神は細部に宿る・情けは人の為ならず!彼女欲しい人がすべき行動とは

 

彼女欲しい人は、神は細部に宿ることを意識して、日ごろの行動から変える必要がある

 

彼女が欲しいなら、日常からの行動が必要です! と言われても、なんでだろうと思ってしまいますよね。できるだけ楽して彼女を作りたいし、女子の前でだけきちんとした行動を取っていれば問題ないんじゃないかと思ってしまうはずです。

 

しかし、あなたが彼女を作りたい! という気持ちがあるのであれば、日常から頑張って行動することがとても大事です。

 

本ページでは漫画のなかの名言や過去の名言、そしてことわざから学び、彼女が欲しいなら日常の行動がなぜ重要であるかを説明していきます。

 

● 「鋼の錬金術師」のなかに彼女作りのヒントがある

 

● 「神は細部に宿る」ため、日ごろの行動が重要な訳

 

● 「情けは人のためならず」の実践で彼女ができる3つの理由

 

本ページを読んで、やはり彼女が欲しいと思ったのであれば少しだけでも行動を変えることから始めてみましょう。日常の行動を少しずつ変えていくことで、あなたは彼女を作れる男性になることが可能です。

 

「鋼の錬金術師」のなかに彼女作りのヒントがある

 

漫画「鋼の錬金術師」のなかに、彼女を作れる男になるためのヒントがある

 

漫画の「鋼の錬金術師」は、主人公のアルフォンスが自分の失われた身体の一部と、弟の身体を取り戻すために旅をする物語です。漫画のなかに何度も登場する言葉として、「等価交換の原則」があります。この等価交換の原則が本漫画の大きなテーマの1つです。

 

等価交換の考え方は、恋愛においても適用することができます。出会いを探す際、モテる男になる際にもこの考え方は重要です。

 

鋼の錬金術師における等価交換の原則

 

鋼の錬金術師のなかでの「等価交換の原則」は、何かを得るためには、その分何かを失う必要があることを示しています。主人公は錬金術師であり、地殻変動のエネルギーと引き換えに錬金術を行っています。

 

この原則はフィクションですが、基本的な考え方は実際の自然原則に基づいています。例えば、質量保存の原則です。100gのりんごと100gのみかんをジューサーでつぶしたら、100+100=200gのジュースが生まれます。その過程で、物質が増えたり減ったりはしません。

 

また、大きなものを得るためには、より大きな代償(費用)が必要ということもこの作品の中で示されています。主人公は母親を生き返らせようとして失敗し、代償として自分の身体の一部と弟の身体を失います。

 

これは現実の問題でも同様です。例えば、東大に合格するためには、勉強する時間、勉強時に使う体力・気力、塾・予備校に通うお金が絶対に必要です。これらを失うことで始めて、東大に合格するという成功を得ることができます。

 

出会いにおける等価交換

 

しかし、出会いを探すときになると、この思考が飛んでしまう人が本当に多いです。出会いにお金はかけたくない、楽をして出会いたいという人ばかりです。ただ、実際には無料で女子に出会うためにも、何らかのものを失う可能性があり、何も失わずに出会いを見つけることはできません。

 

無料で手に入る出会いとしては、職場での出会い、友人からの紹介、ナンパなどがあります。

 

職場での出会いや友人からの紹介は、運次第です。どんなに待っていても女性が入社しない職場もあれば、友人に紹介をお願いしていても、全く女性を紹介してくれなかったりもします。そのため、待っていることで他の恋愛に使用できた時間を失います。

 

次に、路上で行うストリートナンパは無料です。ただ、ナンパは非常に疲れます。成功率が高くないため、女性にたくさん声をかけることが絶対に必要だからです。そのため、体力・精神力を代償にすることが求められます。

 

このように無料と言われる出会いにおいても、時間や体力や精神力を失います。これらを失わないために費用は絶対に必要です。特に時間を失ったら、決して戻すことはできません。そのためにも、初めからお金を出して優良な出会いを見つけた方が良いのです。

 

モテる男になるための等価交換

 

同じく、何も投資せずにモテる男になることもできません。お金をかけて、時間をかけて、努力することでモテる男性に変化していくのです。

 

モテるために絶対に大事なのが、清潔感ある身だしなみです。清潔感を出すためには、美容室で髪を切り、オシャレな洋服と靴と小物を購入し、身につける必要があります。あまりにケチケチすると全く変化できないため、ある程度の支出は必要です。

 

