方言を話す彼女が欲しい!地方出身の女子と付き合う5つのポイント

 

方言を話す彼女が欲しい!地方出身の女子と付き合う5つのポイント

 

「ぶち好きじゃけ」「好きやで」といったように、テレビで時々放送される、方言で話す女子はとても可愛いですよね。もちろん、「好きです」と標準語で言われるのもうれしいことですが、地方の言葉で言われると男性はキュンとなってしまいます。

 

ただ、実際には東京圏に住んでいると、なかなか方言で話す女性と出会うことは少ないです。仕事ではみな標準語で話すため、なかなか方言を聞くことはありません。

 

そのため、地方出身女子の方言を聞くのであれば、2人でデートする親しい仲になる必要があります。気を許してくれれば、地方出身の彼女は無意識に方言で話してくれるんです。

 

そこで本ページでは、方言を話す可愛い彼女が欲しい男性のために、地方出身の女性と付き合うことで感じるメリット・デメリット及び付き合っていくときのポイントについて記します。その上で、実際に方言を話す女性との出会い方についても解説していきます。

 

● 地方出身女子と付き合う3つのメリット

 

● 地方出身女性と付き合うことで感じる2つのデメリット

 

● 地方出身の女性と付き合う5つのポイント

 

● 方言で話す女性との出会い方3つ

 

管理人は自分自身も地方出身ではあるものの、大阪・京都・宮崎・静岡・栃木といった異なる地方出身の女性と付き合ってきました。本ページでは管理人の経験を元に、方言を話す女性と出会い、付き合うための方法について解説します。

 

本ページを読んで行動することで、あなたも地方出身の方言を話す女子と出会い、付き合うことが可能です。

 

地方出身女子と付き合う3つのメリット

 

最初に、管理人が地方出身の女子と付き合ってきた経験から、地方出身女性と付き合うことで感じるメリットについて解説します。

 

方言に癒される

 

地方出身の彼女と付き合うことで感じることは、なんといっても方言に癒されることです。方言は標準語で話されるときよりも、よりストレートな感情が伝わってきます。そのため、方言で話されると「可愛い!」と思ってしまうんですね。

 

方言のなかでも男性の気持ちに特に響くのは、「好き」という言葉です。管理人は宮崎の人と付き合ったときに、ときどき聞く「てげ好きー!(めっちゃ好き)」という言葉がとても印象に残っています。

 

 

また、ふいに発せられる方言にもキュンとします。大阪出身の女子の話を聞いていて、ふいに「あかん?」と聞かれて可愛いなと思ったこともあります。そのため、普通に会話をしていても可愛いなと思ってしまうのが、方言女性とのお付き合いなんです。

 

 

すれていない女性が多い

 

管理人も地方出身ですが、都市部に住むと人間関係がとてもドライなことに最初はびっくりしました。ドライな環境のなかで生活しているためか、よくいえば大人びている、悪くいえばすれてしまっているのが都市部出身の女性です。

 

その点、地方出身の女性はあかぬけていない女性が多いため、すれていない女性が多いです。そのため、あまりすれていない純粋な女子と付き合いたいなと思ったら、地方出身の女子にアプローチしてみることをおすすめします。

 

相手の地方について教えてもらえる

 

相手と自分とで出身地が異なっている場合は、当然のことながら相手の出身地のことについては、相手の方がよくわかっています。そのため、旅行や出張などで相手の地元に行く際にも、色々と教えてもらうことができます。

 

管理人は京都出身の女性と付き合っていたこともあるため、京都の美味しいお店やあまり有名でないスポットなどを教えてもらうことができました。もちろん、方言についても教えてもらえていたため、会話がとても楽しかったことも覚えています。

 

地方出身女性と付き合うことで感じる2つのデメリット

 

地方出身の女性と付き合うとメリットを感じることがありますが、逆にデメリットとして感じることもあります。以下では、管理人が感じた地方出身女子と付き合ったときのデメリットについて述べていきます。

 

文化の違いに戸惑う

 

自分と相手が全く異なる地方で生まれ育ってきた場合、文化が違っていて、どのように付き合ってよいかわからずに戸惑うことがあります。

 

管理人は以前大阪出身の女性と付き合っていましたが、相手の行動について時々どのように反応したら良いかわからなくて困っていました。

 

