本気で彼女欲しい…でも彼女の作り方がわからない人の6つのステップ

 

本気で彼女欲しいけど、彼女の作り方がわからない

 

中学生、高校生の頃に一緒に過ごしていた仲間が、大学生や社会人になって彼女ができたと聞くと、非常に焦ってしまいますよね。同じようにモテなかったはずなのに、なんであいつには彼女ができてオレにはできないんだ…… と悩んでしまいます。

 

オレとあいつと何が違うんだろう、どうやったら彼女ができるんだろうと悩むときりがありません。頑張って恋活している男性ほど、「彼女の作り方がわからない…… 自分には一生彼女が出来ない」と悩んでしまうはずです。

 

ただ、あきらめずに行動していけば、チビ・ハゲ・デブ・ブサイクといったコンプレックスを持つ男性でも彼女はできます。もし彼女ができたことがないのであれば、あなたが正しく行動できていないか、それ以前に正しい心構えになっていないかのどちらかです。

 

そこで本ページでは、本気で彼女が欲しいけど彼女の作り方がわからない、というあなた彼女を作るための心構え・アプローチ方法・女子との出会い方について記します。

 

●本気で彼女を作るときに必要な5つの心構え

 

●好きな女子と付き合うために大事な6つのステップ

 

●付き合いたい女子と出会うための5つの出会い方

 

管理人は、彼女ができない人へコンサルをしていたときがありました。そこで、彼女ができないという童貞男子に対してコンサルを行い、30歳で初の彼女を作ってもらった経験があります。その男性に伝えた内容をもとに、本記事を記していきます。

 

本記事を読み行動することによって、本気で彼女が欲しいけど彼女の作り方がわからないあなたでも、彼女を作ることが可能です。

 

本気で彼女を作るときに必要な5つの心構え

 

彼女ができないと言う人の多くは、彼女を作るために必要な心構えが整っていません。行動することはもちろん大事です。しかし、がむしゃらに行動する前に、きちんとした心構えを持つ方がより大事だといえます。

 

本気で彼女を作りたい人こそ、きちんとした心構えを持つことがとても大事です。その上で行動を起こしていけば、必ず彼女ができます。すぐにテクニックを知りたくなる人は多いですが、テクニックだけを追い求めても、今までと同じように彼女はできません。

 

本気で彼女が欲しいなら、まずは正しい心構えを持つことに注力してみましょう。

 

恋活・婚活に時間とお金を使うこと

 

本気で彼女を作りたいなら、あなたは「時間」と「お金」を恋活・婚活に使わなくてはいけません。時間とお金を使うという意識がないと、心のどこかで「まあいいや」と甘えが出てしまいます。

 

彼女が欲しいと思ったら、今週自分がどれ位の時間を恋活にあてられるのか考えてみてください。他の予定を立てる前に、まずは彼女を作るために行動すべき時間を先に予定に組み込むのです。そうしないと、他の予定で埋まってしまって恋活・婚活ができません。

 

時間だけでなく、お金も恋活・婚活にできるだけ使う意識を持ちましょう。趣味にお金を使うところを、自分磨きや出会いの費用、デート代などに回すことが大事なことです。

 

恋活・婚活で多少のお金はかかりますが、ケチケチしていてはいつまでたっても彼女ができません。彼女を作るためのお金は投資だととらえ、彼女ができるというリターンが返ってくると考えて、行動する姿勢がとても大事です。

 

彼女を作るための正しい知識を身につけること

 

まわりに彼女ができはじめたり、結婚したりすると焦り出してしまいます。自分もなんとかしなくちゃと思って、がむしゃらに行動するものの、結果として彼女ができずに悩む人は多いです。

 

何事でもそうですが、正しい知識を持って行動しないと、頑張っているつもりでも全くゴールに向かって進んでいないことがあります。そのため大事なことは、行動を起こす前に正しい知識を身につけることです。

 

本記事を読んでいる人のなかにも、心構えはどうでもいいという人は多いです。しかし、テクニックを学ぶことだけに専念して、ずっと彼女ができない人を管理人は何人も見ています。そのためまずは、本記事を読んだ上で知識を蓄えてから行動していくことをおすすめします。