人によっては体つきも変えなくてはいけません。この場合はジムに通うことも必要となるため、さらにお金がかかります。

 

また、お金だけでなく時間もかける必要があります。時間をかけて何度も出会いの場に行ったり、女友達を作ったり、女性とデートしたりすることで女性に慣れていくことが必要です。

 

1度の出会いだけで、彼女を作ることはまずできません。様々な女性と出会い、話すことによって経験値を積み、少しずつモテる男性へ成長することができるのです。このように、モテる男性となるためにも、投資するものが必要であることを覚えておきましょう。

 

「神は細部に宿る」ため、日ごろの行動が重要な訳

 

彼女を作りたいと思った場合、あなたは女性の前だけでなく、常日頃からの行動・言動を変える必要があります。理由は、女性の前でだけ取りつくろったとしても、どこかで素の行動は出てしまうからです。何気ない行動がモテない行動であると、女性から嫌われてしまいます。

 

このような日頃からの行動を変えようとする意識は、「神は細部に宿る」という言葉からも学ぶことができます。このページでは、この名言について説明をした上で、女性に好かれるために日ごろの行動を変えることについて説明をします。

 

「神は細部に宿る」と言われる理由

 

「神は細部に宿る」というのは、20世紀を代表する建築家のミース・ファンデルローエ氏などが好んで使っていた言葉であるとされています。ただ、最初に使い出した人に関しては、複数の説があるとされています。

 

神は細部に宿るとは、「細かい部分こそ手を抜いて作成してしまうと、全体として美しくない」「良いものは細部に至るまで気をつかって作られている」、などという解釈がされる言葉です。

 

実際、名作は遠くから見ても近くから見ても名作とされます。逆に名作と言われないものには、遠目から見たら美しくても、よく見ると壊れていたり、汚れていたりするものもあります。すると、最初の良い印象は消え、後から抱いた悪い印象だけが残ってしまいます。

 

これは建築物に限りません。建築物と同じ工業製品や美術品などの製作物に加えて、ホテルやテーマパークのサービスといった形のないものでも同じです。一見良く見えても、後から悪いところに気づくと、良い方のイメージが消えて悪い印象が際立ちます。

 

これは心理学でいうと、「認知のゆがみ」の「過度の一般化」とされるものです。過度の一般化では、一部の悪い印象を、その全体の印象のように捉えてしまいます。この心理のように印象を悪くしないためにも、ものづくり・サービスでは細部まで気をつける必要があるのです。

 

恋愛では日常の行動を変える

 

恋愛において、「神は細部に宿る」を意識しようとした場合、日々の行動や言動を変えることが大事です。どんなに相手の前でだけ良くつくろったとしても、日々の行動や言動がクセとなってデートのときにも出てしまうからです。

 

結果として、「認知のゆがみ」により、女性からのあなたの印象は、悪いものになる可能性があります。女性の前でだけ行動を変えようとしても、完全に変えるのは無理です。上手く行動しようとしても、どこかでミスが生じてしまうことを覚悟しなくてはなりません。

 

このようなリスクを最小限にするために、日ごろから女性の前でする行動・言動を意識するのです。普段から女性の前でする行動を取っていれば、女性の前で取りつくろうこともなく、悪印象となる行動・言動を女子に前でするリスクが低下します。

 

悪印象となる行動例としては、人によって態度を変える、つまようじを口を空けて使う、つば・タンを吐く、おしぼりで顔をふく、舌打ちなどです。また、言動例は、「最近の若いやつらは〜」「ウザい」「昔は良かった」「女は〜だ」といったような、ネガティブな発言です。

 

さらに、悪い行動・言動をしないようにしようと考えるのではなく、良い行動・言動をするように考えましょう。わずかな違いともいえますが、この微妙な違いでネガティブ思考ではなく、ポジティブ思考で物事を考えることができるようになります。

 

日ごろから行動・言動を変えようとすることは、ときに面倒であったり苦しかったりすることもあります。ただ、日々の積み重ねがデートの際にも現れることを意識し、少しずつでも行動・言動を意識して変えることを心がけましょう。

 

「情けは人のためならず」の実践で彼女ができる3つの理由

 

ことわざ「情けは人のためならず」の実践で、あなたは彼女ができる

 

「情けは人のためならず」ということわざの、本当の意味を知っていますか。多くの人が勘違いしますが、「情けをかけるのはその人のためにならない」と言う意味ではありません。

 

