地元の彼女の作り方!同じ地元の女子と付き合うときの出会い方4つ

 

地元の彼女の作り方!同じ地元の女子と付き合うときの出会い方4つ

 

「彼女欲しいけど、自分がいつか地元に戻るかもしれないから地元が同じ女子と付き合いたい!」「地元が一緒の人の方が話が合いそう」と考えて、地元で彼女を作りたいと考える男性は多いです。

 

高校を卒業して大学に進学したり、大学を卒業して就職したりするタイミングで、地元を離れてしまう男性はたくさんいます。そして1度地元から離れてしまうと、どうやって地元が同じ彼女を作れば良いかわからなくて困ってしまいがちです。

 

しかし、実際には地元の女性と知り合う機会は作ろうと思えば作ることが可能です。そして、出会いのチャンスうまく活かしてお付き合いし、地元が同じ人同士で結婚するカップルも大勢います。

 

そこで本ページでは、「今は地元を離れてしまったけど、地元で彼女を作りたい!」という男性に対して、地元で彼女を作るメリット・デメリット及び、地元で彼女を作る際の注意点について解説します。さらに、地元が同じ女性と出会うための出会い方についても解説していきます。

 

● 同じ地元の女性と付き合う4つのメリット

 

● 同じ地元の女子と付き合う3つのデメリット

 

● 地元が同じ女子と付き合うための3つの注意点

 

● 地元の女性と付き合うための4つの出会い方

 

実際に管理人の弟と管理人のいとこは、地元で彼女を作りたいと考えて行動した結果、地元の人と出会って結婚しました。管理人も、地元が同じ女子と付き合ったことがあるため、管理人の経験やまわりの人の経験を元に、本ページでは地元で彼女を作る方法について解説していきます。

 

本ページを読んで行動することで、あなたも地元の人と知り合い、お付き合いすることが可能です。

 

同じ地元の女性と付き合う4つのメリット

 

最初に、地元の女性と付き合うことで感じられるメリットについて解説していきます。地元が同じ女子と付き合うと、以下に記すような4つのメリットが感じられます。

 

異なる文化に戸惑うことがない

 

自分の地元と異なる地域出身の女子と付き合うと、「当たり前だと思っている行動」がお互いに異なるため、戸惑ってしまうことがあります。管理人はノリが良い方ではないため、関西出身の女子と付き合ったときは微妙な空気になることがありました。

 

付き合った相手によって、文化の違いがあること自体は仕方のないことです。また、文化の違いがあったとしても、お互いに違いを受け入れて乗り越えていく努力があれば仲良く付き合っていけます。

 

ただ、地元の女子と付き合う場合は同じ文化圏で育ってきたため、最初から文化の違いが少ないことがメリットです。

 

話が合うため、会話するのが楽しい

 

地元が一緒の女子と付き合うと、話が合います。会話のなかで、補足説明をせずに会話をどんどんつなげていくことができるため、会話がとても楽なのがすごく良い点です。

 

「あそこのスーパー、めっちゃ安かったよね」「でも今つぶれちゃったよ」「うそ!! 悲しいわ〜」といったように、気軽に地元トークができます。

 

このように地元が同じ女子の場合、地元の同じものや同じ人を知っているといった共通点があるため、出会ったときから仲良くなりやすいのがメリットといえます。

 

地元の言葉で話せる

 

地元が同じ女子と出会った場合、地元の方言で会話ができるのもメリットです。

 

多くの人は地元から離れると、方言を使わずに標準語で話します。地元の言葉を使わずに標準語で会話をした方が、すぐに理解してもらえるためです。逆に地元の言葉を使うと、「え?」「どういうこと?」と何度も聞かれてしまい、結局は標準語で話さざるを得なくなります。

 

その点、地元が同じ女子の場合は地元の言葉を当然わかっているため、堂々と地元の言葉を使って会話をすることができます。言葉に関して気がねなく話せることも、地元の女子と付き合うことで感じるメリットです。

 

結婚後の帰省が楽

 

お盆・年末年始の時期は、実家に帰省する人が多いです。これは独身時代も結婚してからも同じことですが、結婚後に帰省する場合は自分の実家だけでなく、結婚相手の実家にも行く必要があります。

 

その点をふまえると、地元が同じ人と付き合って結婚すると、帰省するのが非常に楽なことがメリットです。結婚相手が別の地方出身の場合だと、帰省時に2回移動しなくてはいけませんが、同じ地元だと移動が1回で済みます。

 