 

自分磨きをすること

 

彼女ができたことがない人、彼女がずっといない人にとって大事なことが、きちんと自分磨きをすることです。体を鍛える、仕事を頑張る、習い事を始めるなど、自分を磨くことは彼女を作るためにとても大事なことです。

 

男性のなかには、「なんでオレには彼女ができないんだ。良い人なはずなのに…… 女子は見る目がないのかな」と考える男性もいます。しかし、今あなたにずっと彼女がいないのであれば、それはあなたに何かしら足りていないことがあるからです。

 

そこで自分自身を見つめ直して、自分磨きをすることが重要なことです。「自分に合わせてくれる人がいないかな」と、相手に今の自分を押し付ける考えでは彼女はできないことを、強く認識しておきましょう。

 

女子と接すること

 

彼女を作るために、自己啓発をするのはとても大事なことです。何かしら行動して魅力的な男性に近づくなかで、少しずつでも成長を実感できると、自分に自信がついてモテる男になっていきます。

 

ただ、自己啓発には注意点があります。それは、自己啓発をしすぎて女子と接しないのはNGということです。

 

恋活・婚活では、女子と接することが必要不可欠です。女子と話した上で、好かれなかったら何が悪かったかを反省して、また次の出会いをつなげていかなくてはいけません。

 

ただ男性のなかには、自己啓発のみに集中してしまい、肝心の女子に会うことがすっかり抜けてしまう人がいます。しかし、女子と出会わなければ確実に彼女ができません。自己啓発は継続しつつ、女子と会い続けることを強く意識しましょう。

 

彼女ができるまであきらめないこと

 

彼女ができたことがない、もしくは長年彼女がいないと、自分にはもう彼女が出来ないかもしれないと思ってしまいがちです。しかし、そこで大事なことがあきらめないことです。人によって彼女ができるまでの時間は異なりますが、あきらめないからこそ彼女ができたといえます。

 

そのため、本気で彼女が欲しい人こそ、彼女ができるまで絶対にあきらめない! という強い意志が重要なことを覚えておきましょう。

 

以上、本気で彼女が欲しいけど彼女ができない人は、上記した5つの心構えを思い出して行動してみることをおすすめします。

 

好きな女子と付き合うために大事な6つのステップ

 

彼女を作るために必要な心構えがわかったら、次は実際に好きな女子に対してアプローチをしていきましょう。なお、女子にアプローチをしている時には、時間・お金を恋活に使う、自分磨きも同時並行で行うことを強く認識してください。

 

出会い方によっても、付き合うまでのステップは異なります。そのため、ここでは職場恋愛・学校での出会いといった「自然な出会い」から、付き合うステップを記しています。ただ、どんな出会いにも応用できるステップであるため、ネット婚活、パーティー婚活をしている人も参考になるはずです。

 

女子と共通点・接点を持つ

 

最初に最も大事なことが、気になる女子との共通点や接点を何かしら持つことです。

 

あなたが、好みの女子とすでに知り合いになっていれば問題ありません。もしくは、ネット婚活、婚活パーティーなどの恋活・婚活サービスを使用するのであれば必要ありませんが、職場・サークル・習い事・学校等での自然な出会いでは、相手と共通点・接点を持つことが第一歩です。

 

「たまたま隣の席になった」「同じグループになった」「知り合いの知り合いだった」「帰り道が一緒だった」など、話すきっかけを探しましょう。勇気があれば突然話しかけるのも手ですが、ほとんどの男性にとって面識のない女子に話しかけるのは難しいことです。

 

そのため、何かしらまずは共通点・接点を見つけましょう。共通点・接点を持てると、女子に話しかけても警戒されない仲になります。

 

しかし、女子との共通点・接点がどうしてもなければ、自分で生み出すしかありません。大げさな例としては、相手の前で転んでみるということがあります。ここまでしなくても、相手の前で落し物をする、場所を聞くなどのことをすれば、女子と接点を作ることは可能です。

 

知り合いになって会話を繰り返す

 

気になる女子と接点を作り出すことができたら、次にすべきはあいさつです。あいさつを意識しない人は多いですが、あいさつは「私はあなたの存在を認めています」、ということを伝えるための重要な行為です。