このことわざの意味を正しく理解し、行動することによって、確実にあなたの出会いのチャンスが増えます。ここでは、情けは人のためならずの本当の意味と、このことわざに基づき行動することで、なぜ出会いが増えるのかについて説明します。

 

情けは人のためならずの意味は、「情けをかけるのはその人のためではなく、めぐりめぐって自分に返ってくるため、人には親切にしよう」、というものです。あなたは、このことわざを参考に、まわりの人に親切にすることで出会いのチャンスが増えます。その理由は3つあります。

 

・第1に、人に配慮するクセがつき、女性にモテる

 

・第2に、出会いを運んできてくれる

 

・第3に、困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる

 

以下、詳細に説明します。

 

人に配慮するクセがつき、女性にモテる

 

日ごろから人に優しく接するようにすると、いざあなたが女性とデートするときに、自然とその女性に対して配慮した行動をすることができます。日ごろからしている行動であるため、無理をせず、自分の行動にストレスがないのです。

 

レディーファーストの精神を持って行動する、イタリア人男性はモテます。彼らは日ごろからレディーファーストを貫いているため、われわれ日本人が恥ずかしいと思う口説き文句を堂々と話せるのです。そのまま行動を真似することは難しいですが、常に女性に優しくする思考は参考になります。

 

ここで大事なことは、若い女性だけでなく、どの年代の女性にも、そして男性にも優しく接することです。恋活・婚活では、20代・30代女子と接することが多いですが、他の年代の女性にも日ごろから優しくすることを意識しましょう。理由は2つあります。

 

1つ目は、人を限定しないために、行動する機会が多くなることです。若い女性にだけ優しくしようとしても、まわりに女性がいないと、なかなか行動する機会がありません。そのため、人を限定することなく、誰に対しても優しく行動するようにします。

 

2つ目は、あなたが女性とデートする際に、相手の女性はあなたが他の人に接するときの態度を見ているからです。何気ない人への接し方に、男性の本質が出ることを女性はわかっています。そのとき、自然と他の人に優しく接することができるように、日ごろから練習しましょう。

 

出会いを運んできてくれる

 

まわりの人に親切に接していると、あなたは好意を持たれます。すると、好意を持ってくれた方が、あなたを幸せにしようと行動してくれます。あなたに対して、「いつも紳士的な人なのに、独身なんだ……それなら●●さんを紹介したいな」と思ってもらえるのです。

 

1つの例として、私はまわりの独身の男性に対して、女性を紹介することを心がけて行動し続けています。結果として、逆に女性を紹介してもらう機会がたくさんあります。

 

しかし、大事なことはいつか返ってくるから優しくするんだ、などと考えて、恩着せがましい行動を取らないことです。あくまでも行動するときは、その人のためになると心から思って行動することが大事です。

 

そうでないと、1つ1つの行動に対して、相手に具体的なリターンを求めるようになってしまいます。「私はこれをする、だからあなたはこれをしてね」といった思考は一見合理的です。ただ、相手を強引に行動させるために行動していると思われると、あなたは好かれるどころか嫌われます。

 

具体的なリターンがなくても、あなたは人に優しくすること、それ自体で成長できているのです。具体的なリターンはあったらラッキー、くらいに思っておきましょう。

 

困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる

 

恋活・婚活は、1人でできることではありません。最初から行動が全て上手くいき、失敗なくゴールにたどり着ける可能性は、限りなくゼロに近いです。どんなに美男美女であっても、つまづきながら前に進みます。それが普通の男女であれば、さらにつまづくことは多いです。

 

つまづいたときに助けてくれるのが、あなたのまわりにいる人です。常日ごろから、あなたが親切な行動を取ることをわかっている人は、あなたの話をきちんと聞いてくれます。そして、時折アドバイスをもらえることもあるのです。

 

つらいときに話を聞いてもらえることで、あなたはまた立ちあがって前に進める力を持つことができます。そして、自分で答えを導き出した結果、どうしたいかという意志が生まれ、行動できるのです。

 

ただし、大事なことは人が何とか助けてくれるとは思わないことです。あくまでも自分で考えて行動しなければ、あなたは成長できません。あくまでも自分で考え、ときに助けてもらうといった行動をすることで、あなたはよりモテる男性になれます。

 

まとめ

 

彼女が欲しいと思っていても、常日頃から行動を変えるのは面倒だと思ってしまう人は多いです。ただ、いつもの行動を変えることで彼女を作れるということを、本ページでは名言・名作から学べることを記しました。

 