また、管理人の弟夫婦は実家同士が非常に近いため、年末年始はお互いの実家で別々に過ごして、必要に応じて会うことにしています。地元ではお互いゆっくりしたいため、話し合って決めたそうです。地元が同じだからこそできることであるため、帰省時がとても楽という典型的な例だといえます。

 

同じ地元の女子と付き合う3つのデメリット

 

地元の女子と付き合う場合、メリットだけでなくデメリットもあります。以下には、地元が同じ女子と付き合ったときに感じるデメリットについても解説していきます。

 

噂が簡単に広まる

 

地元が同じ人同士同士で付き合うと、付き合った噂が簡単に広まりやすいことが地元が同じ女子と付き合うデメリットです。

 

田舎社会はせまいため、非常に簡単に噂が広まります。「××と○○が付き合っているらしいよ」といったことがすぐに知れ渡るのが田舎です。もちろん結婚できれば噂されても問題ないのですが、付き合って別れてしまうと噂されると面倒だなと感じます。

 

そのため、「噂されたくないな」と思ったら、まわりに人にバレないように注意しなくてはいけないのが地元が同じ女子と付き合うデメリットといえます。

 

別れたときも会わなくてはいけないので気まずい

 

付き合う人と知り合ったきっかけによっては、別れた後も元恋人と会わなくてはいけないことも、地元の女子と付き合うデメリットです。

 

昔からの知り合いと付き合うことになった場合は、別れた後も同じコミュニティの飲み会などで顔を合わせなくてはいけません。まわりも自分たちも気をつかいますが、飲み会に顔を出さないわけにもいかず、とりあえず出席はするといった事態になってしまうこともあります。

 

もちろん、ある程度時間が経てば気まずさも解消されていきますが、別れ方によっては地元の集まりに全く行けなくなる可能性もあるのが怖い点です。

 

結婚するまでは遠距離恋愛になることもある

 

「地元は一緒だが、現在住んでいる地域は異なる」という相手と付き合った場合、結婚して同居するまでは遠距離恋愛になってしまうことがあるのも、地元が同じ女子と付き合うデメリットです。

 

管理人のいとこは地元に住んでいる女子と付き合ったため、結婚が決まるまでは片道500キロの遠距離恋愛をしていました。頻繁に会える距離ではないため、1ヶ月に1回くらいのペースで行き来していたそうです。

 

最終的に結婚に至ったので遠距離恋愛が実ったといえますが、このような遠距離恋愛をしなくてはいけない状況になることも、地元が同じ女子と付き合うデメリットといえます。

 

地元が同じ女子と付き合うための3つの注意点

 

ここまでに、地元が同じ女子と付き合うメリット・デメリットを記してきました。その上で、同じ地元の女子と付き合いたいなと思ったら、以下に記す3つのことに注意してみましょう。

 

ナンパなどの軽い出会いは避ける

 

同じ地元の女性と付き合う場合は、「ナンパで知り合う」といった軽く思われがちな出会いは避けましょう。

 

地元でナンパをしているところを見られると、ナンパをしていたあなたの悪評が広まります。「あいつ、バーでナンパしてたけど、結局だれでも良いんじゃないか?」といったように、悪い噂が流れてしまうんですね。そして付き合った後も、「ナンパで出会ったらしいよ」と言われ続けることになります。

 

もちろんナンパで女子と知り合って付き合うこと、さらに結婚することも可能です。ただ、地元という狭い空間のなかでは、今後のことを考えると軽く見られる出会いは避けることをおすすめします。

 

将来的に地元に戻りたいことを女性に話す

 

あなたが地元から離れていて、地元の女子と付き合うときには、将来的には地元に戻りたいことを伝えると女子は安心します。男性の仕事の事情を考えると、1度は地元を離れなくてはいけないことがわかっていても、最終的には地元に帰りたいと考えている女子は多いからです。

 

特に、ずっと地元にいる女子ほど地元が好きなため、他の場所には行きたくないという強い気持ちがあります。そのような女子と付き合うためには、今後付き合ったときの将来像を伝えた方が、安心して付き合ってくれやすいといえます。

 

友だち・知り合いとの出会いにこだわらない

 

そして、もう1つのポイントは地元の友だち・知り合いとの出会いにこだわりすぎないことです。

 

地元で付き合うなら気心知れた友だち・知り合いが良い! という人は多いと思います。ただ、同じ地元でも知り合いでない人と付き合った方が、人間関係のことを考えることなく、穏やかに付き合うことが可能です。

 

お互いが知り合い同士でないと、「まわりの友だちにバレて冷やかされるのが嫌だ」「もし別れてしまったら、地元の飲み会に行きにくいな」といったことを考えなくて済みます。そのため、様々な出会いのなかから、柔軟に考えて良い出会いを探してみるようにしましょう。