彼女はいつもは標準語で話していましたが、酔うと関西弁を話す人でした。酔うとよく「あほやな」「あほー」と言われていたのですが、いまいち反応できませんでした。もっとノリが良い反応をして欲しかったようですが、管理人は「どうしたの?」とつまらない反応をしてしまい、相手を困らせていたようです。

 

そのため、相手の意図していることがよくわからなければ、きちんと聞いてみましょう。ただ、質問攻めにすると相手が疲れてしまうため、1度自分なりに考えてみてから質問することをおすすめします。

 

結婚後の移動が大変

 

自分と相手が違う地方出身の場合でも、付き合っている間は特に問題ないです。ただ、相手と結婚することになると、年末年始やお盆の際にお互いの実家に家族で移動しなくてはいけません。

 

管理人が仕事関係で出会った静岡出身の男性は、沖縄出身の女性と結婚したため、「家族みんなで母方の実家に行くだけで出費が多くて大変」となげいていました。夏や年末のボーナスをもらっても、交通費でかなり出費していたようです。

 

そのため、自分と同じ地方出身の女性と付き合うというのも手です。同じ地方出身の女性の方言にはキュンとしないかもしれませんが、地元が同じだという安心感や結婚後も交通費があまりかからないというメリットがあります。

 

地方出身の女性と付き合う5つのポイント

 

次に地方出身の女性と出会い、付き合っていくために大事なポイントについて記します。ポイントは以下の5つです。

 

旅行で様々な場所に行っておく

 

あなたが旅行が好きであれば、全国各地に旅行に行っておくことをおすすめします。なぜかというと、地方出身の女性と出会ったときに話が弾みやすいからです。

 

女性と出会ったときに、「何の話をすれば良いんだろう?」と考えてしまって困ってしまう男性は多くいます。同じ地方出身の女性であれば共通点が多いために話が弾みやすいのですが、異なる地方出身の女性の場合、共通点が少なくて困ってしまいがちです。

 

そのため、旅行で様々な地方に行っておくと、方言で話す地方出身の女子と出会ったときも相手の地方の話をしやすいです。結果として相手と楽しく会話できるため、好意を持ってもらえてお付き合いできる可能性が高くなります。

 

相手の方言に反応しない

 

方言を話す女性というのは、とても可愛いです。ただし、付き合う前も付き合った後も相手の方言に対して、ほめることもけなすことも両方しないことをおすすめします。つまり相手が方言を話しても、何事もなかったように話を続けることが大事です。

 

男性のなかには、「可愛いんだから褒めるのは良いでしょ」と思ってしまう人は多いはずです。ただし、あまりに褒められても相手の女子としては困ってしまいます。逆に方言を出さないように、意識的に標準語を話してしまうんですね。

 

これは、地方出身女性のなかには、自分が地方出身だということにコンプレックスを持っている人がいるためです。方言について突っ込まれると、「言葉を直したつもりだったのに直っていない」という事実を告げられてしまうことであるため、焦って標準語に直そうとして方言を話してくれなくなります。

 

そのため、相手の方言が可愛いなと思っても黙っておいた方が良いです。けなしたりいじったりするのは当然NGですが、褒める頻度も少なくすることを強くおすすめします。

 

自分の故郷と比較しない

 

自分と相手が違う地方出身の場合、相手と自分の地方で「どっちが上か」ということを自然に考えてしまう人がいます。ただ、相手よりも自分の出身地の方が上でも下でも、全く意味はないため止めましょう。むしろ、「小さいことを気にする人」と思われて相手の女性に嫌われてしまいます。

 

「どっちが都会か」「どっちが便利か」といった争いの例は、関東だったら北関東三県、もしくは埼玉対千葉などがあります。ただ、どちらが上でも恋愛においては全く関係がないので、相手の地方も自分の地方も尊重することが大事です。

 

逆に相手の方が、「うちの地元の方が都会」といったニュアンスのことを話しても、さらっと流してあげましょう。小さいことでイライラせず、ドーンと構えるくらいの包容力を持っておくことで、地方出身の女性に好かれる可能性が高くなります。

 

相手の地方について興味を持つ

 

地方出身の女性と仲良くなるためには、相手の地方について興味を持つことも大事です。人は自分が大切に思っているものを、同じく大切に思ってくれる人に対して好意を持ちます。そのため、相手が地元好きなら地元の話をよくするはずなので、きちんと相手の話を聞いておくことがおすすめです。