漫画「鋼の錬金術師」のなかの「等価交換の原則」は、何か得るためには何かを失う必要があるというものです。成功するためには、何かを投資することの必要性を学ぶことができます。彼女作りにおいても、出会い・自分磨きにお金・体力・時間を投資することが必要です。

 

彼女を作ろうとして出会いの場に行くとき、女性の前でだけ取りつくろうとしても、完全に取り繕うことはできません。「神は細部に宿る」ため、普段の行動が細かいところに出てしまって嫌われるリスクがあります。そのため、日ごろから行動・言動を変えることを意識しましょう。

 

さらに、「情けは人のためならず」を意識して行動を変えてみてください。「人に配慮するクセがつき、女性にモテる」「出会いを運んできてくれる」「困ったとき・苦しんでいるときに助けてもらえる」ためです。ただ、リターンを求める人は嫌われるため、戻ってきたらラッキー位に考えておきましょう。

終わりに:マッチングアプリでの彼女作りに悩む男性へ


マッチングアプリで彼女ができる! と言われても、「うーん、本当かな?」と疑ってしまいますよね。「マッチングアプリの広告はよく見るし、女子に出会えるのかもしれない。でもサクラにだまされてお金を奪われたり、身バレしたりするのが怖い」と感じる人は多いです。

なかには、とりあえず試しに登録してみようとする人もいますが、登録すべきアプリで迷って疲れてしまい、やめてしまう人はたくさんいます。実際に有名なマッチングアプリだけでも、ペアーズ・Omiai・ゼクシィ恋結び・with・タップル誕生など複数あるからです。

上記したマッチングアプリに全て登録して、女子と出会ってきた管理人の経験談からコメントすると、実はどのアプリでも彼女を作ることが可能です! ……とは言われても、「いやいや、結局どれが最も良いの?」と思ってしまいますよね。

どれも良いアプリであるため、上記したアプリは良い意味であまり差がありません。ただ、もしあなたが「彼女作りでマッチングアプリをすべきか悩む」「今使っているアプリで女子に出会えない」というのであれば、1つだけおすすめするアプリがあります。

そのアプリは、Omiaiです。

なぜFacebookのOmiaiが良いかというと、ペアーズに次ぐ最大級のマッチングアプリであり、真面目に出会いを探す男女が多く、無料で使える機能が最も充実しているからです。

迷う人にはOmiaiがおすすめ


Omiaiは、東証二部上場企業のネットマーケティング社が運営する、日本で最も歴史あるマッチングアプリです。サクラ0(ゼロ)宣言をしていることに加え、通報制度が整っていて、本人確認のチェックが厳しいためにとても安全・安心なアプリです。

また「オミアイ」という呼び方から、Omiaiは男女ともに真面目な人が集まることもメリットといえます。遊んでいるイケメン男性は登録しない = ライバル男性が強くない、というアプリでもあるのです。そのため、他のアプリより「普通の男性が真面目に彼女を作りやすい」のが特徴です。

さらにOmiaiでは、他のアプリで5,000円以上必要な「人気No.1の女性を見る機能」「絶対に身バレしない機能」などを、無料会員のままゼロ円で使用できます。そのため「マッチングアプリ未経験の人」「他のアプリで出会えない人」がお試しで使うのに、Omiaiは非常に都合が良いのです。

なお、OmiaiはFacebookアカウントがない人も携帯電話番号で登録できますし、無料会員のままですぐに解約もできます。しかし今後、現在無料の機能が有料化される可能性もあるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

>>Omiai(オミアイ)の詳細情報・無料登録はこちらです


注目の人気記事


○ Omiaiの無料会員が優れる理由

当サイトでは、マッチングアプリでの彼女作りに悩む人にはOmiaiの無料会員をおすすめしています。

Omiaiは他のアプリよりも無料でできることがメリットです。Omiaiの無料会員として、お試しでできることを説明します。
Omiaiの無料会員が優れる理由

○ ペアーズの料金体系
ペアーズはマッチングアプリのなかでも、かなり安い値段で恋活できるのが特徴です。

そのため、ペアーズの無料会員と有料会員でできることの違いと、有料プランになるときの課金制度を解説します。
ペアーズの料金体系

○ マッチングアプリや婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良なマッチングアプリや婚活サイトが数多く存在します。

しかし、それぞれのマッチングアプリ・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合ったアプリ・サイトを選んで活用することが大切です。
マッチングアプリ・婚活サイトの特徴と違い


HOME 出会えるアプリ 初めての出会い系 彼女できた人の声 プロフィール お問い合わせ