 

そのため、特に会話することがなかったとしても、気になる女子とのあいさつは絶対に欠かしてはいけません。

 

できれば毎日あいさつをするようにし、そこから「今日は会社の中が暑いですね」「●●先生の提出物ってもう出した?」など、当たりさわりのない会話をします。そして、こういった世間話を自然にできるようになってきたら、少しだけ踏み込んでプライベートな会話をします。

 

例えば、「××さんは、外食したりします?」「お酒飲んだりする?」といった会話です。

 

注意点としては、質問だけするのはNGということです。 少しだけ質問したら、こちらも自分の話をします。いわゆる「自己開示」です。「僕もお酒飲みます! お酒飲んで話すの楽しいですもんね。どんなお酒を飲みますか?」という形で男女比が3:7となるように会話を心がけましょう。

 

理由をつけて連絡先をもらう

 

上記したような会話を、自然にできる間柄になるまで何回もしましょう。踏み込んだ会話をするようになってから、できれば2週間程度は同じように踏み込んだ会話をし続けます。

 

なお、非常に大事なことは、気になる女子との会話のなかで弱音・愚痴・ねたみなどは極力話さないことです。女子が「テストが辛い」と言っていても、「本当に辛いよね〜」と軽く返すのは良いですが、相手の女子以上にネガティブなことを言ってはいけません。

 

なぜかというと、全く同じ目線で会話をしてしまうと、女子があなたを恋愛対象としてではなく友達として見てしまうからです。他の女子と同じように話せる、「仲の良い男子」になってしまうため、女子以上に感情を前面に出さないようにしましょう。

 

一般的に女子が年上の男性を好きなのは、自分の感情を受け止めてくれるからです。さらに、同年代の男性と異なり、意見をぶつけてこないため話しやすい、ということもあります。好きな女子がいたら、相手の意見をただ受けとめることが大事、ということを覚えておきましょう。

 

相手とある程度話せる仲になったら、次はいよいよ連絡先をもらいます。ここで大事なことが「理由付け」です。

 

「ちょっと相談したいことがあるから」「△△のURLを送ってほしいから」などと理由をつけて連絡先交換を提案しましょう。きちんと話せるようになっていれば、まず断られることはありません。もし断られたら、その段階で好かれていないため、毎日の会話を繰り返すか、他の女子を狙った方が早く彼女ができます。

 

メッセージ交換のなかでデートに誘う

 

気になる女子の連絡先を交換したら、あなたから女子に連絡をしましょう。相手から連絡が来ることを、待っていてはいけません。

 

女子との連絡は、「毎日1通・2通程度やり取りをする」ことが基本です。特に、ネットで出会った場合は、相手からの信頼度を高めるために毎日やり取りした方が良いです。ただ、あまりに毎日ダラダラするのが嫌な場合は、1週間に2日程度何往復もやり取りをするのも手です。

 

ただ、忙しい社会人もしくは学生としては、1日に1・2通程度を1週間ぐらいすることを、管理人はおすすめします。そして1週間程度やり取りしたら、次は食事か飲みに誘ってみましょう。もし、「2人で行くの?」と聞かれたら堂々と「2人だよ」と答えます。

 

そして、「ちょっと2人で話したいことがあるんだよね」などと言って、粘ってみましょう。それでも女子が難色を示すのであれば、複数人での飲み会や、他にカップルを誘ってグループデートするという流れにします。

 

グループデートはできればしない方がスムーズに付き合えますが、女子慣れしていない人・彼女ができたことがない人は、最初は複数人のデートでも構いません。まずは、気になる女子と同じ時間を過ごすということがとても大事なことです。

 

初回は2回目のデートにつなげる

 

初回のデートにこぎつけたら、初回のデートの目標は「2回目のデートを作ること」であることを、肝に銘じておきましょう。告白をすぐにしない理由は、初回のデートで告白をOKしてくれる女子はほとんどいないからです。

 

男性は女子とデートする時点で、すでに相手を想う気持ちは最高潮に達し、すぐにでも付き合いたい気持ちになっています。

 