 

地元の女性と付き合うための4つの出会い方

 

最後に、地元の女子と付き合うための出会い方について解説していきます。実際に、地元が同じ女子に出会える方法としては4つあります。

 

同窓会・結婚式の2次会で出会う

 

最初に紹介するのは、同窓会や地元の友だちの結婚式の2次会で女子に出会う方法です。

 

同窓会では久しぶりに地元の友だちと出会えるため、男女ともに少し気合いを入れて参加します。そして実際、同窓会の出会いから発展するカップルもいるため、オシャレして同窓会に行くことがおすすめです。

 

また、結婚式の2次会で出会うのも定番の出会い方です。それも地元の結婚式の2次会ということで、同じ地元の女子と出会うことができます。結婚式というおめでたい場なので、女子も出会いがあったらな良いなという気持ちがあるため、積極的に行動することがおすすめです。

 

地元の友だちに紹介してもらう

 

同窓会や2次会といったイベントがない…… というのであれば、地元の友だちに出会いを探している女子を紹介してもらえないかお願いしてみましょう。

 

地元が田舎であればあるほど出会いが少なくなるため、「紹介話があったら受けたいな」と思っている女子は多いです。そのため、紹介をお願いできる友だちがいればどんどん紹介を頼んでおいた方が、チャンスがめぐってきやすいといえます。

 

ただ、あなたが友だちの信頼をつかめていない場合、いつまで経っても誰も紹介してもらえないこともあります。その場合は、友だちに信頼してもらえるように努力するか、友だちの紹介以外での出会いを探すしかありません。

 

地元の婚活パーティー・婚活イベントに参加する

 

地元が同じ女子と付き合いたい人としては、地元の婚活パーティーに参加してみるのも手です。婚活パーティーは全国の自治体で行われているため、帰省するタイミングを婚活パーティーが行われるタイミングに合わせることで、確実に地元の女性との出会いを作ることができます。

 

また、地方公共団体のなかには、地元に住んでいない人と地元在住の人との出会いを作るイベントを作っているところがあります。地方では出会いが少ないため、このようなイベントを作ることで、婚活を推進しようとしているのです。

 

地元に帰らずに都市部から申し込んで、地方にいる人に出会えるイベントもあるため、あなたの地元にも何かイベントがないかチェックしてみることをおすすめします。

 

マッチングアプリで地元の女性と出会う

 

最後に、最も簡単に地元が同じ女子と出会えるのがマッチングアプリの出会いです。

 

マッチングアプリでは自分の出身地を記載しておくことができるため、自分のプロフィールを見た人に自分の出身地をわかってもらうことができます。そして逆に、女子のプロフィールを閲覧することで自分と同じ地元の女子かどうかを簡単に知ることが可能です。

 

なお、マッチングアプリで地元が同じ女子と出会うメリットは2つあります。第1にネット上で出会えるため気軽に知り合えることです。第2に地元は同じだが、居住地は近くの人と知り合えることです。例えば、居住地は「東京」、出身地は「秋田」という女性と狙って出会うこともできます。

 

同じ地元でも現在の居住地が近いため、遠距離恋愛にならずに付き合えるというのが、マッチングアプリの出会いです。興味はあるがマッチングアプリ初心者でよくわからない…… という男性には、無料会員でのサービスが最も充実しているOmiaiがおすすめです。

 

まとめ

 

「いつか地元に戻りたいから、地元が同じ女子と付き合いたい!」と思っても、地元が同じ人とはなかなか出会えないという男性は多いです。ただ、実際には同じ地元の女子と出会って付き合う人は多いため、本ページでは同じ地元の女子と付き合う方法を記しました。

 

地元が同じ女子と付き合うメリットは、「異なる文化に戸惑うことがない」「気心が合うので話しやすい」「地元の言葉で話せる」「結婚後の帰省が楽」などがあります。逆にデメリットは「噂が簡単に広まる」「別れた後に気まずいことがある」「結婚するまでは遠距離恋愛になることがある」などです。

 

地元の女子と付き合うときの注意点としては、「ナンパなどの軽い出会いは避ける」「将来的に地元に戻りたいことを女性に話す」「友だち・知り合いとの出会いにこだわらない」ことです。

 

実際に地元が同じ女子と出会える方法としては、「同窓会・結婚式の2次会で出会う」「地元の友だちに女子を紹介してもらう」「地元の婚活パーティー・婚活イベントに参加する」「マッチングアプリで地元の女性と出会う」といった方法があるため、まずは出会いを作ってみましょう。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