危険な恋にはまらないための知識「ロミオとジュリエット効果」

心理学は、内容をわかっていても原理に逆らうことが難しい、と言われるほどの強い力を持っています。ただ、心理学を理解していた方が、何も知識がないときよりも、危険なもの・状態を客観的に見られる可能性が上がります。

 

恋愛において危険なものとして、浮気や不倫、略奪愛といったものが存在します。あなたがこのような危険な恋にはまりそうなとき、あなたの心には「ロミオとジュリエット効果」が作用していることを覚えておきましょう。

 

ロミオとジュリエット効果

 

「ロミオとジュリエット効果」は、双方に恋などの同一の目的がある場合、目的を達成するための何らかの障害が存在した方が、より目的を果たそうとする気持ちが大きくなる心理を指します。

 

この原理は、心理学者のドリスコール氏がアンケート調査を行った結果、カップルや夫婦間の間に、「親の反対という問題」や「宗教が異なるといった問題」があった方が、より愛情は燃え上がるという結果に基づいて提唱されたものです。

 

現状の問題におきかえると、自分に彼女がいるときに他の女性を狙ってしまう・彼氏がいる女性からの誘いを受ける「浮気」、自分か相手が既婚者なのに燃え上がる「不倫」、未婚・既婚を問わず相手をパートナーから奪い取る略奪愛などがあります。

 

これらの恋においては、すでに存在するパートナーが障害となり、ロミオとジュリエット効果が働き、恋が燃え上がってしまうのです。まわりから冷静に見たら、リスクが高いのはわかっているのにやめられない恋愛には、このような心理学的作用が働いているからといえます。

 

もちろん、危険な恋以外にもロミオとジュリエット効果は働きます。彦星と織姫のように1年に1度しか会えないような「遠距離恋愛」、家族・子供・健康・お金・仕事などが理由で幸せになれない恋愛は、全てロミオとジュリエット効果が作用しているのです。

 

あなたがもし、危険な恋をしてしまいそうだ、と感じたらこの「ロミオとジュリエット効果」を思い出して下さい。おそらく、相手の女性の魅力に関係なく、その恋を成就させるための障害がある可能性が高いです。少しでも冷静になる努力をしましょう。

 

パートナーがいるほど誘惑は多い

 

「オレはモテないから関係ない」、と言う方もなかにはいると思います。ただし、あなたに1度彼女ができたり、結婚して奥さんができたりすると、劇的にモテるようになる可能性が高まります。

 

ここには「希少性の原理」という別の心理作用が生じます。人は簡単に手に入れられるものには興味を示さず、なかなか手に入らないものに強く惹かれるのです。

 

パートナーがすでにいる人は、なかなか手に入れることができません。そのため、あなたにパートナーができたら、突然魅力が増したように感じられ、女性にモテてしまうのです。そのため、今は関係ないと思っていても、渦中に巻き込まれる可能性は高いです。

 

実際、世の中には、「私にはパートナー(彼女・奥さん)がいます」と言われると、闘志を燃やす女性がいます。あなたがきちんとパートナーがいると伝えても、伝えなくても、あなたは将来、浮気、不倫、略奪愛に巻き込まれる可能性は十分にあるのです。

 

その場合、危険な恋にまどわされないように正気を保つためには、自分が強固な意志を持つしかありません。

 

もし、あなたが危険な恋にまどわされそうになったら、慰謝料を考えてみましょう。自分もしくは相手の女性が、婚約・結婚している場合に、危険な恋がバレて、婚約解消、離婚になるとします。その場合、あなたは慰謝料を100万円以上請求される可能性があります。

 

加えて訴えられたら、あなたの社会的地位が大きく下がります。このようなリスクを考えると、ロミオとジュリエット効果が働き、燃え上がっていた危険な恋も、少しだけ冷静に見ることができます。危険な恋にはまりそうになったら、現実を見ると少しは立ち止まることができます。

 

まとめ

 

「ロミオとジュリエット効果」は、双方に恋などの同一の目的がある場合、目的達成のための障害が存在した方が、より目的を果たそうとする気持ちが大きくなる心理を指します。

 

この作用が生じる例としては、浮気や不倫、略奪愛などがあります。自分や相手のパートナーが、恋愛のための障害となり、危険な恋が盛り上がってしまうのです。

 

パートナーがいる状態だと、あなたはパートナーがいない時よりもモテます。そこに希少性の原理が働くからです。誘惑に負けそうなときは、危険な恋と、慰謝料・社会的地位の低下を天秤にかけて客観的に現実を見ることで、危険な恋に打ち勝てる可能性が高まります。

彼女ができなくて悩む男性におすすめの出会い方を紹介



注目の人気記事


・初のネット恋愛体験談

当サイトの管理人は、実際に出会い系サイトを活用してネット恋愛をした経験があります。私自身が出会い系サイトを使ったときに感じたことや失敗した経験などについて詳しくお伝えします。

初のネット恋愛体験談

・婚活サイト活用法
婚活サイトをフル活用すれば、「出会いがない」と嘆く男性であっても数多くの女性に出会うことができます。 しかし、婚活サイトを使うことに恐怖を感じてしまう男性は多いです。そこで、婚活サイトを活用する際のポイントについて述べます。
婚活サイト活用法

・恋活・婚活サイトの特徴と違い
現在では、優良な恋活・婚活サイトが数多く存在します。しかし、それぞれの恋活・婚活サイトによって異なる特徴があるため、自分に合った恋活・婚活サイトを選んで活用することが大切です。
恋活・婚活サイトの特徴と違い

関連ページ

恋愛の「吊り橋効果」理論の意味を理解し、デートで実践する
初対面の女性と仲良くなるため「類似性の法則」を理解する
女性との関係を深め恋愛関係となるために必要な「自己開示」
「ゲイン・ロス効果」で生まれるギャップを恋愛に生かす
「帰属錯誤」を生かすデートで好きな子の印象を上げる
恋愛で「ハロー効果」のない容姿が普通の男性こそ自信で勝負
「スリーセット理論」を理解して3回目のデートで告白する
「社会的証明の原理」に従わずに、出会いを見つけて恋愛する
「コンコルド効果」の意味・由来を知り恋愛の出会いに生かす
女性に対して説得力を上げるための理由付け「カチッサー効果」
「一貫性の法則」の意味を知り、恋愛・結婚に応用する
恋愛での出会いの第一印象は外見で決まる「メラビアンの法則」
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を恋愛に適用する
恋愛ではまわりを味方につける:心理学「ウィンザー効果」
心理学の「ジョハリの窓」を女性を褒めるときに応用する
「影響力の武器」に学び「希少性の原理」を恋愛に生かす
恋愛で女性にモテるために最重要な心理学は「返報性の法則」
女性を誘う時の「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の例
心理学の「ピグマリオン効果」「ゴーレム効果」を恋愛に生かす
血液型の例に学ぶ恋愛における重要な心理学「ラベリング効果」
心理学の用語「ヤマアラシのジレンマ」を知り恋愛で使用する
詐欺師も使う「ローボールテクニック」を恋愛で多用しない
選択肢が多いと人は迷う「決定回避の法則」を出会いに生かす
婚活パーティーで人気の男性に必要な「マジカルナンバー」思考
「近接性の要因」を生かして、近くの女性から仲良くなる
ドラマに使われる「ツァイガルニク効果」を恋愛に生かす方法
恋愛での「認知的不協和理論」を利用して女性を口説く

HOME ネット恋愛 出会えるアプリ プロフィール 成功者の声 お問い合わせ