しかし、女子の気持ちの盛り上がり方は男性よりもゆっくりなのです。あなたが「もう相手も自分のことが好きだろう」と思って、初回のデートで告白をしたとしても、女子の気持ちが盛り上がってなくて、「ごめんなさい」とお断りされる可能性が高いことに注意しましょう。

 

そのため、初回から2人でデートができたとしても、仲良くなることだけを考えて会話をしましょう。このようなデートは、女子から「ガツガツしてない男性」と思われて、高評価です。

 

もしグループデートなどで、複数人で遊ぶことになった場合は、みなで遊んでいるなかで2人だけで少し話してみましょう。そして、みんなのなかでのまとめ役・盛り上げ役を担って、自分といると楽しい男であるアピールをしなくてはいけません。

 

2人きりのデートを断られた時点では、女子のあなたに対する好感度は低い状態です。そのため、グループデートではより必死に頑張る必要があります。そして、またメッセージ交換や実際に会うなかで、2人で遊びに行こうという提案をしてみましょう。

 

もしそれでも断られたのであれば、1度女子と距離を置きましょう。そして自分磨きをしてレベルアップしてから、再度メッセージ交換をして女子を誘ってみることをおすすめします。

 

3回目のデートで告白

 

2回目のデートにこぎつけた場合は、さらに3回目のデートに行くことを目標にして女子と仲良くなれるように会話をしましょう。

 

もともと長い友達であったり、知り合いであったりした場合は、2回目のデートでも告白にOKをもらえる可能性が高いです。ただ、基本的には3回目のデートで告白をすることをおすすめします。

 

これは、心理学のスリーセット理論に基づくものです。初対面の印象を、2回目のデートでは正しかったか確認し、さらに3回目のデートで印象を固定づけます。もちろん目安ですが、3回デートした後では印象が変わらにくいため、早めに告白してみることをおすすめします。

 

告白の内容を考えるのに困る人もいますが、恋愛慣れしていない男性には、シンプルな告白がおすすめです。「好きです! 付き合ってください」といったものにしましょう。3回以上デートして、告白に至るまでにきちんと仲良くなっていれば、断られる可能性は低いです。

 

なぜかというと、何度も好きではない男性とデートするほど女子は暇ではないからです。そのため、何度もデートに応じてくれるのであれば、その行動自体が脈ありだと思っていて良いです。

 

ただ、女子に友達だと思われていると失敗します。そのため、2回目のデートでは手を繋いでみたり、相手のことを褒めてみたりして、女子として意識していることをアピールしなくてはいけません。

 

以上、6つのステップを知っておけば、気になる女子と付き合うことは可能です。ただ、どうしても気になる女子がデートに応じてくれない場合は、他の女子と出会ってみることもおすすめします。

 

他の女子とデートしていくなかで、あなたの恋愛偏差値が高まり、好きな女子から好かれる可能性が高まるからです。好きな女子がいない人はもちろん、好きな女子に相手にされない人も、他の女子と出会ってデートすることをおすすめします。

 

付き合いたい女子と出会うための3つの出会い方

 

頑張っても好きな女子に相手にされない、もしくは特に気になる女子がまわりにいない場合には、新たに女子と出会うところから始めてみましょう。

 

ただ、女子との出会いを増やそうとしても、1人で増やせる出会いには限界があります。例えば、合コン・街コンは基本的には複数人で行くものです。また、友だちの紹介は自分1人の力ではしてもらうことができません。

 

そのため以下では、あなた1人の力で出会いを増やせるものにしぼって、3つの出会い方を紹介します。

 

習い事を始める・サークルに入る

 

恋愛初心者におすすめなのが、習い事を始める・サークルに入るということです。

 

なぜおすすめしているかというと、共通の習い事や趣味があった方が、女子と仲良くなりやすいからです。話題として、共通のものがあると、話を続けるのが苦になりません。

 

なお、習いごとやサークルを始める上で大事なことは2つあります。

 

1つは、自分の興味があるものに入ることです。なんとなく彼女が欲しいというだけで興味のない習い事をしたり、サークルに入ったりすると長続きしません。そして、出会い目的の男性だと思われると、サークル内の女性・男性の両頬から相手にされなくなるからです。