 

例えば、管理人が昔付き合っていた大阪の女性は、「だんじり祭り」で有名な岸和田市出身の人でした。一般的には治安が良くないと言われがちですが、相手は自分の地元のことがすごく好きで、だんじり祭りの話などの地元の話をよくしてくれたことを覚えています。

 

もちろん地元のことが好きではなくて引っ越してきた人には、あまり地元のことを聞かないようにしましょう。その場合は、他の話題で話すようにします。

 

自分が相手をリードする姿勢を持つ

 

最後に大事なことは、地方出身の女性をきちんとリードする姿勢を持つことです。地元でない場所に住んでいる場合、会社と家を往復するだけで今住んでいる街のことをあまり知らない人もいます。

 

そういった地方出身の女性に好かれるために大事なことが、相手をきちんとリードすることです。どこに食事に行くか、どこにデートするかなどを考えて自ら提案しましょう。

 

女性の方がより詳しい地域でも、女性をリードしようとする姿勢を出す男性を女性は好みます。自分で決断力に不安があるならば、3つくらい候補を考えて提案する流れにすると、スマートに思われます。その上で「どこでも大丈夫」と言われたら、自分で決断しましょう。

 

方言で話す女性との出会い方3つ

 

方言で話す女子と出会いたくても、なかなか出会いの場がないという人も多いです。そのため、地方出身の女性と出会うための方法についても解説します。

 

紹介・合コン

 

職場や大学の同級生などから、地元の友だちや知り合いを紹介してもらうことで、地方出身の女性に出会う機会を作ることができます。なお、1回の出会いでできるだけ多くの女性と知り合いたい場合には、紹介でなくて合コンを依頼するようにしましょう。

 

紹介・合コンの場合だと、相手も「変な人を連れていくわけにはいかない」と考えて、きちんとした人を連れてきてくれる可能性が高いです。日ごろから地方出身の知り合いに対して、「地方出身の人で誰か紹介か合コンできる人いない?」と聞いておくと、チャンスが巡ってきます。

 

地方出身パーティー

 

都市部には地方出身の男女がたくさん集まってくるため、地方出身者限定の婚活パーティーもよく開かれています。あなた自身も地方出身の人であるなら、地方出身パーティーに行くと方言女子と出会うことが可能です。

 

街コンのなかにも地方出身の人限定のものがありますが、男性2人ペアで参加しないと、当日知らない男性とペアを組まされて気疲れします。その点、婚活パーティーでは1人で行くことが一般的なため、1人で地方出身女子との出会いを作ることができます。

 

マッチングアプリ

 

そして、最も簡単に地方出身女子と出会えるのがマッチングアプリです。

 

なぜ、マッチングアプリで地方出身の女性と出会えるかというと、プロフィール上に「出身地」を書く欄が用意されているからです。そのため、一目で「この女子は地方出身なんだな」ということを知ることができます。

 

マッチングアプリでは他の出会いと比較して、「1人でも簡単に出会える」「ひと月3,000円くらいの金額で、たくさんの女性に出会える」ことなどがメリットです。管理人自身もマッチングアプリで大阪出身の人・京都出身の人と出会えたため、誰にでもおすすめできる簡単な方法といえます。

 

まとめ

 

本ページでは方言を話す女子と付き合いたい! という男性に対して、地方出身の女性と付き合うための方法について解説してきました。

 

地方出身の女性と付き合うメリットとしては、「方言に癒される」「すれていない女性が多い」「相手の地方について教えてもらえる」ことです。逆にデメリットとしては、「文化の違いに戸惑う」「結婚後の移動が大変」といったことがあります。

 

方言を話す地方出身女性と付き合っていくためには、「旅行で様々な場所に行っておく」「相手の方言に反応しない」「自分と相手の地元を比較しない」「相手の地方について興味を持つ」「自分が相手をリードする姿勢を持つ」ことが大事です。

 

実際に方言を話す女性と出会いたいなと思った人は、「紹介・合コン」「地方出身者限定婚活パーティー」「マッチングアプリ」などを使うことで、方言女子との出会いを作ることができます。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiaiの詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 彼女の作り方 アプリ体験談 プロフィール お問い合わせ