会える方法がおすすめです。

 

なぜかというと、複数人での出会いの場合は日程調整や人数調整が大変だから。自分1人の都合だけで決めることができないため、調整がスムーズにいきません。そのため、1人で作れる出会いの方が自由度が高くて気軽です。

 

また、複数人での出会いの場合は他の男性が恋敵となる可能性もあります。結果として、友だちに好きな女性を取られて悔しい思いをする可能性もあるため、1人で女性に出会える手段を使うことがおすすめです。

 

1つの出会いから次の出会いにつなげていく

 

社会人はなかなか出会いがないため、せっかく異性と出会ったのであれば、その出会いを大事にするようにしましょう。もし出会えた人が好みのタイプでなかったとしても、その人と友だちになって、そこから出会いを増やしていけるようにします。

 

管理人の場合、出会った人があまりタイプでなかった場合は、その人と合コンをすることで女性の知り合い・友だちを増やしていきました。この方法であれば、出会った女性も出会いの幅を広げることができるため、Win-Winの関係を築けることができます。

 

そして、このようにして男友達にも出会いを提供していると、逆に合コンなどの誘いがあってチャンスが倍増していくんです。

 

出会いは最初は質より量を意識する

 

最後のポイントは、まずはできるだけたくさんの出会いを作ることです。

 

「1人だけ大好きな彼女が欲しい!」と思ったら、「たくさんの出会いはいらない。タイプの女性とだけ会いたい」と考えるのは当然のことですよね。ただ、女性とうまく話せない状態で、最初からタイプの女性と会ったとしてもうまく話せずにフラれてしまいます。

 

そのため、最初はある程度たくさんの女性と出会って会話をして、女性に慣れていくことも大事なんです。たくさんの女性と接することで、タイプの女性に出会えたときも気負わずに話すことができるため、うまくいく可能性が高くなりますよ。

 

忙しい社会人のための出会い方3つ

 

忙しい社会人のための出会い方3つ

 

ここまでに、社会人のための出会いのポイントとして、

 

・出会いは自分で作る

 

・お金を払って出会いの場に行く

 

・1人で出会える出会いを利用する

 

・1つの出会いから次の出会いにつなげる

 

・最初のうちは出会いは質より量を意識

 

ということを述べてきました。このことを踏まえて、どのような出会いを利用すべきかを3つだけお伝えします。

 

街コンで出会う

 

1つめにおすすめするのは街コンです。

 

街コンは同性でペアを組み、異性のペアと2対2で30分程度の「ミニ合コン」を行い、制限時間内に席替えをしてミニ合コンを数回繰り返すものです。同性のペアは友だちと参加するのが一般的ですが、1人で参加した場合でも他に1人で参加した男性とペアを組んで回ることもできます。

 

街コンは5,000円くらいの費用はかかりますが、お金を払えば女性との出会いを作れるものです。街コンのなかで何人もの女性と出会って話せるため、たくさんのチャンスがあるのも良い点だといえます。

 

なお、街コンではたくさんの女性と話せるものの、街コンの後につなげられるのはごくわずかな女性だけです。そのため、街コンのなかで「もっと仲良くなりたい女性」がいたらチャンスを逃さずに、即座に街コン後に別途飲みに行く提案をすることをおすすめします。

 

婚活パーティーで出会う

 

次におすすめするのが、婚活パーティーです。

 

婚活パーティーでは基本的には女性が用意された席に座っていて、男性が女性の座っている席を渡り歩いていくシステムです。女性と話ができるのは、大体3-5分程度。ただ、全員のところを回った後はフリータイムとなり、気に入った女性のところに行って話すことができます。

 

婚活パーティーも、5,000円程度の費用で10名程度の女性と出会って話せます。なお「婚活」という名前がついていますが、男女ともにまずは恋愛したいと思って参加する人が多いため、気楽に参加できます。

 

特に、おすすめは「1人参加限定のパーティー」です。複数名で参加OKのパーティーと異なり、友だちの付き合いで参加する女性がいないため、本気で彼女が欲しいなら婚活パーティーがおすすめといえます。

 

マッチングアプリで出会う

 

最後におすすめするのが、マッチングアプリです。

 

マッチングアプリはアプリ上でプロフィールを確認し、お互いに素敵だと思ったらいいね! をし合ってマッチングします。そして、メッセージをした後で実際に出会ってみて、会話して仲良くなって付き合うといったシステムなんですね。

 

「え? 出会い系サイト?」と思う人が多いですが、マッチングアプリはアダルト禁止で、真剣に出会おうとしないと強制退会となる出会い方なんです。なお、ほとんどの女性がきちんと顔を出しているため、自分の好みの女性だけにアプローチして出会うことができるのもメリットです。

 

マッチングアプリのコツとして、出会うときに最も大切なのはプロフィール写真です。プロフィール写真は友だちにお願いして、あなたの笑顔を撮ってもらいましょう。ドヤ顔の自撮り写真よりも、他の人に撮ってもらった方が自然な笑顔となります。

 

さらにプロフィール写真だけでなく、自己紹介文などのプロフィールもきちんと設定しておくことで、月に3,000円程度の出費で10人以上の女性とデート可能なのがマッチングアプリなんです。

 

まとめ

 

本ページでは、彼女欲しいけどできないとなげく社会人男性に対して、彼女を作るための心がけと彼女を作るポイント、そして出会い方について解説してきました。

 

なかなか彼女ができない社会人男性は、まずは心がけを変えた上で、「人のアドバイスを聞く」「すぐに行動する」「結果が出るまで行動する」「出会いの場に行く」ことが大事なことです。

 

社会人が出会いを作る時のポイントは、「出会いは自分で作りに行く」「出会いを作るためにお金を使う」「1人で出会いを作る手段を使う」「1つの出会いから次の出会いにつなげていく」「たくさんの女性に出会う」ことなどがあります。

 

社会人におすすめの出会いとしては、街コン・婚活パーティー・マッチングアプリなどです。これらを並行して利用して出会いを作っていくことで、社会人のあなたも彼女を作ることができます。

コミュ障でも彼女を作る秘訣


「ナンパなんてできない…」

「イケメンに勝てるワケがない……」

「会話が苦手……」

と『恋愛』をあきらめている男性へ。

23歳まで童貞だった、コミュ障男でも1ヶ月に1000人から好かれ、マッチングアプリで全国1位となり、

大好きな彼女ができた、「ズルいマッチングアプリ超実践術」に興味はありませんか?

マッチングアプリで彼女を作る方法


HOME 無料メルマガ 童貞卒業ガイド コンサル生の声 プロフィール お問い合わせ