 

結果として、習い事もサークルもやめざるを得なくなってしまいます。そのため、出会いを増やすためだとはいっても、自分自身が興味がある習い事・サークルに入ることが大事です。

 

もう1つ大事なことは、女子のいるサークルに入ることです。自分が好きなものだからといって、女子が全くいない習い事・サークルに入っても彼女はできません。入る前に見学した上で、男女比を確認してみることを心がけましょう。

 

恋活・婚活パーティーに行く

 

次に、代表的な出会いの場としておすすめなのが、恋活・婚活パーティーです。都市部ではもちろん、どこの県でも開催されているため、彼女が欲しい人はぜひ参加してみましょう。

 

なお、都市部では恋活パーティー・婚活パーティーと別れてはいますが、地方ではひとくくりに婚活パーティーとされています。「オレはまだ結婚はしたくない」という人でも、同じように恋人を探している女子もいるため、1度参加してみることがおすすめです。

 

もし、あなたが恋活・婚活パーティーに行ったことがない、もしくはあまり女子慣れしていないのであれば、「1人参加限定」のパーティーがおすすめです。

 

複数人で参加できるパーティーでは、あなたが1人で参加した時に、相手の女子が複数名だと話すのが大変です。また、複数で来ている女子は本気度が低い可能性があります。そのため、パーティー初心者には1人参加限定パーティーがおすすめです。

 

なお、パーティーに行く洋服がないというのであれば、インターネットでコーディネートされた洋服を着ていくのも1つの手です。どうしてもお店に買いに行くのが苦手な人、自分で選ぶのが苦手な人は、インターネットでのコーディネートサービスを利用してみましょう。

 

>>プロのコーディネートの詳細情報はこちらです<<<

 

インターネットで出会う

 

最後にもう1つ、1人で出会いを作ることができるのが、恋活アプリ・婚活サイト(マッチングアプリ)などのネットを使って出会いを増やす方法です。

 

インターネットから出会うのは怖い、という人もいます。ただ、現在はいわゆる出会い系というアダルトなサービスだけでなく、真面目に恋活・婚活をする女子と出会える恋活アプリ・婚活サイトが存在します。これらは当然ながら、真面目に交際できる彼女ができるサイトです。

 

他の出会いと違って、1人で爆発的に出会いを増やすことができるのはネットの出会いです。1ヶ月3,000円程度で、女子との出会いを作ることができるため、とてもおすすめのサービスといえます。

 

管理人自身、田舎に住んでいて全く出会いがなかったときに、インターネットの出会いから彼女を作ることができました。都市部では、さらにネット恋活・婚活をしている女子が多いため、よりたくさんの出会いを作ることが可能です。

 

特に最も出会いが多いのが、日本最大級の恋活・婚活アプリであるpairs です。ただ、ネットでの出会いは怖いという方には、まわりにバレずに恋活・婚活できるOmiaiをおすすめします。無料で始められるため、まずは1つ試してみることをおすすめします。

 

>>Omiaiの詳細情報・無料登録はこちらです

 

まとめ

 

本気で彼女が欲しい! と強く願っていたとしても、どうやったら彼女が作れるかわからないという人は多いです。そのため本記事では、強く彼女が欲しいと願う男性に対して、彼女の作り方を記しました。

 

彼女を作るためには、まず心構えが大事です。「時間・お金を使う」「正しい知識を身につける」「自分磨きをする」「自分磨きをする」「あきらめない」といったことを、肝に銘じなくてはいけません。

 

その上で、気になる女子がいたら、「共通点・接点を持つ」「知り合いになって会話を繰り返す」「理由をつけて連絡先をもらう」「メッセージ交換のなかでデートに誘う」「初回は2回目のデートにつなげる」「3回目のデートで告白」というステップ踏むことで付き合うことができます。

 

今好きな女子とうまくいかない人は、他の女子とも出会って恋愛偏差値を上げてから再度アプローチしましょう。当然、新たに出会った女子と付き合うこともできます。「習い事・サークル」「パーティー」「ネットの出会い」で出会いを作ってみましょう。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